・ フィレンツェのドゥオーモ ・ 朝の眺めと内部

日中はまだ陽射しが強く暑いものの、朝夕はすっきりと涼しく、秋めいて。

少しは写真の整理に励まないとと思い出し、昨年9月の末に行った、ははは、
フィレンツェを眺めています。が、
なにせ撮る時は狩と同じで、下手な鉄砲数撃ちゃ当る式に撮っていて、
いざ開くとその枚数だけにも恐れをなし、ははは、
漸くにドゥオーモの朝の様子と内部を纏めました。

宿がドゥオーモから2,3分の所にあり、時間はちょうど7時5分ほど、
街中も閑散とし、まだ観光客はおらず、ドゥオーモの足元も見えます!

1-472_GF.jpg



空がここでも既に秋の空っぽいでしょう?

2-475_01_GF.jpg



サンタ・マリーア・デル・フィオーレ聖堂、正面。

3-477_GF.jpg

9年前に出かけた時の写真を眺めながら、自分なりにあれこれ
頭の中に構成していた地理と、再会して見た時の聖堂周辺の広さが、
随分違うのに我ながら驚きました。

つまり、実際にこのドゥオーモのある周辺がとても狭いのに、
聖堂が大きいので尚の事思ったのかも知れませんが、
その狭い地に、びっしりと詰まっている美の凄さに驚いたのでした。

花のサンタ・マリーア大聖堂正面 ・ フィレンツエ



聖堂前の階段上も、綺麗に水で洗われ掃除がすみ、

4-478_GF.jpg



向かい正面にある洗礼堂にぴったり付いて撮っても、これでいっぱい!

5-487_GF.jpg

まさにサンタ・マリーア・デル・フィオーレ・花のサンタ・マリーア聖堂の名に
相応しい美しさ! 尼僧さん達が何度か通り過ぎて行き・・、



正面扉。 漸くに観光客2人登場。

6-490_GF.jpg



そして上部。

7-489_GF.jpg



向かい側にある洗礼堂は、昨年秋は修復ですっぽり覆われていて、
これが大いに目算を外れたのでしたが、
ちょうど8年前の9月末の朝に撮ったのがありますので、それをどうぞ。 
北側斜め前から。

8-129-1_GF.jpg



正面。 そうですね、本当に壁が汚れていたのですね。

9-138_GF.jpg



洗礼堂の東の門ですが、「天国への扉」とも呼ばれるのは、
この扉に嵌めこまれた中央10枚+他の化粧版の美しさからで、
1401年のコンクールで選ばれたロレンツォ・ギベルティ・
Lorenzo Ghibertiの作品によります。

10-137-1_GF.jpg



今回撮ったものの内から、下から2段目の右、ジェリコの壁の陥落

11-480_01_GF.jpg



左、十戒を受けるモゼ。

12-481_GF.jpg
     
  

扉の真ん中に並ぶ2人の頭部、左が作者のギベルティで、
右が息子でもあり協力者でもあったヴィットーリオ・Vittorio.

13-484_GF.jpg

ですが、ここにあるのはコピー作で、ギベルティが1424年から28年間
精根傾けて作った本物は、ドゥオーモ博物館に。

洗礼堂の北側の扉の化粧版も彼の作というのですが、
チラッと見ただけで記憶に残らず、次回またのチャンスに。

サン・ジョヴァンニ洗礼堂 ・ フィレンツェ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/466187077.html      



少しずつ明るくなって来ていますが、

14-497_GF.jpg



聖堂の北側下部には、まだ暗さが残ります。

15-494_GF.jpg



7時半前か右の扉が開き、警備員が現れ掲示板を出しますが、
観光客の入場は向って左の扉なので、また閉まり、

16-501_GF.jpg



ふと気づくと、鐘楼の角に朝日があたるのが見え、

17-500_GF.jpg



カルツァイウオーリ通り・Calzaiuoliの角の建物にも。
手前角は、ロッジャ・デル・ビガッロ・Loggia del Bigallo.

18-502_GF.jpg



朝日を浴びる鐘楼。

19-505_GF.jpg

フィレンツェ ・ ジョットの鐘楼より
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/464151136.html



聖堂南側から見るクーポラと、

20-508_GF.jpg



朝日に煌く聖堂の頂上にある十字架。

21-504_GF.jpg



南側の壁、余りにも広く大きいので、どう撮っても傾斜がつき・・。

22-506_GF.jpg



朝日を浴び浮かび立つ、なんとも美しい鐘楼!

23-507_GF.jpg

この撮っている位置の後ろに救急病院があり、救急車の係りの女性も
一緒に眺めていて、本当に美しいね!と言い合った事でした。
      


ではちょっとサンタ・マリーア・デル・フィオーレ聖堂に付いての基本を、
モンダドーリのガイドブックから。

番号順に、
1. 中央入り口  常の観光客は左の扉から。
2. ネオ・ゴシック式の大理石のファッチャータ・正面。
   ジョットーの鐘楼風模様ですが、装飾建築は1871~1887年に。
3. 鐘楼 ジョットーにより設計された85mの高さで、ドゥオーモより6m低い。
4. ブルネレスキ設計建築の丸天井。 当時に於いてかってなかった
   大クーポラを、伝統の木製足場なしで建設。 頂上まで463段の
   階段で上る、別の一回り小さな内側のクーポラを造り、
   それが外側を支える仕組み。

25-076.jpg

4-2. クーポラの頂上。 素晴らしい街の景観が見られる。
5. 様々なサイズの煉瓦、曲面煉瓦とヘリンボーン(杉綾模様)を
  組み合わせた方法で、ブルネレスキはローマのパンテオンを見て発見。
6. 内部の「最後の審判」のフレスコ画、ヴァザーリ作。
7. 大理石の床。 クーポラに上りながら16世紀制作の床の模様を
  見ると、迷路風になっているのが分ります。
8. クーポラへの入り口、とありますが、現在入り口は反対側の北にあり、
  ここは出口。
9. クーポラの真下の聖所、八角形。
10. クリプタ・地下への入り口があり、ここには現在の聖堂以前の、
   4世紀に遡るサンタ・レパラータ教会の遺構が残ります。

聖堂の起工式が行われたのは、1296年9月8日。
その時にサンタ・マリーア・デル・フィオーレ・花のサンタ・マリーアと命名、
なんとも素晴らしい名前ですねぇ!
       
以前この場所にあったサンタ・レパラータ教会・S.Reparataの遺構は、
現在地下博物館として見学できますが、
その何倍もの大きさに、しかも2度に渡る計画変更で拡大され、
途中の中断も経ながら1380年に身廊が完成、
1418年にはクーポラを残すのみにまでに進行します。

で、この当時はこの大クーポラを如何に架けるかが問題だった訳ですが、
ブルネレスキ・Filippo Brunelleschiが解決、1434年8月30日に
頭頂部が閉じられます。

その後の頭頂部の上の明かり取り部分の完成は1461年、
そして天頂の球、金色ブロンズ製が取り付けられたのは1468年、
レオナルドの師ヴェロッキオ・Verrocchioに依ります。

つまり170年程の年月が掛かった訳ですが、
現在に残るルネッサンスの素晴らしい聖堂ですね。



別の日の午後、ドゥオーモの内部に。

26-673_GF.jpg

以前は左の扉から入ると、中は自由に行き来出来たのですが、
今回は、正面扉から奥にいわば3角形に入れない空間が作られ、
その分、逆に聖堂内が広く感じられました。



脇の床模様。

27-674_GF.jpg


奥に進むにつれ、クーポラ内部の壁画が見えて来ます。
そう、ヴァザーリの「最後の審判」。

28-675_GF.jpg

29-678_GF.jpg



クーポラの真下の聖所、いわば内陣部分。

30-682_GF.jpg



脇の壁に見えたダンテ像、「神曲」を手に持ち、
背景は「神曲」の図解とフィレンツェの街。

31-689_GF.jpg



真下から見るクーポラ内部のフレスコ画。

32-684_GF.jpg

今回はクーポラの上まで上がりましたので、写真整理が出来次第、
頂上からの街の眺め、近くからのこの壁画もご覧戴きますね。



内陣付近から見る、天井部と入り口扉周辺、そして床。

33-687_GF.jpg



正面上のこの24時間時計がずっと好きだったのですが、
今回これはパオロ・ウッチェッロ・Paolo Uccelloの作品と知って、
嬉しくなりました、単純、ははは。

34-691_GF.jpg

35-686_GF.jpg

フレスコ画で出来ていて4,7m四方、1443年の作。
記録された支払額は、1443年の2月22日に時計周囲の頭部に
10リレ、4月2日に時計全体の装飾に、これの金額が分りません。



左の扉入り口付近にある、右の騎馬図もパオロ・ウッチェッロ作の、
フィレンツェの為に働いた傭兵隊長ジョン・ホークウッド・John Hawkwood
の記念騎馬図、1436年の作、8,2x5,15m.

36-692_GF.jpg

当時大売れっ子で忙しかったウッチェッロは、3ヶ月で仕上げたのだそう!

最初はブロンズの騎馬像にするつもりだったのが予算不足となり、
ウッチェッロに依頼し、ブロンズ像らしい効果を狙ったと読んだ記憶あり。

で、現在見える周囲のグロテスク模様のエレガンテな額縁は、
1524年に修復したロレンツォ・クレーディ・Lorenzo Crediがつけたものと。

左は、アンドレア・デル・カスターニョ・Andrea del Castagno描く、
ニッコロ・ダ・トレンティーノ・Niccolò da Tolentinoの記念騎馬図、
1456年作。
       
このニッコロ・ダ・トレンティーノという傭兵隊長は、ウッフィッツィ美術館の
ウッチェッロが描いている有名な「サン・ロマーノの戦い」の、
フィレンツェ側の隊長だったそう。

で、この「サン・ロマーノの戦い」について、大変興味深い話のTV番組を
見ましたので、また纏めてみたいと思っていま~す。



こちらもガイドブックの写真から、

37-076.jpg

上はドゥオーモの裏というか、クーポラのある東の外側の様子。
3つの飛び出した後陣が、内部にはそれぞれ5つの礼拝堂を持ちますが、
15世紀のステンドグラスは、ギベルティを初めとする他の作家の作と。

下の写真は、ドゥオーモの内部の床模様。



午後の半ばの、ドゥオーモの北側。

38-697_GF.jpg

身廊から後陣部分がちょっと飛び出す手前に、



この扉があり、ここが現在クーポラへの上り口。
      
39-699_GF.jpg
 
午後半ばに行くと長蛇の列、で翌朝8時半過ぎに行きすんなりと。 
が、階段部分は何とかかんとかOKでしたが、へへへ、
薄暗いのが、目に故障を持つ身にはきつかったです!



入り口前の掲示板。

40-700_GF.jpg

聖堂の図の赤点が現在位置で、切符売り場は洗礼堂の向かいに、  
オープンは、月~金は8時半から午後6時20分
土曜は8時半から午後5時、 日曜祭日は上れません。



最後は、聖堂前にいたライオンみたいなワンちゃん!
一体何種だろ?! お母ちゃんが浮気したとか・・、ははは。

41-696_GF.jpg

楽しんで頂けましたように!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。