・ハワイの休日 ・ 海、浜、サンセット、そして

遅まきながら、  新年おめでとうございます!
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年のクリスマス前から2週間ちょっと、ハワイの友人を訪ね、
初めての土地を楽しんで来ました。

ビキニで日焼け という事はありませんでしたが、久し振りに
おせち料理も食べ、日本食も、ハワイ式も、初めてのタイ料理も
色々食べましたし、友人の車であちこち、つれて回って貰いました。
今日は、そんな、ごちゃ混ぜハワイ をご覧頂きますね。

イタリアからハワイに行くのは大変です! なにせ地球の裏側に
なるので、ヴェネツィア~アムステルダム~サン・フランシスコ~ホノルル、と
待ち時間を入れると、25,6時間かかります!
       
アムステルダムからの飛行機で見た夜明けの月。

1-honolulu07-08 001_GF.jpg



そして、なにはともあれ、ワイキキの浜。 まぶしいぃ!!

2-honolulu07-08 010_GF.jpg



賑やかなワイキキの浜から東に、ダイアモンド・ヘッドの東の浜に。
ご覧のように、人気もなく、本当に静か!
浜の砂の、小粒で綺麗なのに驚きました。

3-honolulu07-08 038_GF.jpg



実はここに、友人のワンちゃんを泳がせに来たのですね!
「まうい」はかなりのお年ですが、泳ぎが大好き。
ビーチと聞くと車の中でも待ちきれないほどで、

浜辺用の布の円盤、フリスビーたっけ?を投げてもらい、
勇んでザッブーン。 私めも、ン十年ぶりかに、浜を裸足で歩き!

honolulu07-08 053_GF.jpg



ワイキキの浜からずっと東に行くと、「ハナウマ」という湾があり、
熱帯魚の保護地区があるのを見物はパスして、湾の風景のみを。
ブーゲンビリアの花。

5-honolulu07-08 079_GF.jpg

「ハナウマ」というと、「花馬」と書けそうな気がしません?!



上の展望台からの眺め。 明るい色に見える環礁部分では、
ダイビングの練習をしているのが見えます。
       
4-honolulu07-08 065_GF.jpg

向こうの岬の突堤には、ドッドーンと大きな大洋の波が砕けるのが見え、
何回かに1回の、大きな波の砕けるのを撮ろうと待つものの、
なかなか上手く行かず。
「今の、なんで撮らんのん?!」
ええ、ワッシの人生と同じで、肝心な時には逃すのでおますよぅ!



「ワイマナロ」という所で引き返す途中、波の荒い浜に寄りました。
ここはサーフィンというよりも、ブギ・ボードという、サーフィンの板より
短い板の波乗りが盛んな所だそう。

6-honolulu07-08 110_GF.jpg

夕方近く浜には赤旗が立っているにも関わらず、たくさんの若者が
遊んでいて、見ていると、やはり映画の様には上手く行かずで。



海を見つめる、4人組。

7-honolulu07-08 -108_GF.jpg



ハワイの車のナンバー・プレート。 可愛いでしょう?
虹がついて、アロハ・ステート。 おまけに、ハイビスカスの花まで。
       
8-_GF.jpg

ハワイは、虹が多いので有名だそうで、
冬のこの時期、雨季で、確かにいくつも!



今回ハワイに行く前に、ひとつも下調べをせずに出かけ、友人宅で
ガイドブックを見て、見たいものは? と聞かれ、「真珠湾」と。
運転手、車、通訳つきの贅沢な旅で!

真珠湾、「アリゾナ記念館」に、行って来ました。

9-honolulu07-08 133_GF.jpg



記念館の庭からの眺め。 真ん中奥に見える船がミズリー号で、
その右の細長く白く見えるのが、アリゾナ記念館。

10-honolulu07-08 137_GF.jpg

アリゾナ記念館は入場無料ながら、毎朝配布される切符が
必要で、朝6時半頃から並び、7時半から配布、
10時ごろには、無くなると言うのです。
これは無理かと思いましたら親切な案内係で、
戻されたらしい切符2枚を分けてくれ、
無事、最後から2番目のグループに加われました。



最初に20分ほどの記録映画があり、それを見て後、
船で記念館に渡ります。
       
最初に見た博物館では写真や、日本海軍の旗艦「赤城」の
模型もあり、日本語のパンフレットもありました。       
そのパンフレットに「不名誉の日」と大きく書かれていて、正直、
少し違和感を感じました。
真珠湾攻撃の日を、そのように捉えているのかと、改めて振り返り。

記念館は、日本軍の攻撃を受け沈没したアリゾナ艦を跨ぐ形で。

11-honolulu07-08 142_GF.jpg



水上に出ている艦の遺物と、まだ滲み出ている油。

12-honolulu07-08 145_GF.jpg



細長い奥の部分の壁に、戦没者の名が刻まれているのが見えます。

13-honolulu07-08 152_GF.jpg

あんなにハワイ中にあふれているアジア系の顔が、ここではほんの少し、
圧倒的に、アメリカ人。
みな静かで、少し気圧される気がしたのも確か。



そして向こうに、ミズリー号が見えます。
そう、あの甲板上で日本は、無条件降伏に調印したのでした。
舞台装置が、調っていると言うか。

14-honolulu07-08 153_GF.jpg



ハワイの冬は「雨季」とは聞いていましたが、こんなに雨が降るとは
実際の所思っていませんでした。 前半の1週間は、殆ど雨!!
時にもの凄いスコールも来、風も強く、夜中じゅう雨音がひどい時も。
マノア地区は、ホノルルでも雨量が多く、ワイキキに行くと、
お天気という事はしばしば。

が、この2007年最後の日、なんと夕方には大変なお天気となり、
「まうい」の散歩のお伴をしつつ、1年最後の夕暮れを楽しみました。

15-honolulu07-08 169_GF.jpg

友人の家はホノルルの街の北、山間の谷に当たる「マノア」地区にあり、
街の中心から、約6キロほどとの事。
家の窓からもワイキキのビルが一部見えますが、家の周囲を「マウイ」
の散歩に付き合うと、大変見晴らしがよく、夜も街の明かりが綺麗で。

最初この「マノア」が覚えられず、何度か聞き返し、
「まうい」は、3度で学習するよ」
「私が「まうい」よりマシと思っているの?!」



この大晦日の夜は海の上に雲があり、海に沈む夕陽では
ありませんでしたが、やはり、大変荘厳でした。

16-honolulu07-08 179_GF.jpg



照り返しが、一瞬輝き、2007年の落日が終ります。

17-honolulu07-08 183_GF.jpg



マウイの散歩に連れ、場所をあちこちと。

18-honolulu07-08 188_GF.jpg



いま街の灯が輝き始め、いよいよ爆竹や花火の、賑やかな夜が!
いやぁ、本当に、爆竹の音が凄かった!!

19-honolulu07-08 194_GF.jpg



お天気の良い日、昼のお散歩に付き合うと、こんな風に街が。

20-honolulu07-08 210_GF.jpg

それにしても緑が濃い! まさに「夏の緑」で、これでいくら
クリスマス、お正月と言われても、やはり今回はピンと来ませんで。



車で通りながら、樹の大きさ、高さに感心ばかり!
この雨量、この高温で、樹木の生長が、著しいのでしょう。

21-honolulu07-08 205_GF.jpg

この樹は近所でも一際大きな太い幹をしていたのですが、
こうして撮ると、イマイチその大きさが伝わらず、残念! 



車で、オアフ島内一周に。 最初に距離計を0に設置、
まずは、ドールのプランテーションまで。
ドールというと、即バナナと出そうですが、ここはパイナップルで、
こんなパイナップルの赤ちゃんを見ました。

22-honolulu07-08 220_GF.jpg



オアフ島一周といっても、島の西側は道が途切れているので、
真ん中を北に真っ直ぐ、そして東の海側を通りワイキキまで戻ります。

島の北、ノース・ショアが近づいた頃。 この辺りは大変な赤土で、
かっては一面パイナップル畑だったそう。
今は一部にコーヒー園が見え、ほとんどが見晴るかすような平地で、
なんとなく、古い土地のイメージが湧きます。

23-honolulu07-08 229_GF.jpg



西部の開拓地のイメージのあるノース・ショアの町のはずれで、
海老を食べました。 美味しかった。

24-honolulu07-08 234_GF.jpg

車の屋台が何台かあり、それに囲まれ、椅子とテーブルが。
こんな場所を何箇所か見かけましたが、
プラスチックのお皿にご飯と海老炒めで、幾らだったっけ?
周りじゅう、日本の観光客ばかりなりけり! かく言う私めも。
     


も少し先の集落でコーヒーを。 「マッキアート」と言うと、
イタリアではエスプレッソにミルクをたらしてくれますが、
ここではミルクを泡立てた物をコーヒーの上にのせてくれ、
これでは余り、カップチーノと変わらんではないの?!
 
店の前にクラシックカー。 ナンバー・プレートに年代が書いてあり、
私よりも若かった、あれま!

25-honolulu07-08 235_GF.jpg



サンセット・ビーチ。 サーフィンと、その名の通り「サンセット」で、
有名なのだそう。

26-honolulu07-08 244_GF.jpg



やはりね、波の大きさがかなり違い、赤旗が立っていても何のその。

27-honolulu07-08 250_GF.jpg



ここでも大樹を見かけました。 これは見事、凄い!!

28-honolulu07-08 273_GF.jpg

こうして家に戻って見た距離計は、110マイルの踏破。
ええと、約180キロ! やりましたぁ!!



友人宅のマノア地区の谷の向かい側、ホノルルの街が一望
できる場所に。 少し、霞がかかっていましたが
ダイヤモンド・ヘッドの形も、街も、見渡せました。

29-honolulu07-08 306_GF.jpg

夜景も美しい事で有名とで、大晦日の爆竹のカスが、たくさん。



街の西に向かって。 奥にずっと見える西が、真珠湾。

30-honolulu07-08 308_GF.jpg

太平洋の真ん中に、何百キロも他から離れてある街、
考えてみれば、不思議な街、ホノルルですね。



最後にまた、ワイキキの中心に、日本料理を食べに行きました。
この通りは、皆さんよく御存じですよね。

31-honolulu07-08 327_GF.jpg



この辺りは新装されたそうで、大変美しく、明るく、お店もお洒落、
そして、日本人がうようよ!

32-honolulu07-08 315_GF.jpg



新装成った、アーケードの下。
       
33-honolulu07-08 317_GF.jpg



大賑わいの、ワイキキの浜を最後に。

34-honolulu07-08 321_GF.jpg

こうして、ホノルル~ポートランド、 ポートランド~ミネアポリス、
ミネアポリス~アムステルダム、 アムステルダム~ヴェネツィア、と、

視界100m以下の、霧のヴェネツィアに戻りました。
寒い!!  でも、この馬鹿は、この日常が嬉しい!!
       
ようし、今年はプールに通うぞ!!

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント