・ コルトーナ、アレッツォで食べた旨いもの! と、 お・ま・け!

さて秋のトスカーナ旅行で食べた旨いもの編、その1を。

旅の初日、アッペニン山脈を越えトスカーナ入りし、まずコルトーナ・
Cortonaに到着後お昼を。

駐車場探しにてこずり、はぁはぁと坂道を上り、早くお昼を食べたい一心で、
ははは、中心広場に向かいます。

1-392_GF.jpg



この通りはヴィア・ナツィオナーレ・Via Nazionale.
突き当たりに見える中心のレプッブリカ広場・Piazza della Repubbrica
には、市役所・パラッツォ・コムナーレの建物がありますが、

2-403_GF.jpg



この道脇にテーブルと椅子が出ていた店で、友人のmkちゃんが、奥に見える
ポルチーニの幅広麺を、shinkaiが手前のスパゲッティ、アーリオとオ-リオを。
そして野菜のグリル、茄子とぺペローニとズッキーニ。

3-404_GF.jpg



こうしてお腹も心も落ち着き、はは、町に繰り出し、トスカーナの旅が
始まりましたが、夕方2泊したアレッツォ・Arezzoの宿に。

荷物を置き、少し下ってくるとグランデ広場・Piazza Grandedeで、
前日行われたお祭りの桟敷席がまだ残り、雑然とした雰囲気。
広場の北側を占めるヴァザーリのロッジェの下にレストランを見つけ、
良さそうなのでそこで晩御飯を。

4-577_02_GF.jpg



さて何を食べようかとメニューを広げつつ、肉を食べないのだけど、と言うと、
近くの私服のシニョーレを呼んでくれ、彼があれこれと助言を。

で、アンティパストとプリモ、そして付け合せの中から選び、
ワインはどちらにする、と話しているのを聞くと、
にっこりと、赤が良いですよぉ、というので、赤に。

という事で待っていると、まずこの突き出しがね。
小さいコロッケ様と、柔らかいカナッペみたいな。 右はしっとりめの細いパン。

5-574_01_GF.jpg

いつも我らが行く店では、こんなお通しが出ませんので、他に2回ほどの
経験がありますっけが、あれ、これ頼んだっけ?!と、ははは。



実はここで食べた殆どの物の正体が分らず、きゃはは、勿論とても
美味しかったのはしっかり覚えているのですが、これ何だったっけ?とmkちゃんに
写真を送って尋ねる始末!

6-575_GF.jpg

ですがね、彼女も私とおっつかっつの良い勝負で、ははは。
という事でmkちゃんの言うには、これはチーズ味だったっけ、と。



これは写真から想像できた、ははは、茄子とチーズとトマトの重ね焼き。

7-580_GF.jpg



ちょっぴりパセリの入った練り物に、トリフの薄切り!
これは上の写真のと、2人で半分ずつ分けて頂きましたぁ。

8-581_GF.jpg



段々と暮れる空につれ、ラ・ピアーヴェ教会の後陣の灯が一段と明るく見え、

9-582_01_GF.jpg



これは、中にアスパラが入ったパスタ。 上は確かピスタッキオで、左の細いのは
アスパラの皮の揚げ物で、右上の緑は、パセリのから揚げと。

10-589_GF.jpg



茹でたホウレンソウに、ちょっとクリームがかかっていたと。
上はプチ・トマトですよね、はは。

11-590_GF.jpg



このお豆さんは、大豆っぽいですよね?

12-591_GF.jpg



この綺麗な緑色も何か覚えていないのですぅ!
mkちゃんは、青りんごのムースではなかったか、と。

13-592_GF.jpg

こうして見ると、小さいのが幾皿か位に見えますよね。 ところが結構な
ヴォリュームがあるというのか、最後に1口大くらいの可愛いお菓子がいくつか、
デザートに出て来たのですが、2人ともお腹いっぱいで食べれず、
写真も撮っていないのです、残念!

という事で、ここのお支払いは一人が50エウロ足らず程。
今回の旅行では1番の口福でしたぁ!



とっぷり暮れた広場を後に、宿に。

14-593_GF.jpg



翌日の陽の下でのレストランの様子。

15-812_GF.jpg

16-848_GF.jpg


上の写真の真ん中に見えたお店の看板で、
  ピアッツァ・グランデで、洗練された伝統を
  トラットリーア・ラ・ランチャ・ドーロ

17-669_GF.jpg

はい、とても洗練されていて、美食に馴れていない者には、
何が入っているのかを覚えられない位で、きゃはは。

ランチャ・ドーロというのは、広場で行われるお祭り「ジオストラ・デル・サラチーノ・
Giostra del Saracino」の勝者へのトロフィ、金の槍を指します。

店のサイトは  http://www.ristorantelanciadoro.it/
サイトを見ていて、料理を一緒に選んでくれたシニョーレが、
店のオーナーだったと知りましたぁ!



アレッツォの宿は朝食付きでしたが、宿からの朝食券を持って、
指定された何軒かのうちのバールで、ジュースにクロワッサン、
カフェラッテの朝食、という具合。

18-671_GF.jpg

2泊し、別のバールにも行きましたが、同じ様子でした。
以前マルケ州のグラダーラでも朝食券だったですが、そこで食べに行った
バール・レストランは素晴らしい朝食のセルフ・サーヴィスでしたっけ!



アレッツォ2日目のお昼は、サン・フランチェスコ教会の壁画を観て、
画材屋に寄った後、近所のよさげな店に。

写真に写っていたお皿に店の名があり、検索をかけると簡単に出て、
イル・サラチェーノ・Il Saraceno、この写真はサイトから。

19-eno.jpg



表見は余りパッとしませんが、ははは、中はこんな感じで、
美味しそうな予感がするでしょう?

20-771_GF.jpg



事実、美味しかったのですよ!
shinkaiの、卵、カルチョッフィ、トマト、オリーヴなどのサラダ大盛りと、

21-769_GF.jpg



mkちゃんは穀類のスープ。

22-770_GF.jpg

ちょっと写っているパン・フォッカッチャが美味しく、2人ともしっかりお腹1杯に。
お店の住所は、Via Mazzini, 6 Arezzo
サイトは  http://www.ilsaraceno.com/ita/cartina.asp
       


所で上記したお祭り、ジオストラ・デル・サラチーノ、
そしてこの店の名、イル・サラチェーノ、
どちらも意味する所は同じで、古くにサラセン人を、つまりアラブ人、
イスラム教徒を指した言葉のようですが、

アレッツォのこのグランデ広場で行われるお祭りに因み、特別のおまけ、ははは、
いぃえの、お祭りの写真を見ていたら興味疑問が湧きまして、
ちょっと読んでみたので、付け刃のお披露目を!


こんな広場でのオープニングがあるのですねぇ!
300人を超す時代衣装の人々の参加だそうで、

23-cino.jpg

真ん中を斜めに一段と高く設えられた馬場道が通り、分りますか、
コース奥の左側に鎧を着た人形の的があり、騎馬道は上り坂です。
       


で桟敷席は、我々が到着した時は左手のみが残っていたのですが、
今回のレストランのあるロッジェの方にも作られるのですね。

町は4つの区域に分かれ、各区域から2名の騎士が2回ずつの
槍試合をするのだそうで、

写真に見える標的が、「インドの王」と呼ばれ、

24-ino-2.jpg



顔はこんなで、左手に的を記した紙が貼られた盾を持ち、右手には
ちょっと見難いのですが、3つの丸い玉を持ち、
これがバネ仕掛けで、槍で的を突くとぐるっと回るのだそう。

25-no.jpg

騎士の木槍の長さは3,55mで、先に墨を含ませた小さなゴムが
試合の度に付けられるのだそう。

で、標的の紙には真ん中に赤丸が見えますね。 ここを上手く突くと5点で、
後は上下左右にある区画により、点数が4~2点と加算されるのだそう。

そして標的が右手に持つ紐の先には2つの丸い球が下がり、
木と鉛の玉、各250gを革で包んで黒い粉を付け、
騎士に当った場合、よく見えるようになっているのだそう、ははは。

つまり、騎士が的を突いて走り抜ける速度が早ければ、標的の逆襲を
逃れる事ができるわけで、玉が当ると2点の減点なんだそう!

ですが余り遅い走りだとこれも2点の減点で、時には標的が回らぬ事も
あるそうで、では早ければよいかというと、これも決まりがあって
4,85秒以下だと、たとえ玉が当らなくとも減点なんですと!

現在の競技形式は1931年からなんだそうですが、13世紀頃から
始まっているらしいこの歴史ある競技、かのダンテも「神曲」に「見た」と
書いているこの槍試合は、アレッツォの人々の血を沸かし続けているのでしょう!



勝者の地区に与えられるトロフィー「金の槍」を手にした人々のこの顔!!  
興奮振りが伝わります。

26-014-1.jpg



お祭りにはこんな旗振りもある様ですし、

27-ino_04.jpg

我が町 コネリアーノ ・ ダーマ・カステッラーナのお祭り
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463527210.html

古い写真ですが、 アスコリ・ピチェーノ ・ 夏の祭り
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461029151.html

アスコリ・ピチェーノ ・ クインターナのお祭り
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461029323.html



お祭りの主役は男達ですが、女性もこんな風に応援で参加!

28-1.jpg



写真を見ていると、夜と昼の写真があり、6月の最後から2番目の土曜に、
夜の競技を、9月の最初の日曜に昼の競技があると知りました。

で、桟敷席はお幾らか、お知りになりたいでしょう?! ひひ。

29-etti.jpg

A-50エウロ  B-35 C-25 ですが、席の位置によっても少し安い部分もあり、
ロッジェ側の DはBと、EはCと同じお値段で、
Fの立ち見は6エウロ、それぞれシニアや学割料金の設定もある様子!

う~ん、こうしてみると、シエナのパリオの桟敷は高かった!!!
シエナのパリオ 2008.7.2 ・ その前日
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462678205.html

n.1 シエナのパリオ ・ 2008.7.2
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/466779099.html

n.2 シエナのパリオ ・ 2008.7.2
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/466779309.html

n.3 シエナのパリオ ・ 2008.7.2          
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/466784900.html



う~ん、こうして街の人々が楽しんで興奮して浮かれているんですから、
必死で走ったお馬ちゃん達も、ちょっとは楽しんでも良いですよね?!
こんなのを見つけたのですけど・・、きゃははぁ。

30-481.jpg

皆さんも、秋まつりをお楽しみくださいねぇ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg    

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント