・ n.2  夏の思い出 ・ 山の家、庶民の避暑地

引き続き、有難うございます!
トレンティーノ・アルト・アディジェ州のヴェネト庶民が良く出かける
避暑地シロール・Sirorと、フィエラ・ディ・プリミエーロ・
Fiera di Primiero近辺の様子をご覧頂いています。

これは町のパンフレットからで、秋口になり、春から山の放牧地に
行っていた牛や羊達が村に戻って来る、そのお祭りの写真。
 
1-1-232.jpg      

今年も9月の末の日曜に予定されていましたが、
一度見た長男の話によると、とにかく延々と続くのだとか!

写真に見える男性の姿、短めのズボンに頑丈で重そうな靴。
いかにも山で暮らす、素朴な人々の姿ですね。



飾り付けられた牛君。 花ではなく栗や葡萄、リンゴ、赤くなった
木の実などで、何とも可愛らしいというか・・!

1-2-234.jpg

里に戻り、冬の雪の日を小屋の中で過ごし、春にまた山に戻ります。



地図をどうぞ。 
右上、赤い印を付けたベッルーノ・Belluno、我がコネリアーノからだと
北に50K程の位置ですが、
左に谷を下って来てフェルトゥレ・Feltreで、ここから北に。

1-3-be.jpg

紫の線がヴェネトとトレンティーノ・アルト・アディジェの州境です。
コネリアーノからだと車で2時間弱、
距離は通る道により異なりますが、約100K程でしょうか。

ベッルーノのご案内は
       
フェルトゥレのご案内は
       
VIPご用達 コルティナ・ダンペッツォは
      


こちらで細部を。

1-4-si.jpg

フィエラ・ディ・プリミエーロが国道の分岐点にあり、かなり大きな町で、
シロールから、トナディーコ・Tonadico、トランザックワ・Transacquaと、
ぐるっとゆっくりと散歩して戻ると3、4時間でしょうか。

こういった日常散歩の他に、この地図にはない、あちこちの村の各種催しに
村の産物を食べに出かけたり、車やバスで少し遠出して高い山に登ったり、
が、夏の山での過ごし方です。



2日間とも午後少し涼しくなっての散歩に出かけ、
海抜765mのシロールから、少し低い隣のトナディーコの村に。

これはトナディーコ村の高所にあるサン・ヴィットーレ教会。

1-5-141_GF.jpg

11世紀に遡る古い教会との事ですが、最近修復され4層にも描き重ねた
中世のフレスコ画が発見されたそう。
今回は行きませんでしたが、またチャンスを見て。



緩やかな傾斜地に点在する、と言ってもこうして写すとかなりの数の小屋
(農機具置き場や納屋)が見えますが、その間を縫って緩やかにカーヴする
小道が続き、奥に広がるのが、トナディーコの村。

2-144_GF.jpg



ご覧のようにゆっくりの傾斜道で、
小さな小屋やら大きな造りの家やらが、ポツポツと。
 
3-148_GF.jpg      



トナーディコ村の方が少し人口が多く1500人程で、
歴史的文化的にもこちらが古く、勝る様子。

村の写真は今回余り撮りませんでしたが、興味深い建物の並びを
かなり見ましたし、シロール共に、スケッチ・写真題材に事欠きません!

4-152_GF.jpg



こんな旧い門があり・・、

5-172_GF.jpg



中は、現在市役所となっているスコーポリ邸・Scopoli.
元は1000年頃に穀類倉庫の目的で建てられたようですが、
15世紀にスコーポリ家の住居に。
   
6-155_GF.jpg

スコーポリ家というのは、マントヴァ出身の様ですが、
この地で公証人、代理人、長官などを輩出し、13~18世紀にかけ繁栄し、
この建物も拡張、内部をフレスコ画で飾り、礼拝堂もあるそうですが、
家系は19世紀初頭に消滅。



建物の正面には少しのフレスコ画が残り、2階の2つ並ぶ窓の円柱は
なんと木製! 現市役所とはいえ、入り口扉がまるで倉庫風!

7-160_GF.jpg



はい、またまたトイレ、で~す!  ははは。

8-169_GF.jpg



村を抜けて来ると川沿いの道に出て、北の山への風景が開けます。

村から見える、カステル・ピエトラ・Castel Pietra.       
11世紀初頭に建設され、フェルトゥレの司教領の北の守護に、
15世紀にはハプスブルグ家に対抗する封建領主の住居となり、
17世紀後半の大火事に至るまで、居城だった様子。

9-187_GF.jpg

いかにも中世の山城の様子ですが、見物できるらしい、とのセルジョの話。
来年を楽しみに。



シロールの村は余りにも山に近く高い山が見えませんが、
こうして少し下ると、奥の高山が顔を見せます。

10-195_GF.jpg



トナディーコからフィエラ・ディ・プリミエーロに下ります。
川沿いに続く散歩道を行くと、いかにもレトロ調の建物が。

11-198_GF.jpg



こちらはグンと大きな、由緒ありげな建物。
広い芝の庭に囲まれ涼しげです。

12-200_GF.jpg



町外れの公園。 木々が涼しい陰を作り、人々がゆっくりと寛いでいます。

13-201_GF.jpg

もう一つの公園には子供達の遊園地が広がり、傍らには踊リのフロアと
音楽とバールがあり、たくさんの中年以降カップルが、昼間もワルツをね。
これも、それも、夏の避暑地の楽しみ方。



上の公園の傍らには薔薇園があり、暑い盛りに咲いている薔薇たち!

14-202_GF.jpg

15-205_GF.jpg



フィエラの町の教会と、市の塔。 町の賑わいが少し見えますね。
   
16-217_GF.jpg    



町の屋根越しに見える、ドロミーティの山。

17-222_GF.jpg



上の写真の教会と市の塔周辺がいわば中心で、車も入らず、
バールの席が並び、のんびりと人々が行きかい賑わっています。

18-223_GF.jpg

ジェラートを舐めたり、ちょっとした買い物をしたり、まさに庶民の避暑地で、
コルティナ辺りとはまるで雰囲気が違い、気楽です。



翌日の午後は、やって来た長男夫婦も一緒に少し遠征を。
シロール ~ トナディーコ ~ トランザックワ ~ フィエラ ~ 
トナディーコ ~ シロールの行程。

長男のパオロは大体が大袈裟に言う奴で、いかにも大遠征風でしたが、
何の事はない、ホンの散歩でした!

これは、少し高所からのトランザックワ辺りの眺め。
     
19-224_GF.jpg  



トナディーコから川を渡り、坂道を少し。 少し鄙びた村の印象。

20-953_GF.jpg



トランザックワ、興味あるモチーフには事欠きません。

21-957_GF.jpg



これなど、何に使うのか・・? でも、面白く美しい!

22-960_GF.jpg



上の石の壁と、下の薪の蓄えとが、そっくりの色合いと材質感で!
2つ並んだ車輪がモダンアート風。

23-969_GF.jpg



フィエラから発車の、観光電車がこの上の道にも。
ホラ、乗っているのは皆大人でしょう?!
ゆっくり散歩の間に、2度ほど回って来ましたね。

24-970_GF.jpg



丘の高い位置を道が通るので、谷の向こうの村が良く見えますが、
これは丸太を組んだ小屋。 なんとなしに正倉院を思い出し・・。

25-982_GF.jpg



ロバ君がいて、

26-990_GF.jpg



セルジョの孫のサミーラと、シロールのお祖母ちゃんちに来ていた
ニコラが大喜び。

27-995_GF.jpg



フィエラの町の南西にあるゴシック様式の美しい教会、
サンタ・マリア・アッスンタ・S.M.Assunta.

28-998_GF.jpg

右隣に見える建物も歴史ある様子ですが、今回はどちらにも行かず。



山手に広がる森の手前には、お馬さんたちや、のんびりの牛の姿も。

29-005_GF.jpg

30-007_GF.jpg



そう、この高さまで道が続き、ゆっくり下って戻れる、散歩に最適コース。

31-010_GF.jpg



ぐるりと見回す、周囲の山並み。

32-013_GF.jpg



ゆっくりと下りながら、時に道端のベンチで休み、おやつを食べたり。

33-014_GF.jpg



フィエラ迄下って来た所。 違う谷を下ってくる川筋が2本、
フィエラ辺りですぐ隣同志になりますが、屋根つきの細い橋が一つ。

34-018_GF.jpg



山の日暮れは早く、肌寒いほどになり、 あちこちと火の点き始めた
トナディーコの横を通り、緩やかな坂道をシロールに。

35-021_GF.jpg



3日目のお昼前にシロールを出発、ベッルーノの中世の山城、
ズメッレ・Zumelleを見て家に戻りました。
これはフェルトゥレの手前、ラモン・Lamon辺り。

36-046_GF.jpg


山は涼しかったです!
海抜が760mとそう高くないので、日中も25度前後ですが、
夜は寒いほどで、何よりものんびりと過ごせます。

セルジョの家の台所にアーチ型の刳り貫きがあり
そこに来年、滞在方々絵を描く約束が出来ました。
という事で、少しずつイタリア式避暑にも慣らされそうです!
      
◆*◆*◆

ブログご訪問、有難うございます!
12月は誕生月、ブログを始めて4年過ぎました。 早いものです。

絵を描く者の目から見て、有名地ではなくとも
描ける場所の情報提供を、と始めたブログとメルマガでした。
メルマガは時間が取れなくなり既に廃刊し、

時にブログ更新に追われる時もあるのですが、
自分の旅行の整理にもなり、やめずに頑張らなくては、と思っています。

と、ブログを続ける事で、新しく知る事が大変多く楽しみになり、
ブログを通じての、新しいお友達もでき、
これも大変ありがたい、嬉しい事です!

5年目にかかります。
今後とも、皆様 どうぞよろしくお願いいたします!!

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

"・ n.2  夏の思い出 ・ 山の家、庶民の避暑地"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。