・ 南ラツィオの旅 ・ 旨い物! 

5月中旬の南ラツィオの旅、なかなかご案内が捗りませんが、
今日は恒例の、旅で食べた旨い物編をどうぞ!

初日はウンブリア州のナルニ・Narniに寄り、お昼はナルニで。

この町は丘の上の高くに位置しますが、駐車場から見上げる中心部。

1-5457_01_GF.jpg



エスカレーターで町の中心の外れに出て来ますが、
 
2-5466_01_GF.jpg

ナルニの町は8年前に訪問していますが、当時建物の修復中が多く、
ご案内はせずのままでした。
やはり5月初旬の訪問で、同じお祭りの旗も出ている風景で懐かしかったですが、
       
今回は新しく知った地下教会・異端審問所などもあるので、
頑張って写真整理をしご案内したいと思っています。



お昼は、エレヴェーターで上がってきたすぐ近くの小さなオステリーアで
早く!早く!と注文し済ませましたが、

3-4504_GF.jpg



隣のテーブルの仲間は図太く、仲間が揃わない内は待ってるさ、と
チーズや生ハム類の盛り合わせも注文し、

4-4506_GF.jpg

手前の皿の真ん中のパンは、ここの80歳かの母親手作りのお出かけ用パンで、
中にアニスの入った香りの良いもの。



こちらのテーブル、ロレダーナの頼んだパテの乗ったお皿。
チーズやハム類、トマト、サラダにオリーヴ、オリーヴのパテなど。

5-4503_GF.jpg



ヴェジェタリアーノのお皿。 野菜炒め煮、ズッキーニ、トマトの中にお米を詰めた物、
茄子やピーマンの上にパン粉と野菜類の混ぜたのを乗せオーブンで焼いた物など。

6-4507_GF.jpg

美味しかったですが、同じ様な味の物で量が多く、残しましたぁ!



これは今回の宿で4泊した、テッラチーナの海辺の宿。

7-4520_GF_GF.jpg



さすが海辺の宿らしく、今回の夕食は魚、肉、魚、肉と出まして、
これは初日の夜、魚介類のパスタ。

8-4521_GF.jpg

見えるワインは、白、赤と同じ銘柄のが出ましたが、う~ん、我が家で飲んでいる
リッター売りの安いワインの方が美味しいと感じましたね。



上にジャガイモの薄切りを乗せた魚のオーブン焼き、付け合せはインゲン豆。

9-4523_GF.jpg



同じテーブルの向こう、タータとエレオノーラ。 タータ!と声をかけたら、
きゅっと笑い顔になり、それが余りにもの急激な変化で大笑い!!

10-4526_GF.jpg

この頃は、shinkaiが写真を撮るとブログに載る!と分かっているので、
ははは、大サーヴィスの笑顔なんで~す。



デザートは、クリームを挟んだケーキの、イチゴ・ソースかけ。

11-4528_GF.jpg



ホテルの朝食。 これは初日の朝で、翌日からパイナップルも取って来て、
しっかり食べましたっけ。

12-4529_GF.jpg

昨年の秋からカフェを飲まなくなり、朝もミルクだけ。
でもぜんぜん欲しくもなく、かったるさも感じませんね。



旅2日目はガエータ・Gaeta行きで、こちらは突き出した半島の東側、旧市街の
港で、ほぼ中央に見える2階建てのテントの張り出したレストランで昼食を。

13-5846_GF.jpg

突き出して見える鐘楼は聖堂の物で、素晴らしいのを見学!



向かいに見える山の中腹の町、調べましたら、マラノーラ・Maranolaという町の様。

14-5717_01_GF.jpg

ガエータもそうですが、トルコ海賊の襲撃に備えての山の上の町で、この辺り一体が
いずれもがこんな形で、午後訪問したスペルロンガ・Sperlonngaもそうでしたね。
ここも素晴らしかったのでご案内をお楽しみに!



ガエータの町の午前中の訪問を終えて港に戻ってきた時、ポツポツと雨が降り出し、
お昼解散で歩き出した途端に土砂降りとなり、大急ぎですぐ目の前のレストランに。

テラス席の周囲をビニールで囲ってあり、shinkaiの座った席から、
このサン・フランチェスコ教会が見え。

15-5708_01_GF.jpg



待つ間のパン籠。

16-4544_GF.jpg



これはお隣の仲間が注文した、海の幸のアンティパスト。
いろいろ乗っていて、美味しそう!!

17-4543_GF.jpg



昨夜ホテルの夕食に出たのと同じ、ジャガイモを載せた魚。
この土地柄の一皿かな?

