・ n.2  ヴィットリオ・ヴェネト ・ チェーネダ ~ セッラヴァッレ

今日はヴィットリオ・ヴェネトの2回目、先回のチェーネダの町から
北にあるセッラヴァッレ・Serravalleの町に向かいます。
      
チェーネダの教会サンタ・マリア・デル・メスキオにある祭壇画、
アンドレア・プレヴィターリ作「受胎告知」。

1-WS000097_t_GF.jpg

アンドレア・プレヴィターリ・Andrea Previtali(1480-1528)は
ベルガモ出身、ヴェネツィアでジョヴァンニ・ベッリーニに学びました。

ベルガモのカッラーラ美術館にかなりの数の作品があるようで、
バックに描かれた風景も素晴らしく、
大変エレガントで、優しい表情を持った作品と思います。

最初この作品を祭壇にあるのを見た時は、作品の素晴らしさに、
こんなのがこんな所に!と驚き、聖具室を掃除中のシニョーラに
絵葉書は無いですかと尋ね、誰の作品かを知ったという次第でした。


   
セッラヴァッレに向かうこの道はシナの木(ティーリオ)の並木道で、 
初夏には大変香りのよい小さな花をつけ、
道一杯に香が広がります。
      
2-WS000098_t_GF.jpg

そして両脇には、このようなお屋敷がたくさんあります。
この写真のお屋敷には、シェパードのガードマンがいて、
歩いている人を驚かすのが得意です。



2つの町の中間にあるいつも大変綺麗に整備されている公園で、
人々の憩いの場となっています。

3-WS000101_t_GF.jpg

可愛い噴水もあり、奥の小さな池にはオシドリや白鳥も。
公園の隅には美味しいジェラートの店もあり、人々がいつも列を。



公園から少し北に行った所セッラヴァッレの町の門があります。

4-WS000086_t_GF.jpg

手前に見える「ロカンダ・レオンドーロ」の看板がなかなか良いでしょ。
ロカンダというのは、バール・お食事所・宿屋を兼ねたようなもので、
ここはかなりの歴史を持つようです。



セッラヴァッレの町の美しいフラミーニオ広場の西側ですが、
ご覧の様にすぐ背後に山が迫り、北に向かう道も坂道になります。 
       
5-WS000087_t_GF.jpg

正面右端の1階に3つのアーチがあるのがロッジャ・セッラヴァレーゼで、
かっての行政官丁舎、今は「歴史・芸術博物館」。
近年修復され、正面壁全体のフレスコ画が蘇りました。

隣の時計塔が「市の塔」で、時計の文字盤は、アラビア数字を
ゴシック様式で記したものと。
この写真では見えませんので、また次の機会にでも。



修復されたロッジャの、壁のフレスコ画が鮮やかになりました。
インディゴと黄色の柄で、2階のアーチは繊細なヴェネツィア・ゴシック様式で、 
真ん中にいつもの通り、ヴェネツィア共和国のライオン君が。  

6-WS000104_t_GF.jpg

ロッジャと手前右側の建物との間を道が通り、上り坂でセッラヴァッレの
古いお城へと続きます。

そして一番右手前に見える大きなアーチ、北国からの道が
ここを通り、ヴェネツィアに向かいます。 



フラミーニオ広場の北東方面を撮ったもので、これ1枚でかなりの説明が
出来ますから、見難いのはお許し願い・・。
一番右がドゥオモの、サンタ・マリア・ヌオーヴォ教会、 
ティツィアーノの祭壇画があり、左に18世紀に再建された鐘楼。 

7-WS000088_t_GF.jpg

その下に見える一見普通の建物ですが、教会側側面は古い骨組みが
見える趣きあるものです。

で左側に切れたこの古い建物が私は大好きです。 
なんとも言えない窓の並び、鎧戸の形、壁の渋い色、アーチで、
次回にご紹介いたしますね。

教会前の小さな橋を渡ってすぐ、道はこの建物の向こう側を直角に曲がり、 
バスに乗ってこの道を通る時は運転手の腕を信用しているものの、
いつもハラハラする狭い道なのです。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

"・ n.2  ヴィットリオ・ヴェネト ・ チェーネダ ~ セッラヴァッレ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。