・ 子供のための国際絵本挿絵展 ・ サルメデ 

先回は山村のアグリトゥリズモでのお昼をご覧頂きましたが、
あの山の村に出かけたのは、山麓の町サルメデ・Sàrmedeで開催中の、
子供のための国際絵本挿絵展・
Moatra Internazionare d'illustrazione per l'infanzia
をグループで見に出かけたからなのでした。

1-391_GF.jpg

イタリアで子供の絵本原画展としては、世界最大の規模という
ボローニャ国際絵本原画展が有名ですが、
サルメデのは規模は小さいものの既に29回目の開催。

そして確か、ボローニャのは絵本になる前の、絵本作家たちの出品ですが、
こちらサルメデのは、すでに絵本として出版されている本、の違いがあり、
毎年国を決め、その国の絵本と挿絵原画を紹介する部分も含まれ、
例えば今回はインドからの様々な絵本と挿絵の原画が展示。

で、それ以外に世界各国、ヨーロッパの国からが多い様でしたが
原画の横に実際にその絵本が吊るされ、それを手にとって見れ、
小グループに分かれてのガイド付き見物は、
ガイドが絵本のページを繰りながら内容を語る、という仕組みも。
子供たちも勝手に見て歩いたり、マンマやパパが読んで聞かせたりで、
とても楽しい展示でした。

このサルメデの絵本挿絵展の元のアイディアは、近くに住みついたチェコ人画家
ステファン・ザヴレル・Štěpán Zavřelから始まったそうですが、
ボローニャの商業的な大きな展示に比べ、
手作り感溢れる暖かい絵本挿絵展という感じでしょうか。
       
とはいえ、この展覧会も大変充実していて、この後イタリアの何ヵ所かの街や、
ヨーロッパ各国も巡回する様子。



ルーゴロのアグリトゥリズモに描かれたザヴレルのフレスコ画や、
教会の扉は既に見て頂きましたが、
 
サルメデの町中にも彼の壁画が幾つかあり、これは町の風景を描いたもの。

2-355_GF.jpg

実際小さな町中をこんな風に川が流れていて、昔は伐採した木で
筏を組み、ヴェネツィアにまで運んだ、というのですが、
春先の雪どけの季節の今でも難しそうな、はは、小川でした。



はい、この橋の下を小川が流れていて、橋は立派でしょ?
向こうの家の壁画もザヴレルの作品。

3-357_GF.jpg



これも彼の作品で、ご存知ヴェネツィア。

4-356_GF.jpg

ザヴレルの作品は、大変にファンタジー溢れる画風で、画面の中は自由奔放に
描いている物の、周囲の額縁に当たる部分は、かっての教会壁画に見られる
紋様装飾を用いている所が興味深いですね。
こういう古い装飾様式が、ヨーロッパ人のDNAにあるのかも。



通りの奥に見えた壁画。 これは別の作家で、アクリル画ではなく、
フレスコ画の教習を兼ね、地塗りの上に自然色で描いている物。

5-363_GF.jpg

フレスコ、というイタリア語は新鮮な、とか冷たいを指しますが、

まさにフレスコ画・アッフレスコ、というのは、壁に地塗りをし、
その下地が乾かない内に、粉絵具を水で溶き描くのですね。
下地が乾き始めると水溶き絵具を吸わなくなりますから、
塗る下地の面積は、乾く迄に描ける広さを計算して、という訳で、
       
こうして描かれた壁の絵は壁の質と同化して、
何百年も同じに残っている、という訳です。

アクリル画というのは現代兵器で、はは、壁にも紙にも描け、
そのまま油絵の様に厚塗りも出来ますし、
水で薄めて水彩画式にも描け、色も多彩、という違いがあります。



サルメデの町は北に聳える山の麓にあり、古くからの通商道路、
ヴェネト・フリウリから、北の国々に抜ける街道の近くに位置し
栄えた歴史を持ちます。

6-468_GF.jpg

7-405_GF.jpg



サルメデの町から見上げる、お昼を食べたルーゴロの村は、
町の家並の上に、ぽこっと見える高さです。

8-359_GF.jpg



こちらが、子供のための国際絵本挿絵展の会場でもあるサルメデの
市役所で、入り口アーチには、ご覧の様に絵が描かれているのですね。

9-362_GF.jpg



こんな感じで、1つのアーチに1人の人物のお話で、真ん中はご存知、
ドラゴン退治のサン・ジョルジョで、この聖人は山上のルーゴロの守護聖人。

10-361_GF.jpg



このアーチには、音楽の守護聖女のサンタ・チェチーリアが描かれていて、
近くのボルゴ・ヴァルの守護聖人でもあり、

11-401_GF.jpg



こちらにはサルメデの守護聖人サンタントーニオの逸話。 

12-368_GF.jpg



このアーチの部分、そしてこれからご覧頂く市役所内部の壁画は、
ザヴレルの没後、サルメデの町がいよいよ本格的に
童話の郷・paese della fiaba と名乗るのに従い、
ポーランドの画家ジョゼフ・ウィルコン・Josef Wilkonに依頼し
2004~2006年に描いて貰ったものなんだそう。

これらはアクリル画で、ファンタジーに満ちた楽しいもので、
とりわけ市役所内部が大迫力!  では、どうぞ!
    
市役所の扉を開け、一歩入ったホール部分に、こんな風に動物が
いっぱい描かれて、とても気に入りました!!

13-386_GF.jpg



あはは、これは天井にいるコウモリ、それともコウモリ傘?!
日本の市役所で、こんな事をさせる勇気があるかな? ははは。

14-371_GF.jpg



ホールの壁の各部をどうぞ。

15-380_GF.jpg

16-383_GF.jpg

17-385_GF.jpg



極め付きは、階段の横壁のこれ。 私も自分の家に、と言っても
階段が無いので、玄関にでも一匹欲しくなったのがこれでした!!

18-463_GF.jpg

字は人を現わすと言いますが、絵もまさに!
ザヴレルの絵は、私にはどこか暗い陰鬱が感じられ、あんなにファンタジーに
満ちていても、イマイチなのですけど、
・・これは私の偏屈的な趣味、好みですので、すみません。
このウィルコンの絵はとても気に入りました。



という所で、絵本の原画展の作品をいくつか。
ですが、最初にお断りを。
選択は、全く私の独断と偏見、好みに従い選んでおりまして、
絵本の物語がどうとかはまるで関係無し、絵として見て、素晴らしい! 良い!
と思った物でして、偏屈者としては、

子供向け絵本といえども、上等な絵でないと!と思うのでありますので。
今迄は、子供の為の絵本展と聞き、誘われても出かけなかったのですが、
というのも、こちらでは部屋にたくさん絵を飾る習慣からか、
何でこんな絵を?!という様な下手なのを、がはは、見る事が多く、
見るだけ、聞くだけで辟易していたのですが、

いざ出かけて見ると、素晴らしい絵がたくさんあるのに驚くばかりで、
偏屈者としてもとても嬉しい、目から鱗でございましたぁ!
という事で、

どこの国の画家の作品か、なんの絵本かも覚えておらず、
ガラスが反射して見難いのもあるのですが、どうぞご容赦、ご覧下さい!

19-421_GF.jpg

20-422_GF.jpg



これは、スペインの画家だったのを覚えています。
バックの暗い素晴らしい絵も2枚ほどあったのが、私めが映りこみぺケ。

21-427_GF.jpg



これは、映画「カンフー・パンダ」の作者だそう。
お話も面白く、多少ブラック・ユーモア的でしたね。

22-428_GF.jpg



柄の紙を上手く使い、 

22-431_GF.jpg



こちらはインドの画家で、緻密なペン画が素晴らしく、

23-434_GF.jpg



これもインドからの作品で、なんとも素晴らしい画面構成と表現で。 

24-436_GF.jpg

25-437_GF.jpg



展示会場からの、サルメデの町の眺め。 ひとやすみ!

26-439_GF.jpg

現在、市役所の横に新しくファンタジー館なる物が建設中で、
展覧会そのものの充実も計られる事でしょう。



上の、中世を想起させるスペインの作家、省略の末の表現のインドの作家
と共に、今回とても気に入った作家の1人の、熊さん。

27-441_GF.jpg

28-443_GF.jpg

別紙に描き、切り取り、コラージュ、余白の感覚も素晴らしく。    



紋様を上手く使っていると、それだけで心がときめきます。

29-445_GF.jpg

30-453_GF.jpg



このお猿さん、描ける人だと感嘆!

31-457_GF.jpg



最後は、なんとも楽しく愉快な猫ちゃんのお遊び図。

32-459_GF.jpg

お話も楽しかったらしいのが、他の絵の写真を撮っていてちゃんと聞いていなかった、
とshinkaiは仲間から非難されましたです!

他にもたくさん素敵な絵がありましたが、全部ご紹介出来ず残念です。
でもね、内容の程度が分かったので、また来年出かけて、ご報告いたしますね。



市役所の前にあったドングリの実、樫とは違う、と皆さん言ってましたが、
私には違い分からず!

33-466_GF.jpg

お楽しみ頂けました様に!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント