・ 皆で一緒の、美味しくて安いお昼の様子を

今日は先回見て頂いたヴェネト平野の春の続き、写真会の集まりが
一応この日で最後で、皆でお昼を食べに行った様子を見て頂こうと。

暑い程の快晴の日で、コネリアーノの町の中心からちょっと外れた場所、
ちょうど年初めに新しく教えて貰った、素晴らしい散歩道にある
トラットリーアに総勢12人だったかで行きました。

写真は店の前からで、本当に長閑な場所。

1-469_GF.jpg

2-468_GF.jpg

我々が食べた部屋は道向かいとは反対の、奥に林が見える部屋で
良かったですが、夏はテラス席になるのでしょう、
透明ビニールで覆われていましたので、写真は無しで。



店の名前は、コスタベッラ・Costabellaといい、
仲間の皆さんにはお馴染の場所の様。

3-227_GF.jpg



パン籠が出ていて、もう既に誰かが取って減っていますが、
メニューが口頭で伝えられ、皆がそれぞれに注文を。

4-1-476_GF.jpg

そう、その日その日のメニューが違うと、口頭で言われるのはよくあり、
聞き逃すまいと少し真剣に耳をたて・・、はは。



写真クラブのメンバーの1部。 一番左が先生のルチャーノ・Luciano、
彼は大変論理的な説明をする骨惜しみのない先生で、
皆が感謝のこの昼食会となったのでした。

4-2-475_GF.jpg

が、私めが論理的な説明を理解したなんぞと考えて下さいますな。
参加するのは、写真を撮りに出かけるチャンスを持つため、
仲間と気軽なお喋りをするのが、主たる目的ですよってに。
まぁ、これは言わずともお分かりでしょうがぁ、はは。
       


こちらは、隣の席のタータが頼んだパスタ、
茄子とハム類の入ったソースの、手打ちパスタ。

5-471_GF.jpg



こちらはshinkaiの、野菜と海老のソースのスパゲッティ、
ズッキーニ、トマト、小海老、茄子、白アスパラガス。

6-472_GF.jpg

美味しく、量も多めで満足。



付け合わせの野菜は、生野菜のサラダと、

7-473_GF.jpg



ジャガイモのオーブン焼き。
   
9-477_GF.jpg    



shinkaiのお皿に取り分けた分。
ローズマリーが見えますが、ジャガイモには定番の香り。

10-478_GF.jpg

家で簡単にするには、ジャガイモを電子レンジでチンして適当に切り、
フライパンでオリーヴ油、またはバターでさっとローズマリーと炒り付けます。
塩だけの味付けで、ジャガイモがこんなに美味しいのかという味に。
これは是非お試しを!



こちらは、野菜各種のグリル。
ズッキーニ、ナス、ぺぺローニ、トマトのパン粉詰め。
これはもう本当に美味しい!

11-479_GF.jpg

こちらも似たようなのがお家で間単に。
固いニンジン、ジャガイモなどは電子レンジでチンをし、
他にトマトや玉ねぎを切った物も加えてオーヴン用のお皿に、
上から、白ワインとオリーヴ油を半々に混ぜた物をぐるっと回しかけ、
塩コショウをし、オーヴンで焼きます。
       
簡単にできて美味しく、たくさん野菜が食べられますので、
こちらも是非お試しを。

蛇足ながら、誤解の無い様付け加えますと、
付け合わせの野菜は1皿づつ出たのではなく、生野菜のサラダは3皿
ジャガイモのオーブン焼きも確か3皿、この野菜各種のグリルも2皿、
この他にジャガイモのフライも2皿かな、出たのですよ。



この日初耳初見のメニュー、豚のスティンコ・stinco.

12-480_GF.jpg

スティンコとは何?と聞きましたら、踵だと教えて貰いましたが、
辞書には脛とか向う脛とか出ていまして、
まぁ、写真の形からご想像下さいね。
      


注文者が女性なので、おお、お昼からやるわい、と写真を撮ると、
彼女が、本当はこうするのよ、とナイフを突き立て!

12-480_GF.jpg

わお!
ポレンタが1切れ見えますが、ジューシーで美味しいと綺麗に平らげ。
この写真のは豚ちゃんだそうですが、
我々の前の女性は、子羊のスティンコを注文しており、

後日聞いた説明では、店によっては、肉が良く切れるようにと、
別刃のナイフをこの様に刺して出てくる事もある、という事で!



陽気の良さ、暖かい部屋での食事に誘われて、
カルパッチョを注文した人も何人か。

14-483_GF.jpg



皆がお喋りを楽しみつつ、写真技術について質問しつつ、
お腹いっぱいに食べ、カフェも飲んだ後、店からサーヴィスで出た、
左リモンチェッロ・limoncelloと、リクイリーツィア・甘草。

15-484_GF.jpg

この前のアマルフィ沿岸の旅行の際、あの地方名産リモンチェッロを
何度か飲んでいますから、この店のが、あちらの品よりも少し劣る事を、
shinkaiの味覚が悟りましたです。
とはいえ、食事の後には美味しかった!

リモンチェッロの作り方を、またお知らせしますね。
ジャンナのお家で、手作りというリモンチェッロを頂きましたが、
大変美味しかったので、彼女のリチェッタも聞いておきましょう。



店の、表の部屋の様子。

16-487_GF.jpg

そうそう、ここの勘定は先生分を外し頭割で、1人20エウロでした。
レストランでは到底この値段では済みませんし、
仲間内の気の置けないお昼としては、まぁまぁと。
場所も良く値段もこれなら、またのチャンスにでも。



表に出て来ると、女性2人が散歩がてら野を行くのが見え、
この写真を撮る少し前は、お互い離れて歩いていたのですが、

17-489_GF.jpg

ほら、左の女性はポリ袋を手にしているでしょう?
これはね、野草を探しているのです。
ショペティンとこの辺りでは呼ぶ、リゾットにすると美味しい草を探している所。

という様な、春の皆との食事会の様子でしたぁ。


**********

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント