・ 白根登山と、草津温泉

10月初旬、軽井沢から友人ご夫婦に連れて行って頂いた
懐かしい白根山の様子をご覧くださいね。

1-928_GF.jpg

白根登山と言っても、すぐ下の駐車場まで車で行き、その後いくらか
登り道をたどった、と言う程度なのですが、
昔々、ははは、中学2年長野での最後の夏、だったと覚えている
登山遠足で見て以来、ずっと記憶に残っていた湯釜の水の色に再会!
思いもかけなかった嬉しい思い出となりましたので、
やはり写真を纏めておきたく、そして皆さんにも、あの色をどうぞ!


素晴らしい快晴の秋日和となったこの日、どこへ行く、何をする、も
まるで考えずに、はは、助手席に座らせて貰い、
コンデジの古いカメラを構えまして・・!

2-855_GF.jpg



右に見えるのは、ロープウェイ。
かなり上って来た所。 ははは、他に説明の言葉を知らず!

3-856_GF.jpg



上るにつれ、山の色が少し色づき、

4-869_GF.jpg



昔の噴火の溶岩跡も見える場所まで、

5-871_GF.jpg



こんな岩だらけの斜面も見え始め、

6-874_GF.jpg



ついに、素晴らしく見晴らしの利く所まで!
平日だったのですがかなりの人出で、さすが日本だなぁ!と。
細い木が少し生えているものの、地面を埋め尽くすのは笹。

7-875_GF.jpg

8-878_GF.jpg



赤く見えるのは、ナナカマドの実。

9-879_GF.jpg



見える斜面も、こんな風に白くなり、

10-883_GF.jpg



駐車場に到着し、そこの説明板。

11-927_GF.jpg

我々のいる場所はX印近くで、そこから左に見える点線を辿り、
上に見える湯釜、かっての噴火口まで登ります。
下に見える小さい方の池は、説明にあるかっての噴火口の弓池。



友人mkちゃんと彼らの愛犬ココちゃん、そして私の3人で登ります。
傍で見るナナカマドの赤い実。

12-885_GF.jpg


      
逆光に光るススキの穂。 

13-887_GF.jpg



登り道を行くかなりな人々! 道の曲がり具合が良く分かりますね。
左上にチラッと見える白い屋根の位置に、見晴らしの良い休憩所があり、
そこから更に右上に上っていくと湯釜の見える展望台。      

14-889_GF.jpg



かなり登り、左奥にチラッとそれらしく見えてきた所。

15-892_GF.jpg



駐車場、そしてかっての噴火口跡の弓池を見下ろし。

16-894_GF.jpg



途中の休憩所から、万座温泉の方に続く道が見え、

17-898_GF.jpg



そして、湯釜。 そう、この色がずっと、記憶に残っていたのでした!
エメラルド色に白を混ぜたような不思議な色、そして、硫黄の匂い。

18-904_GF.jpg

19-906_GF.jpg

20-910_GF.jpg

直径約300m、水深約30m、水温約18℃。
噴火口だった、と言われるのが素直に頷ける、切り立った周囲の
薄いグレイの壁。



それに対比するような、手前の赤みがかった茶色の山肌。
いったいいつの噴火なのか調べましたら、1882年!
昭和になった後も噴火したことがある、まだ半現役なのですねぇ。

21-915_GF.jpg    
     
  

山登りの後のお水は美味しいねぇ!
そう、ココちゃんは、行き会う人皆から誉められたものねぇ!

22-925_GF.jpg


       
再び車に乗り、志賀高原の方に(だったと・・!)向かいます。
この山の連なり、やはり日本の山の姿。

23-932_GF.jpg



湯釜の後ろ側。              

24-936_GF.jpg

       

横手山ドライヴインの横から見る、雲の沸く様子。

25-938_GF.jpg
       
素晴らしい快晴で、道脇にはずらっとカメラマンがレンズを構え、
それも素晴らしい大砲並みで、コンデジなど入り込む隙が無く!
が、何とかやっと2枚ほど。 撮れて良かった! 
帰り道ではもうガスが掛かって見えませんでしたもの。



下を覗き込むと、笹で覆われた山肌が白く光って見え、
所々に見えるナナカマドの赤、そして黄色の葉、何かな?

26-939_GF.jpg



志賀高原に下る間はお天気が続き、紅葉し始めた木々に歓声を!
が戻り道には曇り、とりわけ山越えの間は霧がかかり、

これは戻り道に撮った、なんと言う池かな。 紅葉が始まった池の畔、
午前中カメラマンが列を敷き、油絵のグループも。

27-947_GF.jpg

29-955_GF.jpg

28-950_GF.jpg



戻りの山越え道、霧が深くかかり、

31-994_GF.jpg



白根まで戻ってきた所で、ここも少し霧の風景に変わり。

32-008_GF.jpg



戻り道に、草津温泉に寄って貰えました! 既に夕暮れ近く、
ここも名を聞くだけで行った事がなかったので、とても嬉しく。

町中は細い道で駐車できず、我々だけちょっと降りたのですが、
  
33-030_GF.jpg 



ここが温泉街の中心と言うのか、
左建物の奥の看板に、湯もみ、と見え、

34-031_GF.jpg      

蛇足ながら、私の唄える数少ない民謡、歌詞を知っているのは
木曽追分と、草津よいとこ いちどはぁお出で、どっこいしょ、
お湯のなかでぇも こぉりゃ はながさくよぉ ちょいなちょいな、の2つ!
ははは、自慢にはなりませんが、 
と言う事で、子供の頃から知っている唄の本場を1度は見たかった訳です。

あ、ついでにもうひとつ、車で1人旅行していて少し退屈になった時は、
たんたんたぬきのxxたまはぁ~、を歌います、はい。
短い文句ですから覚えていまして、へへ、いろいろテンポを変えて歌い、
眠気を吹き飛ばすと言うわけです、お試しを! がはは。



この道の前、町中を流れる源泉と言うのか、
それにこんな木の樋がずらっと並び、湯畑と言うのだそうで、
ほら、手前を少し流れる湯はエメラルド色でしょう?!

35-033_GF.jpg



辺り一面に硫黄の匂いが漂い、
脇を流れ下る湯はこんなに白い泡を立て、

36-034_GF.jpg



木の長い幾列もの湯畑の樋の最後はこんな具合に、
向こう側を流れ落ちますが、

37-035_GF.jpg

あのいくつもの木の樋を流し、湯の華をとるのだそうで、
まさに湯畑という言葉が納得。
皮膚病にもよく効くと、母親に子供の頃聞いた湯の華、
温泉入浴剤がたくさん出回る今も、使われているのかしらん?



一番下は、エメラルド色の滝つぼのよう!
町の真ん中にこんなかなりの傾斜地、段差のある湯畑があり、
       
38-037_GF.jpg



ぐるっと町を通り抜け、共同浴場の位置も時間も確かめたのですが、
なんとなし億劫になり、町の視察だけになりましたが、はは、

昔ながらの古い趣を残す温泉宿をたくさん見かけた、
なかなか良い感じの草津温泉町でした!

39-039_GF.jpg

40-038_GF.jpg

草津温泉観光協会のサイト。 あれこれリンクしていますので楽しめます。
http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/

mkちゃん、YKさま、素晴らしい遠出の思い出、有難うございましたぁ!!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

"・ 白根登山と、草津温泉"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。