・ n.2 インスブルックの街 ・ 金の屋根、聖堂、博物館

引き続き、有難うございます!
インスブルックの街、旧市街訪問を続けます。

煌びやかな店の看板が目を引きますが、これは左に大きな葡萄を
担いだ男2人が見えるので、酒屋かな? それとも醸造所だった?

1-681_GF.jpg



さてさて、インスブルックの街のシンボルの1つと言える
「金の屋根」ですが、こんな風に建物から飛び出したテラスで、
      
2-684_GF.jpg



斜め向かい角には、こんな風にロココ式の凝った装飾の家
Helblinghaus・ヘルブリング邸、一般市民の住居だったと
いう豪華なのがあり、

3-679_GF.jpg



正面側に回ると、この様に!
       
4-694_GF.jpg       



ちょうどこの邸宅と金の屋根の前が広場になっていて、
大きなクリスマス・ツリーと、屋台店が立ち並び、大賑わい!!

その屋台店の並んだ間の上に上れる様になっていて、
上からの眺めはこんな風。 

5-780_GF.jpg

背後の建物はNeur Hof・チロル伯爵の邸宅として1420年頃に
建てられた物で、それにマッシミリアーノ1世が1500年の記念祭用にと、
1494~96年に取り付けさせた物と言います。
「金の屋根」と呼ばれる由来は、金を焼き付けた2657枚の
鱗型の銅の屋根板から来ていて、ご覧のように2層に。    




上階には、奥の壁にフレスコ画で、マッシミリアーノ1世と2人の奥方、
最初の妻マリーア・ディ・ボルゴーニャ(ブルターニュ)・Maria di Borgogna
と、再婚の妻ビアンカ・マリーア・スフォルツァ・Bianca Maria Sforza.
どちらがどの方かshinkaiには分りかねますが、

6-696_GF.jpg

マッシミリアーノの宮廷生活を描いた、という事から想像を逞しくし、
最初の結婚は幸せで上手く行き彼は2人の子を得ており、
2度目の妻とは上手く行かず、子供も無かった、というので、

左側のお付女官や書記官、吟遊詩人も混じっての賑やかなのが
最初の結婚生活、右側の鷲鼻の横顔の彼と女性一人のが、
ビアンカ・マリーアと想像を。
       
その下の木彫彩色部には、踊っている兵士達と、真ん中はやはり
マッシミリアーノの姿、そして2人の妻、の場面ですね。



蛇足ながら、2度目の妻ビアンカ・マリーア・スフォルツァというのは、
暗殺されたミラノ公ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァの娘で、
ルドヴィーコ・イル・モーロの姪。

22歳でミラノでの盛大な結婚式の後インスブルックに、大勢の
侍女やお付き次官たちを引き連れての行程に、ひょっとして
レオナルド・ダ・ヴィンチも混じっていたのかも。

というのも、最近になって彼の作かどうかと云われていた肖像画が、
真筆であると発表されたのを、皆さんも覚えておいででしょうか。

12-bianca maria.jpg

最初の妻にも劣らず美しく、彼よりずっと若い妻だったのですが、
マッシミリアーノはちっとも彼女に愛を感じることなく、
2人の間は冷たいままで、彼女はティロルの山の城で1人寂しく過ごし、
晩年は神経性の食欲不振に陥り、38歳の若い死、衰弱死だったと。

肝心のマッシミリアーノ1世、神聖ローマ皇帝にして、
ハプスブルグ家の隆盛の基となった彼に付いては、
最後に彼の廟を見ましたので、その時のご説明にしますね。       



下の部分は、真ん中に窓と、両脇にフレスコ画で旗手の姿が描かれ、
下に並ぶ紋章は、オーストリアとティロルの物と。

7-700_GF.jpg



で、バルコニーの軒下の部分には、
こんな風に、男達の姿が格子の角にうずくまり、
うXちをしたり、おしXこをしたりなんですねぇ、ははは。

8-706_GF.jpg

9-707_GF.jpg



この周辺は、まさに古い町の歴史がそのまま残る姿であり、
古い頑丈な飛び出した壁の角があったり、物見かな?

10-708_GF.jpg



この古い扉! 扉の右下の石だけ、すり減っているのにご注目を!
つまりこちら側の扉を、出入りに常に利用していた事なのですね。
      
11-711_GF.jpg
 
今回この古い地区を見てとても気に入ったのは、パステル・カラーで
美しく補修されているのですが、こういった古いものがきちんと使われ、
残されている事でした。

新しくモダンな新市街も広がる中心に、こういう一廓があるというのは、
自分達の町を誇りに思い、護って行く意志があるからですよね。
内側は出来る限り快適に改装しているのでしょうが、
重厚な歴史感を感じ、大変に心地良かったです!



狭い道を北に抜けて行くと、サン・ジャコモ聖堂・Dom zu St.Jako
があり、現在のは1717~1724年に建設されたもの。

13-713_GF.jpg

14-714_GF.jpg



内部のその絢爛豪華なバロック様式に見とれました!
はぁ、趣味ではないのですが、余りにも素晴らしく美しいと、ははは、
やはり凄いなぁ!と見蕩れますです。

15-717_GF.jpg

16-722_GF.jpg

良く見えませんが、上の写真の祭壇画の中央に切り抜いたように
別の聖母子像がはめ込まれているのが分りますか?
あれはルーカス・クラナッハの聖母子像なのだそう。



内陣の左右に、こんな風に御臨席があり、

17-723_GF.jpg

金色の双頭の鷲が王冠を持ち、両足に剣を構えているので、
あれま、尻尾で立っているの?と笑えるshinkai、ははは。



これは左側の翼部分にあったマッシミリアーノ3世の廟、17世紀。
近くの王室教会にあるマッシミリアーノ1聖廟に憧れて、と
ガイドさんの説明にあったと。

18-718_GF.jpg

19-728_GF.jpg



内部の柱装飾、誠に優雅で煌びやか!

20-729_GF.jpg

21-730_GF.jpg



入り口の上にあったオルガン。 オルガン本体は20世紀末に作られた
そうですが、18世紀初期のこの見事な箱の中に納められたのだそう。
      
22-726_GF.jpg

青緑の色も美しく、こういうのを見ると、わぁ~おと声が出ますです。



ついでに、王宮見学も。 ですが、もう朝の9時から始まった見学で
いい加減草臥れ、12時頃のこの時は、もういいよぉ、という感じ、はは。

23-736_GF.jpg

おまけに内部の写真禁止というので、広い舞踏室や、
様々の部屋を通り抜けただけ!



これは入り口にあった、展示案内の横幕。

24-740_GF.jpg

ガイドさんの言うには、この絵は日本人画家が描かれたのだそうで、
私は好きじゃない、との事。 でもこれはね、画家の趣味ではなく、
注文主の趣味、注文ですからね、へっへっへっ。



2階の廊下からの眺めを1枚。

25-741_GF.jpg

大きな舞踏室には、偉大なるオーストリア女帝マリーア・テレーザの
17人だったかの子供達の肖像画が並び、
その中には、マリー・アントワネット肖像もありましたっけ。



最後に見物したのが、ここ宮廷教会の隣にあった、
現ティロル民族博物館。
     
26-742_GF.jpg  



内部の、多分教会付属修道院の中庭で、

27-743_GF.jpg



ここで見たのは、マッシミリアーノ1世の記念墓所、廟。

28-772_GF.jpg

彼の遺体はここには無く、というのも、戦争に明け暮れした彼の
町への借金不払いが余りにも多く、滞在を拒否されており、
こういう当時からの市民勢力の強さを知ると、うふうふしますが、
せっかく愛する町に眠りたいという彼の墓所準備もむなしく、
ウィーナー・ノイシュタット、ウィーンの南に墓所があるそう。



この紋章の数々!  細部の細工の細やかさ!

29-745_GF.jpg

30-767_GF.jpg

31-763_GF.jpg

マッシミリアーノ1世(1459-1519)オーストリア大公、神聖ローマ皇帝、
ハプスブルグ家の隆盛の基を築いた人物でもあり、武勇に優れ、
芸術を愛し、10ヶ国語を話し。
まさに王となる為に生まれたかの様な人物で、ちょっとあれこれ読んだ位では
到底その人物を詳しくご紹介するまでには至りませんで。

が、ハプスブルグ家の家訓は、婚姻により領土を増やす事にあったそうで、
まさに自分もブルゴーニュ家の1人娘と結婚し、ネーデルランドも獲得、
子供達もスペインのカスティーリア-アラゴン家と結婚させ、 
孫に当るカルロス1世は、スペイン王、神聖ローマ皇帝となった人物、
という様に、隆盛を招いた人物だったのですね。

ヨーロッパの王室の関係の複雑さはまさにまさにで、今回も
あれこれ読み出すと、ちょっぴり名を知っている人々に
芋づる式にずるずると繋がり、興味が尽きませんでしたぁ。



中の棺の浮き彫り、マッシミリアーノの生涯を語る1枚。

32-764_GF.jpg



で、この棺を挟んで左右両脇に黒いブロンズ像が28体、
彼の生涯に影響、関連した人物像が、葬列に参加という様子で
並び、等身大以上の大きさの上、黒いので、かなりの迫力!
       
33-746_GF.jpg

34-747_GF.jpg


祭壇側は、こんな様子で、

35-751_GF.jpg



前側から見ると、棺の上にマッシミリアーノが、祭壇を向き。

36-749_GF.jpg



左側上部に女性達の像もあり、自身の2人の妻や、息子の妻も。

37-754_GF.jpg

足元には名が刻まれていたのですが、到底確かめておれず、
どれがどなたか判別できませんが、



こんな風に衣服の描写も凄く手の込んだもので、
でもブロンズ像で黒となると、やはりいかつい感じですねぇ。

38-762_GF.jpg



祭壇手前左右に2体ずつあったのですが、これは左側、どなたかな?

39-756_GF.jpg      

それがです、撮っていると、ヴァレーリアが近寄ってきて、
大変失礼な事に、ははは、



撫でると運が付くのよ!といいつつ、するっと撫でまして、
ほらね、もう既にかなり光っているでしょう?!

40-761_GF.jpg



ヴァレーリアは大体がちょっと変わった女性ですが、こっちに来て、
と言いつつ入り口近い左側の像の前に連れて行き、
ほら!と、このピカピカを見せ、

41-769_GF.jpg

マッシミリアーノ1世の息子「美男フィリップ」像だと言い、
「運が来る」と念入りに撫で回し、横の仲間の男性2人も大笑い!!
shinkai? 撫でませんよぉ、そんなものぉ!!



で、お笑いはもう一つ、彼女が撫でたのはお目当ての像ではなく、
こちらが肝心の「美男フィリップ」王なのでしたぁ!! きゃはは。
       
42-771_GF.jpg



最後に不謹慎な教会内事件でしたが、ははは、
漸くにガイドさんから解放され、お昼を食べ、買い物をし、
       
早くも日が傾きかける冬の午後、インスブルックの街に別れを告げ、
戻り道を辿ったのでした。
    
43-790_GF.jpg
  
長いご案内にお付き合い頂きまして、有難うございました!
お楽しみいただけましたように!!



最後におまけの、クリスマス・カードを。
皆様、ブオン・ニャターレ!!

buon gnatale a tutti.JPG

良いクリスマスをお迎え下さいね。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg    

*****
  
コメントの書き込みについてのお願い。
ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント