・ アッシジ 春のお祭り、カレンディマッジョ ・ その前夜

1年ぶりに、またアッシジに出かけて来ました。
アッシジ最大の春のお祭り、カレンディマッジョを堪能し、
春を迎える喜び、楽しさ、そしてお祭りの美しさに感嘆し、酔い、
浸りきった3日間でした。

今日はそのお祭りの前夜の5月7日、準備真っ最中の、
アッシジの町の夜の様子をご覧下さい。

この日ペルージャで開催中の「ピントリッキオ展」を楽しみ、
久し振りのペルージャでお昼も食べ、午後アッシジに到着。

町を散策したのち、晩御飯を食べて通りに出ると、
ワッ! 道の向こうに沈みかけの赤い太陽が見えるではないですか?!
思わず石畳の道を走りましたが、残念、聖堂前に来た時はご覧の通り。

1-08.5.7 226_GF.jpg



ウンブリア旅行2日目のトーディ・Todiの町で、半日小雨になりましたが、
他は快晴の日々。
が、平野はいつも少し霞み加減で、灯の点りかけた様子も少しぼやっと。
       
2-08.5.6 002_GF.jpg

あの、真っ直ぐにアッシジに向かってくる道、
あの道から、昨年の春はやって来ましたっけ。



サンタ・マリア・デッリ・アンジェリの町の聖堂も、照明に浮かび上がります。
聖堂の横の道を、今回もまた何度も通り過ぎながら遂に訪問せずに。
どうも、バロック様式が苦手です。

3-08.5.6 007_GF.jpg

右手の山の上に灯の点った町がかすかに見えますが、
ベットーナ・Bettonaという、エトルスクからの古い歴史を持つ町で、
今回訪れましたので、またご紹介いたしますね。



聖堂前の道を上り、いつもの聖堂に向き合う場所に。
照明がつき、空の色も変わり始め。

4-08.5.6 008_GF.jpg



この日は雲が無く、なんとも良い色に。 そして、ほそ~い三日月が。

5-08.5.6 014_GF.jpg



聖堂下院前広場の回楼にも灯が点り、
すっかり暮れきらない空の下、まだ赤みがかって見えます。

6-08.5.6 015_GF.jpg



空の色が少しずつ濃くなり、
三日月が次第にはっきりと。

7-08.5.6 017_GF.jpg



聖堂のこの薔薇窓。 何にもまして大好きな、この薔薇窓。

8-08.5.6 023_GF.jpg



振り向くと、灯の灯った通りの向こうサン・ジャコモの門が浮かびあがり、
そして山の上に要塞が見えます。

9-08.5.6 024_GF.jpg



そろそろと下の広場に向かいます。
広場の回楼の灯の向こう、平野の村々の灯も煌き。

10-08.5.6 025_GF.jpg



下り坂の、回楼に点る灯。

11-08.5.6 027_GF.jpg



広場の端から振り返ると、空の色がまた一段と濃く。

12-08.5.6 029_GF.jpg



ぶらぶらと道を下りながら、如何にもアッシジらしい店のウインドウを
覗いて行きます。

13-08.5.6 056_GF.jpg



小さな人形が並んでいますが、何か分りますか?
真ん中辺りは、フランチェスコ会派の修道僧達が豚と遊んだり、
食べたり飲んだり!!
 
14-08.5.6 057_GF.jpg      



と、なにやら下の方から太鼓の音。
あ、これは! とピンと来て、大急ぎで道を下り音のする方に。

15-08.5.6 034_GF.jpg

やはり、これ! 今大工事中で閉じられている駐車場の脇、
太鼓部隊が明日に備え、練習の総仕上げ中なのです。



大体が若い人達ですが少し年配も混じり、何度も練習を重ねます。
太鼓の音が、周囲の建物に強く響き渡り、単調な音だけになお強く響き。

16-08.5.6 042_GF.jpg

イギリス人らしい観光客も加わり、とりわけ女性達はきゃあきゃあと大喜び。
ひとくぎり終わるたびに、大きく拍手し「ブラーボー!」と叫びます。
彼らの反応?  慣れたもので何の反応もなし!



時にこうして向きを変え、一歩づつ移動して位置を変えたりと、
変化をつけながらの演奏です。

17-08.5.6 044_GF.jpg

彼らの後姿を見て、腰が据わっているなぁと。
背中が厚いからなのか、脚が伸びているからなのか、
自分たちの演奏に自信があるからか。



後ろ向きの水色がこの太鼓隊のリーダーで、皆、一言も文句を言わずに。
その左、皆より一歩前にいる少年、青年というより少年ですが、
この子が、なかなかの者と言う印象。
 
18-08.5.6 053_GF.jpg

赤い色が多く見えるのは、これはお祭り自体が、上の地区と下の地区とに
分かれての競争形式で行われ、赤が、この下町地区のカラーなのですね。
こういった事も、実際にお祭りが始まって知った事なのでした。



この度は宿を町中に取っていたので、また聖堂前広場に戻ります。
すっかり暮れて、聖堂が白く浮かび上がり。

19-08.5.6 058_GF.jpg



なんと今度は、聖堂前でコーラスの練習が始まっています。
時間ですか? そう、このとき既に10時近かったと。

20-08.5.6 060_GF.jpg



写真には余り写っていませんが、こちらにも結構な見物人が集まり、
静かな中にも、お祭り前夜の興奮が。 修道僧の姿もね。

21-08.5.6 062_GF.jpg



教会前の草原の横で、若者達が荷車を引き上げるのに騒いでいて、
また引っ張るかと待ちましたが・・。

22-08.5.6 069_GF.jpg



ならばコムーネ広場の様子は? と、再び宿の前を通り過ぎ、
最後の急坂を、はぇ、はぇと。 ああ、やっと塔が見えて来た。

23-08.5.6 071_GF.jpg



ミネルヴァ神殿に赤々と灯が点り、大変美しく暖かく。
       
24-08.5.6 072_GF.jpg

お祭りの準備はまだ全部済んでいない様ですが、
まぁ、始まるのは午後3時からだから、と納得。



広場のカフェにはまだ音楽が流れ、たむろする観光客が見えます。

25-08.5.6 073_GF.jpg



広場の泉の周りにもまだ人々が。 が、こちらは町の人びとの印象。
それにしてももう10時過ぎだよ。 田舎者にはもうオネムの時間だぁ!

26-08.5.6 076_GF.jpg



時計塔にもお祭りの旗が飾られ、明日を待ちます。

27-08.5.6 081_GF.jpg



広場に設えられた桟敷席の隙間から、アーチの天井のフレスコ画が見え。
いつも暗い位置なので、気がついた事も無かったような・・!
       
28-08.5.6 080_GF.jpg

翌日改めて見に行きましたら、大変繊細な柄で、動物が多く描かれ
興味深い物でした。


 
明日からのお祭りの舞台となるコムーネ広場。
この様に、ミネルヴァ神殿に向かって桟敷席が作られ、明日を待ちます。

29-08.5.6 074_GF.jpg

私も自分の席を確認。
ほぼ中央に近い最上段の良い席で、期待が高まります。
どのようなお祭りが、3日間にわたり行われるのか
どうぞ、様子をお楽しみに!!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

"・ アッシジ 春のお祭り、カレンディマッジョ ・ その前夜"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。