18-4545_GF.jpg



ウンブリア、トスカーナで良く出る太いパスタ、ピーチよりもも少しごつい感じの
シャラティエッリ・scialatielliというパスタの魚介トマトソース。
手打ちパスタで、本当に美味しかった!

19-4546_GF.jpg



こちらはメッゾ・マーニケというパスタよりもっと大きなパッケリ・Paccheriという
パスタ、茄子のソース。

20-4548_GF.jpg



shinkaiの魚のから揚げ、美味しかったぁ!!
右下はエレオノーラと半分こしたシャラティェッリで満腹!

21-4547_GF.jpg


匂いをかぎつけた猫ちゃんがお出ましとなり、
shinkaiのお給仕で結構たくさんお召し上がりに、ははは、

22-4554_GF.jpg

23-4549_GF.jpg



食後の身だしなみをし、

24-4555_GF.jpg



さて、雨も上がったから帰ろうかな、と。

25-4556_GF.jpg



デザートのドルチェと、パイナップル。

26-4557_GF.jpg

27-4558_GF.jpg

このレストランの横に港湾警察の本部があり、我らが食事中に1人、制服姿の
すらっとかっこ良いのが通ったのですね。
1人がすぐ「タータ!ほらっ」と注意を引き、皆が一斉に見つめていると、
こちらを見て、にっこり笑って通って行きましたっけ、
さすがぁ、イタ男、余裕ですねぇ、ははは。



2日目のホテルの夕食は、 ショート・パスタのラディッキオ・ソース。

29-4561_GF.jpg



肉食人には、豚のローストにオレンジソース、ジャガイモのロースト。
       
30-4562_GF.jpg



我らヴェジェタリアンには、チーズ各種にルーコラ、ジャガイモのロースト。

31-4563_GF.jpg



そしてフルーツ・ポンチ、イタリア語ではマチェドーニア・macedoniaと呼びます。

32-4564_GF.jpg



3日目のお昼は、セルモネータ・Sermonetaの広場のテント下で。

33-6385_GF_GF.jpg

34-4566_GF.jpg



ハム類と野菜、チーズの盛り合わせがお勧めで、これで2人前19エウロだったと。

35-4565_GF.jpg



我らヴェジェタリアンは、野菜のグリルやサラダ、オリーヴ、チーズのあれこれの乗った
一皿を、これも2人前。 これだけ食べると、お腹いっぱいでしたよ!

36-4567_GF.jpg



ホテルの夕食は、この日は魚の日で、まず魚介のリゾット。

37-4569_GF.jpg

はぁ、shinkaiは普通はヴェジェタリアンと言っておりますが、実は魚大好き人間、
猫またぎのshinkaiでして、ははは、チーズも大好き。



魚ミックスのフリット。 うん、前日のレストランに比べるとささやかですが、ははは、
これもとても美味しかった!

38-4571_GF.jpg



隣のジュリアーナには、チーズとカリフラワーね。

39-4572_GF.jpg



デザートは、パンナコッタ。

40-4573_GF.jpg



4日目はポンツァ島に遠征し、お昼はここ島の北にあるアンジェリーノという店で。

41-6930_GF.jpg



店の入り口と、ご主人。

42-6932_GF.jpg



料理を待つ間の、ワインと水。 このワインはかなり美味しかったですね。      

43-4578_GF.jpg



ご主人と娘さん、この2人は重量級で、ははは、それに奥さんとコックで
切り回している店の様で、

44-4581_GF.jpg



アンティパストは、海の幸にセロリやジャガイモ、人参が入り、美味しかった!

45-4579_GF.jpg



魚を食べないジュリアーナ達には、豆、オリーヴ、カルチョーフィ、
左はなんだったっけ、の野菜のマリネ類。

46-4580_GF.jpg



魚介のリゾット、今回2度重なりましたが、ここのがやはり少し美味しかったかな。

47-4582_GF.jpg



そして、左のメカジキのムニエル、海老とイカのフリット。

48-4584_GF.jpg



デザートはクリームの挟まった冷たいタルトで、お代わりした豪傑が何人か!!

49-4585_GF.jpg

アンティパスト、リゾット、魚のフリットと全部綺麗に平らげ、その後にデザート2皿!
それはもう、お腹周りが丸くなるのは当たり前ですよねぇ、ははは。

このメニューで、1人頭25エウロだったそう。 やはり南の方が安いですね。
それに魚類がどれも新鮮で美味しかった!!



店が道よりも低い位置にあり、道から眺める奥の、これはホテルというより、
夏のヴァカンスの貸し部屋かも。

50-6933_GF.jpg

という、南ラツィオの旅で食べた旨い物でしたぁ。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント