・ コインブラ、夜の探訪をご一緒に ・ ポルトガル

ポルトガル北部、古くからの街コインブラ・Coimbra.
ポルトガル最古の大学もある、如何にも古都の趣が漂う
美しい街でしたが、到着の夜の夕食後、
何人かのグループで探訪に出かけました。
既に夜9時半頃、無事戻れるようホテルから1人が地図を貰い、
せっせと歩いて大通りに出て、そこから狭い横道に。

1-770_GF.jpg

写真を撮りつつ、置いて行かれぬ様、何せ皆脚がはやい!
コンパスの違いかとも思うのですが・・、はぁ、
どこを歩いているのか、どこに向かっているのかも分からずに、
とにかくついて歩きまして、
ですから街の地図もまたのご紹介の時に、という事で、
翌日に、ああ、そうだったか、と分かった場所のみ書きますので、

皆さんも、夜のコインブラ探訪に出かけたおつもりで、
見慣れぬ風景を、手ぶれの写真にも我慢して頂いて、ははは、
お楽しみ下さい!

上は、近くに迫った祭日用に、飾りつけられた小路。

そうそう、ポルトガルの音楽ファドの古典に「コインブラ」を
歌ったのがありますので、まずは街の雰囲気をどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=LqB8RAPC9QM&feature=fvsr

歌詞を。
 コインブラは憧れと伝統の教室
 手本は一曲の歌であり 光は大学 本は一人のご婦人
 知り 自習するものだけが試験に通る 思い出を 
 
 ポプラ並木のコインブラは
 依然として ポルトガルの愛の都 依然として・・
 コインブラはかって麗しのイネスの物語に
 涙でかき曇らせた
 かくも心根の優しい歌の
 我らの赤裸々の心に訴える歌のコインブラ
 学者のコインブラ
 我らの為の愛の泉の歌い手
 それはコインブラ お前だ
 コインブラは憧れと・・
はぁまぁ、大変良く分かる訳ですが、大体こんな感じと。

「麗しのイネスの物語に」とあるのは、
王家の愛の物語 アルコバッサ修道院 ・ ポルトガル
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/473914109.html



こんな狭い小路をどんどん行き、一帯のお店はみな閉っていて、

2-771_GF.jpg



こんな風に階上に建て増し、というのが
今回あちこちで見かけたポルトガル風!

3-772_GF.jpg



出て来た広場の教会、サンチャーゴ教会・São Tiagoと
今は分かっておりますぞ。

4-773_GF.jpg

12世紀に溯る古い教会で、正面はこの様に残されていますが、
中はロココ様式のゴテゴテキンキラキンだそう。



この広場が細長くカーヴしながら奥に続きますが、
商業広場・Praça do Comércioと呼ばれる広場。

5-774_GF.jpg



こんな風に細くて高い建物がびっしりと繋がり、なんと7階まで!
表は修復されていますが、元は中世のままと分かります。
多分、エレベーターなんぞはないでしょうねぇ!

6-779_GF.jpg



そのまま広場の奥に進むと、学生のコンサートが始まる所で、
ええ、ちょうど土曜の夜だったのですね。

7-781_GF.jpg



奥に見える教会の手前の石段を上り、この教会の名は
分からずですが、ほら、時計が10時前を指しているでしょう?

8-783_GF.jpg



ちょうど広場のコンサートが見下ろせる良い場所が見つかり、
既にかなり歩いて来たので、ここでコンサートを見物、はは、
聞くのではなくて、様子を見れるかと思いましたら、

9-784_GF.jpg

shinkai、行くよ!とお声がかかり、ワンちゃんみたいにとことこ
後について。
で、出たのがこの目抜き通りRua Ferreira Borges.
この辺りは翌日行ったり来たりして、お馴染となりましたが、
コインブラの下街で1番の繁華街のよう。

10-785_GF.jpg



そこからこんな古いアーチを潜り、どんどん上に!
このアーチも翌日陽の光の下で落ち着いて見て、
ガイドブックにもあるアルメディーナのアーチ・L'arco di Almedina
と分かった次第。

11-787_GF.jpg



とにかく坂道! 石段! が続き、写真を撮ろうとちょっと止まると、
即shinkai!と呼ぶ声、ウロチョロする飼い犬扱いなのですう!

アーチを潜り、左に折れ、この辺り、学生らしき若者たちが
うじゃうじゃ騒いでいて、

12-789_GF.jpg



屋外のバールの席も、まだまだ賑やか。

13-790_GF.jpg



そして、また石段!

14-793_GF.jpg



またまた、細い小路の石段!

15-794_GF.jpg



とどめの一撃、いや石段!!
暗くてよく見えない石段ですが、置いて行かれぬよう、
哀れなワンちゃんは、はは、必死でついて上ります。

16-795_GF.jpg



これは振り返って見た様子。
分かります? 角度を変え続いていて、はぁはぁはぁ、

17-796_GF.jpg



で、出ましたのがこの要塞の様な大教会前広場。
旧聖堂だそうで、翌日中を拝見しましたが、
かっての繁栄を思わすタイル装飾が残っておりました。

18-797_GF.jpg



広場も緩やかな傾斜地にあり、
周囲のバールもスーヴェニール店もみな閉り、

19-802_GF.jpg

20-804_GF.jpg



いるのは我々8人と学生らしき若者たち数人、
と、このワン君。 彼は丈夫そうな脚と、頑丈そうな顎。

21-805_GF.jpg



ここから戻るかと秘かに望みましたが、
まだまだ坂道を上って行くのです、我が連れの連中は!

で、街を眺めおろせるような広い広場に出て、

22-813_GF.jpg




それも何やらドンチャン騒ぎをした後の様な広場で、
立派な門だけ写したのですが、

23-815_GF.jpg
       
見えます? 鉄柵にも衣類がぶら下っているし、
広場にも散らばっている様子が。



遠くの新市街の大きなアパート群も見え、
下街が文字通り脚下に広がります。
写真では色が出ませんでしたが、空の色が深い藍の良い色で。

24-816_GF.jpg



上の門をちょっと回り込んだ下にはこんな塔を持つ建物があり、
要塞跡かな、などと皆で想像したのですが、       

25-820_GF.jpg

なんと、ここがコインブラの街の一番高所にある
ポルトガルで一番古いコインブラ大学だったのですね!
大学の創立は1290年、ヨーロッパでも最古の大学のひとつで、
大学がある事が、このコインブラの文化的な面を
大いに助長させたと言われます。

翌朝バスで街の観光に出かけ、ここに来た時には
既に広場は綺麗に清掃され、昨夜の狼藉跡は何も残っておらず、
・・日曜と言うのに、この辺りがイタリアと違うよねぇ!!

うん、これ以上高い場所はないね、とやっと仲間連中も納得、
漸くに暗い坂道を下り始め、
そうか、高上がりをしたがる連中だったか!



これは旧聖堂の脇の扉。 こちらが正面より素晴らしい様な。

26-823_GF.jpg



広場の暗い陶器店内。

27-825_GF.jpg



せっせとまたあの石段を下り、大通りに出る
アルメディーナのアーチの上から。

28-826_GF.jpg



目抜き通りを抜けて行くと、バンドの音楽が聞こえます。
まだ広場のコンサートが続いていて、別の仲間グループの
一群にも出会い、

29-827_GF.jpg



既に11時半ごろ!
ホテルに戻ろう、と広場の端まで来るとこの警察官。
POLÍCIA と胸の上に書いてあるのを見て、むずむずっと、はは。

30-837_GF.jpg

前からはいけないだろうから後ろから、とカメラを構えましたら、
さすが敵もさる者、左の年配の方がくるっと振り向くので、
背中のこの字を、と自分の背中を指さしつつ手真似と共に言うと、
正面向きに。 パッシャと写し、グラーツィエ!と言いましたら、
彼はおう、とあの太い腕をちょっと上げてくれ。 

隣にいたジュリアーナが呆れて、
あんたはヴェネトの女よりも酷くなってる、と、ははは。
という様な事で、またせっせと歩き、
真夜中前に、皆無事に夜間探訪を済ませホテルに。

夜歩いた時は地理も何も知らずについて歩いたのですが、
これが翌日結構役に立ち、落ち着いて見物できました。

閉っていたコインブラ大学の鉄の門内にも入り、
素晴らしい図書室や聴講室も見れましたが、
残念な事に撮影禁止で、余り内部写真も見つかりませんが、
またご案内致しますね。


◆*◆

今年の夏は暑くなったかと思うと、雨が嵐がやって来て、
例年の様にお天気が一定しませんで、
こんな事は30年振りと天気予報で言っていたそうで、
となると、私が知る前のイタリアですね。

1ヶ月半前から山の家に行っているセルジョが電話をくれ、
殆どが雨の日で、奥の方では雪も降ったとか。
流石にあちこちに出かける元気も出ないと見え、
暇つぶし出来る相手がやって来るかと、様子伺いの電話を
呉れたようですが、雨の山に行ってもねぇ!
       
今朝も、太陽が出ているからと屋外のプールで体操、
最初はそうでもなかったのが、徐々に手や足指の感覚が無くなり。
時に涼しさを通り越す今年の夏で、

例年だと何度か作る冷やし中華風スパゲッティも、
まだ出番なし、暖かい味噌汁を作ったりしています!
皆さんも体調管理にご注意を!
      
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント