・ 発見のモニュメント ・ ポルトガル、リスボン 

今日はポルトガルはリスボンの西の地区ベレン・Belémにある
「発見のモニュメント」をご覧下さいね。

いやぁ、毎回あちこち飛びまわりたい訳ではないのですが、
ヴェローナのドゥオーモかお城を、と用意しつつもイマイチ気が乗らず、
結果、大航海時代を開いたポルトガルの男達がわんさかいる、
ははは、この記念碑の背後の青空を思いだし・・、という訳です。

写真はベレン地区に向かうバスの中からの4月25日橋、約2kの長さ。

1-736_GF.jpg

対岸に見える腕を広げたキリスト像は、
ブラジル、リオ・デ・ジャネイロの山上にあるもののレプリカ。

海の様なイメージを持つ大河テージョが緩やかに蛇行してゆき、
リスボンの街と対岸を繋ぐ橋は、この4月25日橋と、
上流側のヴァスコ・ダ・ガマ橋の2本。

ヨーロッパで一番長いと言われる17kに及ぶヴァスコ・ダ・ガマ橋については
n.2 リスボンの新地域 ・ 町の新しい顔
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/474011914.html



西に向かい、やがて見えてくる「発見のモニュメント」

2-742_GF.jpg



ベレン地区には、1枚の写真に収まらない程の大きな
このジェロニモ修道院も、

3-746_GF.jpg



有名なベレンの塔もあるのですが、
今回は1枚づつだけでパスし、次回に、ね。

4-866_GF.jpg



ベレンの塔前からこんな風に見える4月25日橋と、
手前左に「発見のモニュメント」。

5-893_GF.jpg



こんな風にカラヴェッラ帆船、15~17世紀にかけポルトガルやスペインで
使われた3本マストの快速帆船、の舳先を模したもの。

6-895_GF.jpg



後ろから近ずくとこんな風な形で、高さは52mと。

7-906_GF.jpg

中程までエレベーターがあり、その後は階段を自力で、はい、
塔の一番上まで上がれ、パノラマを堪能できるそう。



船の両側には、ポルトガルに大繁栄をもたらし、世界地図、地球の形への
認識を大いに改めさせた、大航海時代の男達の姿が居並びます。
こちらは東側、先頭に立つのはエンリコ航海王子。

8-1-911_GF.jpg

テージョ河に舳先を向けた形のモニュメントですが、現在のこれが
作られたのは1960年、エンリコ航海王子の没後500年を記念しての事。

それ以前にも同様の記念碑があったようですが、粗雑資材での
建設で崩壊の危険もあり、この記念年を期しての再建設だった様子。
船型部分はセメントですが、両側の人物像は白い石像。



背後の突堤には、この羅針盤を模した大理石のモザイクがあり、
「薔薇の風」と呼ばれる円形の直径がなんと50m!
写真はウィキペディアから拝借で、

8-2-rosa.jpg



こちらも拝借の写真で、中心にある世界地図の様子を。

9-px.jpg

白く描かれたシダの葉型、と、なんの気なしに「シダの葉」と書いたのですが、
シダの葉に何か意味があるのかも知れませんが、
航海に関連する、羅針盤の中のブルーの部分なので、
ひょっとして「海草」を現わしているのかも!と気が付きました。
どう思われますか?
 


如何、この大きさなのです、 全体をご想像下さい!

10-924_GF.jpg



で、はい、我が日本国は! 許容範囲の姿かなぁ・・?!

11-1-907.jpg



帆船も見え、shinkaiの頭も写っていますが、ははは、
日本の下に見える数字1541は、ポルトガル側からの日本発見年で、

11-2-908_GF.jpg

我々は1543年に、種子島にポルトガル人が鉄砲を伝来、
と学んでいますが。



人間像の細部をご覧頂きますが、東側から、前半分をまず。
       
12-912_GF.jpg

先頭に立つ、手にカラヴェッラ船を持つのがエンリコ航海王子(1394-1460)



こちらがポルトの街で見かけた大きなエンリコ王子のタイル装飾、
教会の壁にあったものですが、

13-1-570_GF.jpg

大航海への熱い情熱を持ち、航海士たちへの資金提供をし、
大航海時代の到来を招いた人物としての評価ですね。



もう1度写真をご覧頂き、2人目はアフォンソ5世・AfonsoV(1432-81)
エンリコ航海王子の甥にあたるポルトガル国王で、
航海への資金提出をしたと。

13-2-912_GF.jpg

3人目がヴァスコ・ダ・ガマ(1460-1524) アフリカ南岸を経ての
インド航路を開拓、ポルトガル海上帝国の大繁栄の基礎を築いた人とでも。

頭だけ見える方を除き、手前に全身が見える4人目は、
ペドロ・アルヴァレス・カブラル(1467-1520)ブラジル発見者。
ポルトガルの大繁栄は、ブラジルそしてアフリカに植民地を持ったのに
由来しますが、そう、この方が発見者。

5人目がフェルナン・デ・マガリャンエス、はい、フェルディナンド・マゼラン
(1480頃-1521)、初の世界一周航海を成し遂げたものの、
自身はフィリピンで戦死という。



後ろ半分をどうぞ。

14-913_GF.jpg

紋章の付いたのを持っているのが、アフリカのコンゴ発見の
ディオゴ・カオン(1450–1486)
       
後ろから2人目十字架を胸に、手を合わせているのが、1549年日本に
初のキリスト教伝道のフランシスコ・ザビエル(1506頃-1552)
    
   

では西側の全体をまず見て頂きまして。

15-916_GF.jpg

私がなぜこのモニュメントに興味を持ったかと言いますと、
こちら側の真ん中から下辺りに僧服が2人、
上の1人は十字架を高く捧げ持っているのですね。
あ、坊主がいる、(失礼!) 神の名の下に、侵略を大いに励ました
輩に違いない、と名前を知りたくなったのでした、はい。



エンリコ航海王子の後ろに屈む人物は、
エンリコの弟フェルナンド聖王子(1402-1443)
聖王子と呼ばれているのは、モロッコ遠征に出かけて捕虜となり、
獄死して後、カトリック教会より列福されている為で、
       
16-917_GF.jpg

そうですね、大航海時代と言うと華やかな大冒険のイメージが沸きますが、
植民地を求めての大航海で、戦争、残虐な殺戮も大いにあった訳ですね。



航海士、数学者、天文学者などが続きますが、中程にパレットを持った
画家の姿! ヌーノ・ゴンサルヴェス、15世紀後半に活躍の画家と。

17-919_01_GF.jpg

その次がカモンイス、又はカモイーシュ(1524年頃-1580)
ポルトガル史上最高の詩人と謳われますが、

彼が謳った  ロカ岬 ・ ここに地が果て、海が始まる
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461067791.html



その後ろに僧服2人が続き、フエレイ・エンリケ・カルバーリョ、
(フェルナン・ゴンサロ・デ・カルバーリョ)と言い、神学者というのですが。
続くもう1人の名が見つからず、

18-920_GF.jpg

王冠を戴く女性が1人、この方はエンリコ航海王子、フェルナンド聖王子、
後ろに控えるコインブラ公ペードロ達の母君、そして東側にいるアフォンソ5世の
祖母に当たるドナ・フィリパ・デ・レンカストレ(1359-1415)と。

英国ランカスター家出身の王妃で、ポルトガル王ジョアン1世との婚姻での
嫡子達が優秀で、ポルトガルを繁栄に導いた、という事で、
ここに唯一の女性像なのかも。

最後は上に名が出たコインブラ公ペードロ(1392-1449)
最初に名を知った時は少し驚き、あれこれきちんと名前を調べる元にもなりました。
       
はい、私のブログに何度か名前が出ておりますが、覚えておいででしょうか?
フィレンツェ、ルネッサンス期の彫刻家デジデーリオ・ダ・セッティニャーノを。
コインブラ公ペードロは彼の実の父親で、デジデーリオは庶子の為
フィレンツェ近郊の石工の家に養子に出されたと、
森下典子さんの「前世への冒険」に。
デジデーリオ・ダ・セッティニャーノという彫刻家をご存知ですか?
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/464150494.html
       
コインブラ公ペードロは旅行好きで外交官を務めていた様子で、
イタリアはフィレンツェのみならずヴェネツィアにも勿論、トゥレヴィーゾにも
来ている事を知り、驚きつつもなんとなしに親近感を感じたものでしたが、

エンリコ航海王子の兄にあたるのに気が付かず、知らずにおり、
・・なにせ同じ名がめったやたらですものね、と言い訳、
当然東側2番目にいるアフォンソ5世王の叔父、というのに結びつかずで。
幼い王の即位に関し摂政を勤め、後に反逆罪の名の下で戦死、       
というので、こちら側の一番しんがりの位置に、と思いますが、

ポルトガル王家の歴史まで手が届かず、知らない事ばかりで、
時々芋づる式にこうしてずるずると出てくると・・!!
       
n.1 オビドス ・ ポルトガル
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/473960774.html



カモイーシュが「ここに地が果て、海が始まる」と歌った
ロカ岬からの大西洋の海。
この海の先を目指し、彼らは出かけて行ったのでした。

19-324_GF.jpg



最後はサイトから拝借した、美しい写真をどうぞ。
海の先は落ち込んでいて、誰も戻れないかも、という恐怖と闘いつつ、
夢と欲を持ち航海に出かけて行った男達の姿を想像できるような。

20-rte.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント