・ n.1 モスク・ピラミッド・スフィンクス ・ エジプト紀行

エジプト旅行のご報告は、遺跡巡りを避けては済まされませんが、
詳細は他のブログ、サイトでご覧を!と横着を決め込み、
今迄通り、写真と最低のご説明のみで・・、よろしくお願いいたしま~す!

今回は2回に渡り、カイロの美しいモスク2つ、そしてギザ、サッカラ、メンフィスの
ピラミッドとスフィンクスをご覧頂きますが、

観光バスで連れて行かれ、説明を右から左にと聞き、写真を撮りまくり、
ああやれやれ! とホテルに戻ったカイロ2日半の模様です。
まだ、カイロ・バイ・ナイトと、ピラミッドの夜の光と音楽のショーが
残っておりますが、・・夜景は最後にやっつけますです。

最初の写真は、チッタデッラ・Cittadella・要塞と呼ばれる地区、
カイロの南東高台に当たり、ここに美しいモスクが2つ、
今見えるミナレットの、あのモスクに行きます。

1-145_GF.jpg



チッタデッラは伊語で、地図を見るとCitadelとありますが、
12世紀に作られた要塞で、どうやらギザの小さなピラミッドの石を
リサイクルで使ったというお話。

2-239_GF.jpg

首都が紀元後969年にカイロに建設される前は、
メンフィス、アレキサンドリアなどあちこち移住したといいますから、
12世紀のこの要塞は、いわばカイロの町の起こりなのでしょう。



上の写真の城壁をぬけてくると広場があり、壁の向こうに
こんな丸屋根が見え、何かと思ったら、貨幣鋳造所だったそう。

3-228_GF.jpg




広場の横、壁の上ににこんなライオン君がいて、
日本の神社の狛犬みたいですね。

4-153_GF.jpg

で、この間の道に入り込むと、



わぁ! と思わず声が出ました。  素晴らしい眺め!

5-154_GF.jpg



間の緩やかな坂道を歩きながら、圧倒的な存在感に威圧され。

6-156_GF.jpg



道の先を右手に。 ここに別のモスク、エン・ナジール・en-Nasirがあり、
先にこちらに入りますが、モスクに入るにはご存知のように靴を脱ぐか、
入り口で売っているナイロンの靴カバーを買って上から履きます。

7-158_GF.jpg



広い四角な中庭が広がり、周囲をこんな回廊がぐるっと。
たくさんガラスのランプが下がっていて。

8-163_GF.jpg



綺麗な明るい青の柄入り、いや、柄ではなく文字なのかも。

9-165_GF.jpg



14世紀の建設だそうで、柱頭の形も様々、ペルシャ風でもあるとか。

10-168_GF.jpg



このモスクは、何やらガランとした雰囲気ですが、要塞の城壁内に入るのに
切符が手渡され、検問所を通りましたから、
現在は完全に観光客の見物用なのかも。

鳩君たちが何かついばんでいましたが、今考えると、餌を貰っている
動鳥類を見たのはここだけで、鳩の羽色は、ね、いつもの色ですね。

11-169_GF.jpg



入り口からの正面奥に見えた部分。 柄大好き人間は、説明を聞かず
写真撮りに専念、何がなんだかご説明は・・。

12-174_GF.jpg

実は、見学したこのモスクの名を知らず、いくらなんでも、自分が見たモスクの
名前位は知らないと、と探していてご案内のn.1のモスクを見つけたのですが、
  カイロで一番有名な美しいモスク、スルタン・ハサン・Sultan Hasanモスク

この壁の壁龕部分、右の木の小さい塔の様な形がまるで同じで、
ただあちらはもっと豪華版、壁がすべて柄で埋まっていましたっけ。
       
この壁龕、隣の階段付きの木製の物が、何に使われるのか、
ちゃんと説明を聞いておくべきでしたぁ。

◆追記◆
これを読まれた方から、ご丁寧に教えて頂きましたのでここに追記を。
       
・壁龕:礼拝をおこなう方向:つまりカアバ神殿のあるメッカの方向を示すもの
・隣の階段付きの木製の物:これは説教壇.
金曜の昼に行われる集団礼拝のときなどに,階段状の部分に導師が座って
説教をおこなうためのもの.一番上には座らないことになってます。
という事で、 利根様、有難うございました!



アップでどうぞ。 石の柄は描いているのではなく、全てはめ込み象嵌。
凄いですねぇ!
      
13-175_GF.jpg



回廊部からの眺め、入り口部分と隣のモスクと。
  
14-178_GF.jpg

15-184_GF.jpg

右手前のミナレットの先端が、隣と違い丸い形ですが、これはペルシャ風なのと。



アップで。 先端の丸い部分で、やはり何やら文字が見えます。

16-180_GF.jpg

1番上に環というか三日月の形、下の部分が太い形が見えますが、
後にナイル上流域で見た三日月は、まさにこんな風に下側が太い形、
三日月が寝そべった形というか、
我々の見る縦になった形とは違うのでした!また写真をご覧頂きますね。



隣のモスク、ムハメッド・アリ・Muhammed `Ali.
イスタンブールのサンタ・ソフィア寺院をモデルに、19世紀建設の大変美しいモスク。

17-224_GF.jpg

ですが無知蒙昧な私なんぞ、ムハメッド・アリと聞くと、頭にパッと、
カシアス・クレイと閃き。  入り口は、写真の右側。



入り口から入ると、まずこの美しい中庭で、真ん中に泉、平和のオアシス、
後ろに見えるのは、フランス製の時計塔。

18-190_GF.jpg



こちらがその時計塔で、ガイドのナッセールの説明では、現在パリのコンコルド広場に
あるオベリスクと、交換した時計だそう。
で、オベリスクは今も健在ですが、まだ見た事なし、この時計はすぐに止まったそう!

19-194_GF.jpg

コンコルド広場で間違いないよね、とパリ知らずの私はまた検索、
で、ここのオベリスクが、ルクソール神殿からの物と知りました。
そう言えば、ルクソール神殿入り口には、オベリスクが1本しかなかったっけ。



内部はご覧の通り、ランプの明かりが花のよう!

20-196_GF.jpg

21-204_GF.jpg

22-206_GF.jpg

実際はもっと暗く、ランプのみが輝き、
あちらにもこちらにも、幾重にも環が広がります。



クーポラの内部は暗く、下に広がるランプの明かりと、ランプを吊るす鎖で
肉眼ではほんのりと見えます。

23-200_GF.jpg

24-203_GF.jpg

25-208_GF.jpg

で、思い切ってISOを上げて撮ったら、なんと素晴らしい模様がありました!
    


モスクの暗い内部から外に。
庭の端から、カイロの街の素晴らしいパノラマ!

26-214_GF.jpg

27-215_GF.jpg

28-217_GF.jpg



地図をどうぞ。 今回の旅行で行った部分に、赤印を。

29-1-050_GF.jpg

まずカイロ・Cairo、そしてギザ・Giza、実際はカイロの西に位置します。
カイロの下の赤い印2つは、左がサッカラ、右がメンフィス、
このブログで続けてご覧頂きます。

ナイル河上流の遺跡群については、次回のご紹介ですが、
カイロ見学の後ナイル上流のアブ・シンベル・Abu Simbel迄飛行機で、
神殿を見て後、再度アスワン・Aswan迄飛びました。

ここでダムや、既にご覧頂いたヌビアの村などを見て、
船でルクソール・Luxor迄下りながら、コム・オンボ・Kom Omboの神殿、
エズナ・Esnaの水門を。
  
ルクソールの一日は大盛りで、テーベ・Thebesのお墓や王家の谷、
カルナック・Karnakの神殿などを、で、イタリアに戻ったという日程でした。



ピラミッドは、ギザの町に近ずくと見えて来ます。
余りにも簡単に前方に現れるので、拍子抜けの感も。

29-2-542_GF.jpg

カイロ2日目の夜は、このギザ・Gizaまで光と音楽のショーを見に行ったのが、
風も強く寒くて寒くて!

暑い暑いと聞いていたエジプトですが、前日迄の30度を超す気温が
一挙に10度ほども下がった毎日で、風が強く日中でも寒く感じるほど。
本当にジリジリと焼かれたのは、最後の2日間のみでした。
       


ピラミッドに到着し検問所を通るのに一旦バスを降ります。
あっけなくと言いつつも、イザこうして実際に見ると、

イェイ、は~るばる来たぜ、ピラミッドォ~~。  やはり、美しい!

30-549_GF.jpg



またバスに乗り、ぐるっと回って行きます。

ギザのピラミッドは3つあり、頂上にかって覆われていた部分の残る、
真ん中のがカフラ、今手前に見えるのがクフで、
この2つは大体同じ大きさだそう。

31-552_GF.jpg



バスの中から見たクフ王のピラミッド。 石の大きさが良く分かりますね。
      
32-558_GF.jpg

33-577_GF.jpg

子供の頃、ピラミッドは三角形とインプットされて以来ずっと、
滑らかな三角と思い込んでおり、大人になって後、この石ごろごろ、
でこぼこ三角と知った時の驚き! そんな事を思い出しました



クフ王のピラミッド。 このピラミッドの中には入る事が出来ます。
はい、入りました。

34-587_GF.jpg

縦横1m20cmのトンネルが下って上ってと続き、いちばん奥には天井の
高い部屋があり、大きな石棺があったと。
というのも、狭い通り道よりも大きな石棺なので、ピラミッドが出来て後に
持ち込んだのではなく、その上に造り上げて行った、と聞いた記憶が。

まぁ、猫に小判、豚に真珠、馬の耳に念仏、豆腐にカスガイ、
ecc eccの体験でありましたぁ。



クフ王のピラミッドから少し離れた場所にあったこれ、地下墳墓の1つで、
中に入ると、警備員が下に降りて良い、というので暗い中を下に潜り込み、
       
35-607_GF.jpg

36-600_GF.jpg

入り口両脇にあるこの像からも位置からも、かなりの人物の墓
とは思うのですが、う~ん、これも猫に小判の類でありました。



観光ポリスは、ここではラクダに乗って。

37-562_GF.jpg



見遥かす向こうは、ず~~っと砂漠。

38-583_GF.jpg



真ん中にあるカフラ王のピラミッド。 

39-581_GF.jpg

やはりこれが一番美しい印象かな?離れたり、近寄ったり、
右に行き左に行き、眺めます。



左側の小さいのはメンカウラのピラミッドで、その奥にも小さいのが見えますが、
名前は?  なにせ、ピラミッドなる物は、100程もあるそうで。

40-602_GF.jpg



ピラミッド群の前をだらだらと少し行くとこんな様子。
すぐそこまで住宅が押し寄せているのですね。

41-604_GF.jpg

ここまでの街になるともうすでに取り壊しは無理ですし、下水設備が
行き届かずの汚染問題が、このピラミッドとスフィンクスの保存に大問題で、
現在ユネスコが取り組んでいるのだとか。

谷の向こうに広場があり椅子が並んでいますが、あそこから夜のピラミッドの
光と音楽のショーを眺めた訳で、

手前中程に見える丸い形、あれがスフィンクスの頭。



こんな風に、ラクダが歩く姿には風情を感じますが、
  
42-642_GF.jpg



ははは、結構大きなウンチを見つけました!

43-608_GF.jpg

という所で、次回に続きます。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****
コメントの書き込みについてのお願い。
ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント