・ n.1 リスボンの新地域 ・ 街の新しい顔 

「ポルトガルのリスボン」と聞き即思い浮かべるのは、
あの哀愁に満ちた音楽ファドであり、古い市街地アルファーマ、
狭い坂道を壁に触れんばかりに揺れながら走る市電、
壁の装飾タイル、等などではないでしょうか。

つまりぎっしりの歴史が詰まった古い街ですが、
今日はそれとは違う新しいリスボンの顔、ちょっとした未来都市
の様な、1998年のリスボン万博開催地跡の、街の東側に広がる
広い敷地の現代的な建物、駅、ショッピングセンター、
スタジアム、公園などをご覧下さいね。

1-419_GF.jpg

自分は古い物が大好きな古い人間ですが、ははは、
ですがぁ、いざ行きましたらばぁ、斬新で爽快、ちょっと目を見張る
デザインにも関わらず、
かっての歴史をも思い起こさせる面白さに魅せられ、
広々とした新しい空間も楽しみ、たくさん撮りましたので
皆さんにも、あの日の青空をお届けしようと。

上の写真は、ポルトガル旅行最後の半日を過ごすべく、
バスで街中のホテルから東の地区に向かう途中。



バス待ちのベンチかな、朝の陽の中ののんびり感。

2-418_GF.jpg



さて、こんな感じで、近づいた事がすぐ分かるのですけど、
このデザインから受けるイメージも、
やはり波をかき分けて進む船の舳先でしょう?

3-425_GF.jpg



奥に見えるのも、やはり船。
ポルトガルは今も経済の荒波の中、大航海の真っ最中かも!

4-440_GF.jpg

手前のビルの文字に暫く考えましたが、
CASINO LISBOA・リスボンのカジノですね。
ASINOでは、ロバになりますけんね、ははは。



タイルの色違いの、こんな円錐柱が通りの角毎にあり、

5-444_GF.jpg



時にテージョ河に向けて開ける空間は、爽やか!の一言
奥に見える橋が、ヨーロッパ一長いという、ヴァスコ・ダ・ガマ橋。
明日改めてしっかり見て頂きますね。

6-446_GF.jpg



万博跡地の再利用ですので、きっと各国レストランもある筈で、
後ろの建物には、ピッツア、パスタと見え、 

7-460_GF.jpg



ボクとお祖父ちゃんの足元には、SEMPRE・センプレ・いつも
というイタリア語も。

8-461_GF.jpg



我々のバスはぐるっと地域を回って見せてくれた後バス駅に駐車、
一同放し飼いに。

で、こんな風に上の通路に上がり、さて探訪に。

10-468_GF.jpg

上の通路に上がった途端、これらが誰の設計かすぐ分かりました。
なにせヴェネトに住む人間、ヴェネツィアの大運河のあの第4の橋
カラトゥラーヴァ橋を知っていますからね、
あれと同じ素材を使っているのですもの。

橋については、こちらの最初に。
n.1 埋もれた島の蘇り ・ ヴェネツィア、チェルトーザ島
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463621428.html



1番奥にバス駅があり、そこから鉄道駅に接続し、
こんな風に駅の構内が広がります。
ガイドの説明によると、この駅から飛行場に繋がり、ご覧の様に
一帯にホテルもレストランもあり、大変に便利になったのだと。

9-467_GF.jpg



言葉や発音は分からないものの、
何を現わしているかは分かりますよねぇ、ははは。

12-470_GF.jpg



見上げるホームがこんな風に見え、

13-471_GF.jpg



上がって見るとこんな様子。
どこか、新幹線のホームの様でもあり、こちらの方が広々ですが、
なぜか神戸・須磨間の空気のイメージも受け。

14-474_GF.jpg



駅構内のコンクリートの骨組み構造。
伸びやかで面白いと思ったのですが、少し薄暗かったかな。

15-477_GF.jpg



新しい構築物の面白さ、この巨大感。
無機質感と色と、光と陰と。 

16-478_GF.jpg



駅を通りすぎて出て来ると、通りの向こうは大ショッピング・センター。 

17-479_GF.jpg



通りを渡り、駅を振り返るとこんなデザイン。
やはり船の竜骨の様でもあり、鳥の羽の様でもあり。

18-480_GF.jpg



で、ショッピング・センターに入った途端に見た屋根というか、
通路の覆いの上を流れる水。 これには皆ちょっとした驚きの声!

19-481_GF.jpg



ショッピング・センターはこんな様子の3階建てで、ブルーの屋根の
上を水が流れ、光が揺らぎ、あちらこちらと通路が渡り、

20-487_GF.jpg



通路も例の素材を使った半透明橋で、人々が渡る姿も
面白さを添えます。

21-483_GF.jpg

が、実際は歩くのに少し滑りやすく、こういう館内だと問題無いかも
しれませんが、ヴェネツィアの様な外の橋では、雨の日など
問題が大きい様子。



かなりの店数で、全体はこんな風。
あのポスターのお姉さん、まさか5エウロでは? ははは。

22-489_GF.jpg

真ん中には、インターネット・ポイントも見えますが、
お寿司屋さんも、というのを後で知り、残念でしたぁ!



で、ショッピング・センターを抜けてくると、
まさにかっての万博会場で、広い広い公園。

23-490_GF.jpg



この日は平日の木曜でしたが、たくさんの人で賑わい、
単なる観光客だけでなく、新しい憩いの場所としても
街の一地区として定着している様子を感じました。

24-491_GF.jpg



リスボン万博 ’98 の記念。

25-494_GF.jpg



なんとも清々しい良い形だなぁ、と思ったビルを
ショッピング・センターの前から。

26-492_GF.jpg

このビルは右と左に2つあり、青空に良く映え、
所々にあるリボンの吹き流しも趣を添え。



1番上をアップで。 そうか、網状になっているのか、と納得。

27-495_GF.jpg



各国紹介のパネルが並ぶ中に、日本を見つけました。
ジャパ~オかな、発音は?
ね、こうして見ると、極東の地であるのを再確認しますね。
  
28-500_GF.jpg

という所で、この続きはまた明日ご覧頂きますね。
海かと思う程のテージョ河の眺めも、お楽しみに!

         
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    s2019誕生日 - Copia.jpg    

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント