・ 薪の山と、木のモザイクと ・ メッザーノ

今日ご覧頂くのは、イタリアの一番美しい村々にも選ばれているドロミーティー麓の村
メッザーノ・Mezzanoで、この美しい村のご案内はまた改めてさせて頂く事とし、
今回は興味深い木のモザイクの展示をご覧下さいね。

最初の写真は村はずれの駐車場のすぐ近く、この平地の雰囲気が村全体の
イメージを現わす、とは言い難いですが、こうしたカーヴ道が大好きなのと、
左側にこの村の古い家の建て方、薪の山もちょっと見えるので、今日のオープンに。

1-1-850_GF.jpg



メッザーノはどこにあるか、地図をどうぞ。 いつも見て頂いているシロール・Siror、
この一帯の中心地フィエラ・ディ・プリミエーロ・Fiera di Primiero、
先日山の上の小さな古い教会を見て頂いたトナディーコ・Tonadico、
夏の夜のお祭りのトランザックワ・Transacquaが上に固まりますが、

1-2-zza_GF.jpg

メッザーノはこれらの村々に行く途中で、すぐ手前のイーメル・Imerと共にこの夏訪問。
ゴッベーラ・Gobberaの村は昨夏のハイキングで、国鉄駅のあるフェルトゥレ・Feltre
は右下に、トナーディコの古い教会記事の中でご案内したアンズゥ・Anzùはその南に。
       

       
フェルトゥレから谷間の細いトンネルだらけの道を抜け、これらの村々のある
プリミエーロの谷・valle del Primieroの細長い平野に出てすぐに、村から少し離れた
位置に真っ直ぐの広い道がつき、かっての村々を結ぶ道は急ぐ車の交通量が減り、
村は居心地良くなった様子。

のんびりの村の道の脇に、ぎっしりたわわに実のついた梨の木、少し生り過ぎではと、
他人事ながら気になる程の梨の実を睨みつつ、ははは、

2-859_GF.jpg



村は平地から山にかけて広がり、とにかく目に付いたのが、こういった薪の山!

3-918_GF.jpg

先日は薪の山の前で睨む猫ちゃんを見て頂きましたが、こうしてぎっしりと積まれ、
冬の準備万端なのですね。



上のお家は太い木を割った薪でしたが、このお家のは枝を切った細めの丸太。
真ん中に鉢植えの花が色を添えていますが・・、 

4-1-982_GF.jpg



こちらは村の花屋さんの表にあったもの。薪を積み上げ、その中にモザイク式に
鉢植えの花を表現。 これが今日見て頂く、木で作ったモザイクの展示の一つで、

4-2-069_GF.jpg



幾つかご覧に入れますので、ごゆっくりどうぞ。

タイトルは、 時は流れ・・、伝統は残る。

5-903_GF.jpg



作者はジュリアーノ・ラッティン・Giuliano Rattin 1987年フェルトゥレ生まれ。

6-904_GF.jpg



タイトル:FREEWATER  涙を流していますが・・、
顔の表現には、木の並べ方に凹凸も付けているのですが、切りくちを斜めにする、
等の違いも使っていて、家壁の脇にあるちょうどの凹みを利用です。

7-950_GF.jpg



作者:Jimi Trotter  1956年メッザーノ生まれ。

8-951_GF.jpg      



これは、脇に見える作者の札を撮り忘れ、表現する所は分かりますが、
さて、どういうタイトルか・・。

9-981_GF.jpg

一番外側の木の中に鉄棒を通し形作っており、矢印部分は木材が少し飛び出す形。
       

このメッザーノの村は1966年に傍を通る川の氾濫で大きな被害を受けたそうで、
それからの復興も今はしっかりと。

周囲のドロミーティーの村々が観光開発の名の元に、古い物を徐々に失くして
モダンになるのと一線を画し、幸いにも残っている古くからの建物の形式、
壁のフレスコ画、泉、水道、共同洗濯所、菜園等などを改めてきちんと認め、
村の価値を上げる事、そして人々の気持ちの向上も願い、
数年前から新しいプロジェクトに取り組んだのだそう。

2010年の春から、イタリアで一番美しい村々にも選ばれ、この村出身の画家、
手織りのアトリエ等などの音頭取りもあり、新しく生まれたプロジェクトが、
メッザーノ・ロマンティカ・Mezzano Romantica.
昔からの人間と自然との関わりを基礎に、人々の個々の様々な感情と、
一方の社会との関わりなどを表現する、という趣旨の様で、
これら村の各所に展示されている木のモザイク作品は、それらの一環と。

確かに村の中には、新しいタイプのホテルもありませんし、特別な見所もありませんが、
なんとも素敵な古い木と石の家があり、所々の泉、洗濯場、家の横に積まれた
薪の山が、心和む眺めの村なのですね。
       
かっての古い家を開放して、古い日常品なども展示した博物館もあり、
また是非ご覧頂きたいと思っています。



さて、この木のモザイク作品群中の圧巻は、これ!
傾斜地を利用し、上が東屋式の休憩所になっている下の壁3面に描かれたモザイクで、
タイトル:Montagna in-canto 魅惑の山、または、歌う村、とでも。

11-922_GF.jpg



細部の表現をどうぞご覧下さい!
近くの山、山の上の教会、モミの林、遠くの高山・・、

12-924_GF.jpg



山から小川が流れだし、やがて川になり、橋が架かり、歌声が流れ、

13-925_GF.jpg



大小様々な木の切り口が醸すハーモニー・・、

14-927_GF.jpg



作者はグループの様で:la stua・ラ・ストゥーア  
ヴェネト訛りで、Stufa・ストゥーファ・ストーブの事だそう。

15-928_GF.jpg

16-929_GF.jpg



こちらは可愛いシャガール風、タイトル:La notte in sogno・夢見る夜
右下端に、猫ちゃんも描き込まれているのが見えるかな。

17-932_GF.jpg



書き込まれた文字は、
La notte in sogno che io la vidi..sembraba un angelo
夜の夢の中で出会ったのは、天使だったかも

18-933_GF.jpg



作者:Erica Schweizer・エーリカ・シュワイザー 1967年トランザックワ生まれ。

19-934_GF.jpg



他にも作品があったのですが、一応これでお終いとして・・、
最後にもう一枚、村の家を。

20-919_GF.jpg

この家も、この薪の積み方も美しいでしょう?!



家庭菜園が村全体で400以上もあるそうで、
トマトも、カボチャも本当に美味しそうに実って!!

21-900_GF.jpg

22-902_GF.jpg

       
このメッザーノ、そして南隣りのイーメル辺りは木材の取引でも有名な様ですが、
そんな基礎もあるからなのか、の木のモザイク展示でした。
       
150~200年前と変わらぬ村の姿を保つのは、現在では逆に大変難しいのでしょうが、
訪れる者は、ほのぼのとした温かみを感じ取りますね。

秋に向かって、皆さんも少しゆったりと、どうぞ!
       
     
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

"・ 薪の山と、木のモザイクと ・ メッザーノ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。