・ n.2 シエナのパリオで ・ この1枚! 

ドロミーティーの山からは、牛さんとか、薪の山に猫とか、はは、
哺乳類ではあっても毛皮を着た方々の登場でしたので、
今日はまた街に戻りまして、すっきりの美女を。

シエナのパリオで、この1枚!  どうぞ。

12-022_GF.jpg

この大変爽やかな印象の若い女性は、これからご自分の
桟敷席を探し、よじのぼる所。

パリオの行われるカンポ広場の真ん中は無料ですが、
広場を囲む周囲の桟敷席はかなりお高い値段で、3年前で400エウロ!
オンラインでメールを出しても返事がなく、コネリアーノの旅行代理店を
通しましたが、代理店の女性も驚くほどのお高い値段で、
はぁまぁ、一生に一度と思い、清水の舞台から。

で、実際に行きましたら、この桟敷席なるもの、ポルトローナ・肘掛椅子
と表示されてはいるものの、鉄製の小さな丸い、確かに周囲に
肘置きがありましたが、椅子の1本足をズボッと桟敷の板に嵌め込んだもの。

座は、私の様なMサイズだとちょうどぴったりお尻が入り込む広さで、
つまり外人さんの大きなお尻には窮屈極まりなく、
たくさんの人が椅子を引っこ抜いて係に返す有様!
そうすると多少でも隣との隙間部分が増え、座るのが楽になるのでね。

しかも桟敷席の傾斜がきつく通路が狭く、よじ登らねばならず、
自分の席に行くのにも、少しバランスの悪い人は
近辺の人に支えて貰いながら、の様子でした。

今思い出すとそんな事も懐かしく、それ以上に、
シエナのパリオは迫力があって本当に面白く、楽しかった!!!

ちょうどの時期にシエナにお出かけの方、
まぁ一度パリオを試して見ようか、とお考えの方、
ちょっと奮発して桟敷席の予約をされる事もご検討下さいね。

シエナのパリオの様子、フィレンツェ周辺のご案内はこちらから。
                
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

***** 

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント