・ n.2 ヌビア族の部落訪問 ナイル河を遡り ・ エジプト

カイロから船で行ったヌビア村の訪問記、n.2をどうぞ。

船着き場から覗くナイル河の水は、こんなにも透明。

1-374_GF.jpg



招かれて入ったお家の中、というよりは、ちゃんと訪問設定のされている
お家ですが、風通しの良さそうなお家で、

2-392_GF.jpg



子供の鰐君がお出迎えを。

3-388_GF.jpg



希望者何人かが、頭の上に鰐を乗せて貰い。 ええ、まぁ、太い蛇よりはね。

4-378_GF.jpg


ヌビア族の村、と書いていますが、ヌビア族というのは、エジプト民族と違い、
元々はエジプト南の、我々も見学に行ったアスワンや、アブシンベル宮殿の
辺りから南のスーダンにかけての土地が、ヌビア領だったそうで、

古代からローマ人、ギリシャ人との交流があったエジプト民族よりも独自性のある
文化風習を残していると言われるそうで、確かに違うイメージを感じました。

というのも、ご覧頂くと分かるように、色彩が豊かというか、自分たちの家を
様々に塗り分けたり、装飾性が豊かなのですね。

両脇に目があったり、蛇やサソリも見えるのは、きっと魔よけだろうと。

5-376_GF.jpg



白い部屋の中、天井もこんなに簡単で済む、というのは、ある意味魅力で、
はは、単純なアーチが美しく見えます。

6-395_GF.jpg



小さな細長い部屋ですが、床にも、ベンチにも縞の布が敷かれ、
壁に幾何学模様の様な花模様。

7-396_GF.jpg



水が少し入った水槽に、鰐の子供が3匹。

8-397_GF.jpg



お家の高い場所には、細身の、長い尻尾を持った猫ちゃん。

9-404_GF.jpg

エジプトで見かけたニャンもワンも、皆余りにも細身で、気になる程!
はい、shinkaiはしっかり丸い猫ちゃんが好きなので。



これはまた上とは別の部屋ですが、同じような雰囲気でしょう?

10-406_GF.jpg



この部屋は食事をするのでしょうね。 上に蠅除けと思われる食べ物を
入れて置く箱が下がり、奥の壁に鰐の干物、もとえ、はく製、はは。

11-408_GF.jpg



ここが台所。 上に土鍋が2つ並び、下で火を焚く様に。

12-411_GF.jpg



観光客を迎える為の服装をした女の子が2人座っていて、

13-1-413_GF.jpg



濃いピンクの服の刺繍模様と、手に、これはヘナタと言いましたっけ、
化粧刺青を施していて。

13-2-413_GF.jpg



また別の部屋で、左の奥の部屋には、色々家財道具も見えましたが、
なぜか、部屋の装飾に目が行き。

14-412_GF.jpg



ほんの狭い部分にのみ、このタイルの床。 きっとお高いのでしょうね。

15-414_GF.jpg



家から出て来て、村の下の家とナイル河。  向こう岸の高台にも集落が。

16-417_GF.jpg



真ん中で手を上げているのが、ガイドのナッセール。 面白い人でしたが、

17-416_GF.jpg

ほら、彼の顔、上で見た鰐を抱いている男性の顔によく似ているでしょう?
自分はエジプトではなく、ヌビアなのだ、と最初に聞いた時は意味不明でしたが。



村の中の目抜き通りは、土産物の店がずらっと並び、

18-420_GF.jpg



これは水で溶いて壁に塗ったりの塗料と。 手前は多分お線香。

19-421_GF.jpg

20-422_GF.jpg



機織りの実演。 据え付け場所がとても原始的というか、ね。
こんな形でも機が織れる、という訳ですねぇ。

21-425_GF.jpg



小学校に連れていかれ、ヌビア語の学習をね、ははは。
物凄く簡単にさっさと書きつつ説明し、それを生徒に読ますのです!
で、読めないと、パチッと叩かれたりしてね、ははは。

22-426_GF.jpg



鮮やかな青に塗られた壁と建物の前で、悠然と寛ぐお年寄りたち。

23-429_GF.jpg



鳩までが、色と首飾り付きで、ははは。

24-434_GF.jpg



店の横に大きな鰐も。

25-437_GF.jpg



我らが歩いていく横をゆったりと歩いていくラクダ君。 思わずガイドに、
どこに行くの?と聞くと、彼は当たり前みたいに「家にさ」って。

26-438_GF.jpg

で、この後、このラクダ君が前を歩いていた、同じグループのシニョーレに
後ろから前足をかけ、頭をゴツン、というアクシデントがありました。



ラクダに乗ってゆく人々。 前のは観光客の様ですが、後ろは地元の人。

27-439_GF.jpg



そろそろ夕方の陽射しとなり、ナイルの水面は陰の中に。

28-441_GF.jpg

29-442_GF.jpg



カイルに戻る途中、東の岸に見えた建売建築。

30-445_GF.jpg



既に、太陽はこの位置にまで低く、

31-450_GF.jpg



大きなお屋敷のみに最後の陽が当たり。

32-452_GF.jpg



カイロの港に戻ってきた所。 こんな風にぎっしりとクルーズ船が横並び。

33-456_GF.jpg



東岸のみが明るく輝き、ナイル河は陰り、

34-459_GF.jpg



砂漠の向こうに落日。  そして最後の照り返し。

35-460_GF.jpg

36-466_GF.jpg

という様子でした。 ほんのチョッピリですけど砂漠が見れた事に納得でした。


写真のみは、エジプトで見たネコ、犬編もあるのですけど、
再見すると、余りにも痩せて汚れた彼らで再アップする元気がなくなり、
エドゥフ、ルクソール、カルナックの写真もあるものの、一緒になっているのと、
どれがどうかまるで説明が出来ない程ですので、
エジプト編は、これで最後と致します。

小学生からのエジプト熱も、ちょうどアブシンベル宮殿がアスワンダム建設で
引っ越しするという時期だったのと、やはりエキゾチックな形、像に惹かれたのですが、

こちらに来て中世に惹かれ始めるとまったく関心が亡くなり、
今回のこのエジプト旅行も、ピラミッドと、スフィンクス、そしてアブシンベル宮殿
のみを目的に、あとは一般観光を楽しもうと参加したのでした。

はい、確かに目的の物は素晴らしく、ちょうど記事も残っていて良かったですが、
エジプトの5000年前の建築物は、残念ながら私には中世の魅力に及ばず、
という所なのでした。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント