・ 松本城訪問 ・ 信濃の国 

昨年の秋日本に行った時、松本と安曇野を訪問しましたが、
今回は、松本城訪問の様子を見てやって下さいね。

信州長野生まれで育った私は、確か小学6年生の春に
松本から諏訪への修学旅行で1度訪問していますが、
それ以降はいつも素通りで、町の様子も知らずのままで、
今回漸くに安曇野も含め訪問できたと言う訳でした。

写真は、お城、天守への内堀を渡っての二の門。

1-692_GF.jpg

復元された門との事ですが、立派で控え壁には鉄砲用挟間も
見られ、外人観光客の姿もかなり多く。



案内図をどうぞ。
上の二の門は、中ほど下に見える「現在地」から上、
6の数字にあり、

2-691_GF.jpg

2.本丸御殿跡、3.二の丸御殿跡も実際には建物が無いので、
6.の二の門の後は11.黒門を通ると、広い庭園になります。

6.の右、外堀を渡っての位置に、10.太鼓門、門の上に
楼上があり、鐘と太鼓で情報を伝えていたと言い、
ここは見ませんでしたが、復元された大きな立派な門で、
多分こちらが家臣の登城門だったのでしょうね。



11.の黒門、こちらも復元された物と言いますが、
本丸御殿に通じる重要な門で、

3-693_GF.jpg



柱にも初代城主であった石川氏の笹竜胆の紋。

4-694_GF.jpg



門の内側に、この城の歴代藩主の名と紋所が。
       
5-695_GF.jpg

元々は16世紀の初め、当時深志城と呼ばれた城が築かれたのが
始まりのようで、城主は戦国の世の中で色々変遷があり、
       
最初に名の見える石川数正が入城したのは1590年、徳川家の
関東移封後で、彼が天主を築き、城郭、町の整備も行ったとの事。
こうして代々城主が変わりながらも引き続き、
明治2年までという城の歴史です。

松本城のサイトはこちらに。
http://www.matsumoto-castle.jp/splash



黒門から入ってくると、広い庭園の向こうに大天守が聳えます。

6-697_GF.jpg

そうなんですよね、この松本城は平城!
もともとの築城年を考えると、ちょっと不思議な位なのですが、
天守のある城としては唯一の平城なんだそう。

そして、えっへん、私が威張っても始まりませんが、ははは、
そう、この松本城は日本に5つある国宝の城の1つ!なんですねぇ。
(4つかと思っていましたが、松江城が昨年指定を受け)
他の3つは犬山城、彦根城、そして姫路城ですね。
       
犬山は明治村に寄った記憶がありますが、まだ城は知らずで、
重文指定の他の7つの天守も美しく、チャンスがあれば!です。
       


サイトで見つけた、名と高さ入りの写真をどうぞ。
       
7-asa.jpg
       
という事で、乾小天守と大天守を繋ぐ渡り櫓の下にある、
大手口から入ります。



これは大天守の石垣の迫り出し具合。 角の上には石落としも
見える実戦構造の城で、黒の色は漆塗りなんだそう!

8-700_GF.jpg



石垣前に武者姿のこの方がおられ、皆さんとの記念撮影に
応じられていたのですけど、shinkaiがお願いしますと言い、
1人撮影とわかって、あっ、あれっ、とちょっと照れたりして、ははは。
      
9-701_GF.jpg

むむ、お持ちの三階菱の紋所は、2代目城主小笠原氏の
物でござるな、おぬし。



ささ、大天守へいざ、いざ、お進みめされ!

10-702_GF.jpg

ちゃんと靴を脱いで、ビニール袋に入れて持って上がって下さいよ、
そこの外人さん。 英語でなんていうの? ははは。



松本城天守の構造。 

11-704_GF.jpg

上がる前にしっかり読んで、というのをいつもパシャッと撮って、
ブログ書きの前に読んでなるほど、というshinkaiで、

戦国時代終わりの築城にしても、やはりそれなりの実戦体制を
取っての築城だったのが、鉄砲攻撃に備えての厚い壁とかで分りますね。

大天守の壁の中には、木の枝とか縄を挟み塗りこめてあり、
厚さが20~30cmもあるそうで、これだと火縄の玉も通しません。

明治時代にこの大天守が傾き、大改修が行われた様子で、
この説明の2の、天守台の石垣の中に16本の栂材の丸太柱を
埋め込み、千トンの重さを支える、というのが、丸太柱の老朽で
支えきれなくなった、という事情もある様子。

昭和に行われた解体大修理の際に発掘された柱は、
殆どが腐食され形を留めていなかったとの事。
400年もの歴史を持つ城ですものね!



大天守の北にある乾小天守ですが、「北」にある小天守が
「乾」・北西を指す、と呼ばれるのは、
「北」が意味する言葉の不吉さを嫌ったからなのだそうで、
大天守と違って、こちらには丸太の柱も使われているそう。

すり減り、磨き上げられた、床と柱の美しさに目が行きます!

12-703_GF.jpg



階段の踏み板も、支えもツルツルすべすべ。

15-708_GF.jpg

13-707_GF.jpg

14-706_GF.jpg



中はやはり薄暗く、窓の外の快晴の空、緑が嬉しく、

16-709_GF.jpg

17-711_GF.jpg



ね、この柱の見事さ! 木目の美しさ!
床が黒いのは、これもかっては漆塗りだったんだろうか?

18-713_GF.jpg



大天守側への渡り櫓部にあった、大きく曲がった梁の太い柱。

19-715_GF.jpg

こんな自然のままの柱は強度に強いのだそうで、
傍らの管理の小父さんが、この柱は何の材木だと思いますか、と出題。
でも、この城の名に因んだ名前です、とヒントもね、ははは。
というので覚えると、忘れませんよね。



でもね、凄みのある木目でした!

20-716_GF.jpg



昭和の大修理(昭和25~30年)で取り替えられた展示品もあり、
これは鬼面鬼瓦。
余り怖くなく、笑っている可愛い顔にさえ見えますね、ははは。
     
21-717_GF.jpg
  


大天守の1階の大広間、鉋や手斧で仕上げられた柱が
整然と薄暗い中に並びます。

22-722_GF.jpg


23-720_GF.jpg

この広間の周囲は約45cm低い武者走りが取り囲みますが、
土台は2重になっているそう。



大天守の上を守っていたシャチ。 口を開けているのが雄で、
閉じているのが雌、というのですが、これは雌かな?

24-724_GF.jpg



かなり興味をそそられた火縄銃の各種の展示があり、
長いのと、馬上筒と呼ばれる短い物。
       
25-725_GF.jpg

26-727_GF.jpg



説明図によると、大筒と呼ばれる口径30mmの物が、大阪夏の陣では
昼夜を分かたず打ち込まれ、和議を早めたという事で、
これ位のものだと射程500mほどの命中率はなかなかのものだった。

27-726_GF.jpg

馬上筒は加藤清正が武器として取り入れたのが初めで、馬上で使い易いよう
50cm程の長さの火縄銃で、近距離用。勿論連続発射は出来ず。

右上に見える抱え大筒とは、口径25~40mm程までの火縄大筒で、
これを抱えて撃つ日本独特のものなのだそう。
狭い坂道でも抱えて運べ、山城攻めとか、戦国後期に威力を発揮と。



こちらは鉛の玉。 勿論手つくり。

28-731_GF.jpg



で、考えた事もなかったですが、これは戦国期の武士の妻や娘の
仕事だったそうで!

29-732_GF.jpg

夫の火縄銃に合った玉作りに精を出すかっての女達の姿を思うと、
いじらしくもあり、少々おかしくもあり!

火縄つくりも大切だったようで、良い火縄だと命中度が違い、
木綿の火縄だと火持ちも良く、灰も真っ白で軽く、
引き金を引いて玉の出るタイミングもとても良いと!

ですが、木綿はかって北の国では栽培できず大変に高価だったので、
刺し子や菱刺しの起源もこの理由からでしたし、
古くには繊維の長い竹や麻を混ぜて火縄を作ったとも。



甲冑ですが、後ろに「当世具足」と見えるように、
戦国時代に当時の鉄砲戦に相応しい形を考えだした物で、

30-730_GF.jpg

かっての煌びやかな革の小片を繋いだものではなく、
鉄を使った大量生産で、鉄砲戦に対応した強い物、玉を
反らせるために曲線や傾斜を多用し、機能性を重視が特徴と。

背中に玉込め用の棒・カルカを背負い、腰には玉入れを下げ、
肩から口薬・点火薬入れの水筒みたいなのを提げ、
これで火縄を持つと約20kgの重量だったと!

ふっと気づいたのですが、玉込め用の棒がカルカとは!
イタリア語でカーリカ・caricaは職務、積荷、充填、仕込みなど
を指し、戦闘での「弾込め、撃つ用意!」は動詞caricareから、
carica・カリカなんですね!!

仏壇にお供えする水を「閼伽・あか」と言うそうですが、
これはacqua・アックワから来ているのかも、と聞いた事があり、
遠い土地からの由来の言葉だったかも、と思い至りました。



これは4階にあった大広間の一廓、御簾で囲った御座所。
有事の際の御座所として使われた様子。

31-734_GF.jpg



窓の形は、大屋根の下に作られる千鳥派風・東西と、
南北にある唐派風とがあり、こちらは唐派風で、

32-735_GF.jpg



こちらが千鳥派風の窓。

33-736_GF.jpg



大天守の中には1階から6階まで階段が7箇所あるそうで、
どの階段もかなり急な階段で、とりわけ4階から5階への階段が
傾斜が61度もあり、おまけに蹴上げが約40cm!

掴まりながら上がるのですが、足元は勿論見る余裕がなく、
ヨイショ!と足で探りながら上がる感じで、
今奥に見える階段の上の部分がそれ!

34-737_GF.jpg

昔の人は体も小さく、脚も短かったでしょうに、はは、
大変だったでしょうねぇ~、ひひ。



こうして上がった最上階、屋根の下に見えた注連縄。
納得しますです!

35-739_GF.jpg



見えた、国宝指定書、昭和二十七年三月二十九日。

36-742_GF.jpg



窓から見る松本の街。

37-740_GF.jpg



乾の小天守の屋根。

38-744_GF.jpg



内堀の西側と埋橋(うずめ橋)。
4年前の地震で埋門の石垣がずれ、現在こちらからの入城が
停止されているとの事。

39-745_GF.jpg



そして黒門方面。

40-746_GF.jpg



階段を降り、最後はこの月見櫓。
       
41-750_GF.jpg

大天守に続いての辰巳附櫓、そして月見櫓ですが、
徳川3代将軍家光が長野善光寺参拝の途中に松本に寄る、
というので建てられたそう。
       
外側には赤い欄干を巡らした月見櫓らしい風雅さなのですが、
結局善光寺参拝は中止になったそうで・・。



大天守の最上階に上がった辺りで、カメラ電池の消耗に気づき、
最低限の写しにしていたのですが、
     
遂に最後の1枚!となった、内堀越しの大天守の眺め。

42-751_GF.jpg

という、長年の夢でもあった松本城再訪でしたぁ。



最後はサイトから1枚拝借、美しい雪化粧の松本城をどうぞ!

43-909.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント