・ イタ猫・イタ犬たち ・ 当ブログの留守番を守る

一挙に夏日になったこちらイタリアですが、暑さあり、
あれこれ様々片づけあり、数日旅にも出かけますので、
その間のブログの留守番を、ワン君 猫ちゃんに丸預けにし、
よろしくお願いいたしま~す!

・ スコミーゴ村 

今となると、寒くて雪の多かったこの冬が嘘みたいですが、
12月にどかっと降った雪の日のスコミーゴ村。

家の影の、見るからに寒そうな場所から声をかけてくれたワン君、
逆に、暑中見舞いに使えそうな・・、事はないか。

1-055_GF.jpg



子犬が4つ生まれたのだけど、シニョーラ、欲しくない?との
当のチビ君たちが、小箱に入れられて玄関の前に。

2-051_GF.jpg

1人は既に貰われて行った様ですが、この子達のマンマは
確か白黒だった筈。



玄関前で重なる猫ちゃん、 1度ご覧頂いた、同じスタイルの、
ははは、でも別の写真で。

3-049_GF.jpg



春先のスコミーゴ村、ご主人の葡萄畑の剪定に付き合うワン君、
吠えながら寄って来たものの、既に目をくしゅんとさせ、そろそろと尻尾を
振り始め。 そうだよ、shinkaiの魅力には勝てないのだぜ!

4-055_GF.jpg



じゃぁね、と歩き始めた後ろから聞こえる、シャカシャカという音。
何だぁと思って振り返ると、先ほどの1人が後ろに従っていて、
シャカシャカ、と歩くたびにコンクリートに爪が音を立てるのです。

5-057_GF.jpg

6-059_GF.jpg

ダイエットした方が良いよ、という程の固太りの体で、
シャカシャカと暫く後ろから歩いた後、横道に入って行きましたが、
ワン君というのは、いつも何か用ありげに歩きますねぇ。



春先の陽射しを浴びて、庭で寝ているシェパード君。
寝姿は家の横道からで、既にご覧頂いたのですが、

7-187_GF.jpg

8-188_GF.jpg

家の入り口の方に回ったら、流石ガードマンでむっくりと。
で、これが意外にハンサム君でしたぁ!



・ サルデーニャ島 

いえいえ、まだサルデーニャ島には行った事がなく、
これは、エジプト旅行で仲良くなったロベルタが送ってくれたもの。

9-033_GF.jpg

10-037_GF.jpg

サルデーニャ島のヴァカンスの宿で、毎日お供をしてくれたのだそう、
素敵な目をしたマンマと、まるで見分けがつかないチビ君4つ。
夜その辺りに居たら、見えずにふんづけそう!
Ciao, Roberta, ecco le tue foto!!



・ フェッラーラ  

フェッラーラの市壁の外、散歩を楽しむワン君たち。

11-760_GF.jpg

着せて貰っているコートが中々スポーティーで素敵なので、
何のマークかと拡大して見たのですが、物好き!
稲妻の走りと、何やらわからん英語で。



改めて写真で眺めた、このフェッラーラの市壁は分厚く高く、
要塞の張り出しも素晴らしく、如何にも実戦に備えたもので、

12-772_GF.jpg

これに比べ、サッビオネータの町の壁は恰好だけ、の様で。

フェッラーラのご案内は
      

n.1 サッビオネータ  ルネッサンス期の理想の町、世界遺産登録
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/464880831.html

n.2 サッビオネータ  ルネッサンス期の理想の町、世界遺産登録
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/464881437.htm



フェッラーラの街中、かってゲットーがあったマッツィーニ通りに
何とも素敵な雰囲気の本屋さんがあり、店の中は一種サロン風。
挨拶かたがた立ちよる町の人々が引きも切らず、お喋りの輪が広がります。

女主人の後ろに、椅子と床のクッションの席があり、ワンちゃん2人。
店内が薄暗く、少し手振れで申し訳ないですが、
ブチ君は狭い椅子に手を出して座り、モデルをしてくれましたが、

13-488_GF.jpg



白い方の女の子、光ちゃん(日本語の名前を貰ってました!)は
野犬収容所から来たのでまだ他人が怖く、カメラを向けると隅っこに。
皆の愛情で、気持ちもしっかり元気になりますように!

14-487_GF.jpg



最後は一度ご覧頂いたワンちゃん、角度を変えて。
バールの表で、かなり必死な表情で待っているこの子には、
小さなプラスティックの握りが錨の重さ。

15-654_GF.jpg



・ ファエンツァにて

マンフレディの町、と期待が大きすぎたか、かなり外れたファエンツァの町。
また出直しましょう!

宿の外でゴロゴロしてくれた、大きな黒ネコちゃん。
     
16-197_GF.jpg  

期待以上だった n.1 ブリジゲッラ ・ 中世の要塞と美しい村と
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463937799.html

n.2 ブリジゲッラ ・ 中世の要塞と美しい村と
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463938002.html




・ セッティニャーノ村 

ルネッサンスの天才彫刻家、出生の謎も持つデジデーリオ・ダ・
セッティニャーノの生地と言われるフィレンツェ郊外の小さな村。
少し中心の通りを外れましたら、猫ちゃんがいるいる!
でも皆、突然の闖入者に驚いたようで逃げ腰姿。

17-455_GF.jpg

18-456_GF.jpg



唯一、ご主人が働く畑の脇のシェパード君が、こちらを不思議そうに
見つめてくれましたが、うん、片耳が垂れて可愛いね。

19-490_GF.jpg

デジデーリオ・ダ・セッティニャーノという彫刻家をご存知ですか?
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/464150494.html

サン・ミニアート・アル・モンテ聖堂 ・ フィレンツェ
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/464150189.html



・ シロール、そしてその周辺の 

昨夏行ったアルト・アディジェ州の取っ掛りの村シロールと
トナディーコで見かけた猫ちゃん達。
町ではワンちゃんの姿がやはり多いですが、少しのんびりの村になると、
断然猫ちゃんの姿が多いですねぇ。
       
お隣のお家の2階の定席からこちらを窺がうお目め、

20-040_GF.jpg



朝の河原で、既にトカゲ取りに励む子、

21-022_GF.jpg

22-023_GF.jpg



ベランダの柵の上から見下ろす、素敵な猫ちゃん。
抱っこしたらどっしり重く、こちらが喜んでゴロゴロ言いそうな子!

23-950_GF.jpg

24-949_GF.jpg

n.1 夏の思い出 ・ 山の家、庶民の避暑地
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461527165.html

n.2 夏の思い出 ・ 山の家、庶民の避暑地
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461527243.html



・ スコミーゴ村  

春先、庭先の花を写していたら、吠えながら寄って来たワンちゃん。
声をかけた途端に、モゴモゴ言いつつ引き返し・・。

25-576_GF.jpg



植え木の下から吠える彼も、戻り道には吠えず、ははは、ざまぁ見ろ!
あんた達より、この村には長いんだからねぇ!!
       
26-584_GF.jpg



・ ドーロの骨董市で 

暑い暑いドーロの日曜市、ブレンタ川の水を飲む姿はもうご覧頂いたので、
その前の、長~~~~い舌だし姿を!

27-482_GF.jpg



自転車の前に乗ったダックス君も暑そうに、ハァハァと。

28-538_GF.jpg

シニョーラに撮っても良いかと聞きましたら、
「ああ、あんたは良いねぇ、写真を撮って貰えてぇ!」とダックス君に。
ああシニョーラ、その気持ち、よ~く分かりますですぅ!!

ドーロの骨董市 ・ リヴィエーラ・デル・ブレンタの町で
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/467380802.html



・ 友人宅で

先月末にサクランボを頂きに、皆で集まった友人宅。
地下室が心地よい集会場風に拵えてあり、ワイワイ言いながら
食べたり飲んだりしていましたら、

お宅のデブちゃんが、参加したくて庭から顔を突き出しました!

29-576_GF.jpg



・ ドブロブニク

リンクしている「かたつむりの国だより*イタリア料理留学記」の
tomoconeさんから、お借りしたもの。
色が素敵な写真で、おまけに美猫ちゃん。

30-eko_GF.jpg

アドリア海の向こうの、この町にも行ってみたいですねぇ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント