・ n.2 カイロの街 見たまま ・ エジプト

先回釈明しました様に、書いた記事のバックアップがなく、
写真のみ残っていますので、驚きの目でバスの中から見た様子や、
バザールの様子などを、短い説明のみで見てやって下さいね。

バザールの中から振り返ってみる、ミナレット・尖塔。

1-323.jpg



絨毯の修理屋さん。

2-322.jpg



最初、この金属の丸いのが何か分からなかったのですが、どうやら灯の傘、
灯にかぶせるものと判明。 穴あきもあり、これは光がこぼれて美しいかも。

3-326.jpg

4-325.jpg

イスタンブールのバザールにもたくさん下がっていましたっけ。



ペタンコ靴、突っ掛け。 余りにたくさんあると値打ちが無い様に見えません?!

5-373.jpg



建物のアーチの内側に描かれた美しい物でした。

6-331.jpg



木製の、こんな細かい美しい飾りが残っていた店。

7-333.jpg



道端に座り込んでる靴磨きの小父さん。 こうして撮ると1エウロがお約束。

8-335.jpg



古いトンボ玉や、石や、様々のじっくり見たいものばかりでしたが。

9-336.jpg



顔写真の入った釦。 王様の肖像か何かかな。

10-337.jpg



貴金属か何かの高級品店だったと思いますが、店内の装飾も凄い。

11-340.jpg



バザールを抜けて行った所のモスクで、

12-356.jpg



その手前のポリ・ボックス。 如何にものポリ・ボックスで。

13-354.jpg



ほら、この一帯は人通りが少ないでしょう?

14-358.jpg



カイロの市中で、一枚だけ撮れた、人の写らない一廓!

15-360.jpg



はぁ、こういうのを着られるのですねぇ、女性たちは。

16-383.jpg



バザールの前で、団体一同が集まってバスを待ち、ホテルに戻りますが、

広場前のカフェの席。

17-395.jpg



土産物店らしき店前。 何でもありそう!

18-396.jpg


19-397.jpg



ピカピカ光る、小物~大物まで。

20-293.jpg



高架を走るバスの中から。

21-420.jpg

22-421.jpg



この店はちょっと高級そう。 店番の人用の椅子もちゃんと。

23-00.jpg



パンの配達。 昔は日本でも出前持ちがいましたっけ。

24-404.jpg

25-427.jpg



歴史に名の残る方だったと。 勿論ね。

26-411.jpg



バスの中から、皆が驚いて見つめた工事現場。 すべて人力!

27-439.jpg



野菜、玉ねぎかな、を積んだ荷車を引いていく驢馬君。 力が強いねぇ。

28-503.jpg



こちらも驢馬君。 車が走る横を進みます。

30-720.jpg



スイカを運ぶ馬君。 何千年も続いている荷車の姿なんでしょうねぇ!!

29-506.jpg



こちらはタクシー? 観光客用ではなさそうですが。

31-714.jpg



ポリ・ボックスも見える、道脇の焼き物売り。

32-513.jpg

33-514.jpg



団体の小学生高学年かな、色とりどりの布を頭に、はしゃいで見つめてくれ。

34-712.jpg



郊外に向い、

35-531.jpg



パピロの工場見学に。
葉っぱは、こんな風に、箒に使い、という事だったと。

36-716.jpg



3角形の茎はこんな長さに切って、水につけてふやかし、

37-717.jpg

38-715.jpg



叩いて薄くして、繊維を取るのだったと。

39-718.jpg



懐かしい顔でしょう?! かなり若い頃の顔、ムバラク首相。

40-870.jpg


私が行った次の年に革命がおこり、エジプト行きが暫く中止されましたので、
ちょうど良い時に行ったと思いましたっけ。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント