・ イタリア男性を ・ この1枚! 

この方は、ファビオ・Fabio.  先日グループで訪問した
セスト・アル・レゲーナ・Sesto al Reghenaの、8世紀からの
由緒ある教会、元々はベネデッティーノ派の修道院ですが、
そのガイドをして下さった方。

考古学専門とはいえ、・・うふうふ、素敵な髪形でしょう?!
この1枚、 ファビオ氏をどうぞ!!

sCattura.jpg

考古学専門で、1昨年暮に訪れたフリウリの奥、
山中の修復された教会案内で初めてお目にかかり、先月再度。

フリウリ地方の古い街道筋の町にあったと見られる城館跡、
今に残る4世紀の記録には、既に、城は無い、と記されており、
21世紀になっての調査で見つかった、城壁に残る黒焦げの跡。

それらからの推理で、どうやら偽貨幣鋳造が明らかとなり、
襲撃、末梢されたのであろう、という・・。
そんな顛末をいとも明快に詳細に語ってくれ、
なんとも爽快に、古代への興味をかき立ててくれました。
    
このフリウリ山中の城跡は修復されており、偽貨幣鋳造で抹消された
土地の記録は、他の地にもあれこれあるそうで、ははは、
そんなこんなに興味が引かれます。


*****

昨日イタリアの歌手ルーチョ・ダッラ・Lucio Dallaが亡くなりました。
私の大好きな歌手、ご冥福を祈りつつ、皆さんにも彼の詩を聞いて頂きたく。

Attenti Al Lupo・狼に注意
https://www.youtube.com/watch?v=kFfhBX7ET-4


彼の詩はとても明るく、そのくせ切ない。
彼の歌う「カルーゾ」を聞くたびに、胸が締め付けられ、涙する私。


チャオ! そう、彼が消える事はないものね!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント