・ n.1 モナコ公国  ほんのちょっぴり、駆けめぐり

昨年の初夏、プロヴァンスにグループで行った時は、
我が町コネリアーノからのバス旅行でした。
       
フランスへの道 ・ 689キロの道のり
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461109871.html

朝5時に出発、休憩やお昼を挟み正午過ぎに国境を越え、
午後2時頃モナコ・Monacoに到着、

1-961_GF.jpg

フランス人ガイドと落ち合い、街の中心をちょっぴり歩きましたが、
今日はその様子をご覧下さいね。

モナコ公国なんぞは、私めには生涯縁の無いお金持ち用の国で、
こういうチャンスでないと足を踏み入れる事もないでしょうし、
その意味では、見れて良かったと思っています。
       
写真の数はいつも通りの数ですが、はは、見せたがり屋でして、
ほんの軽い説明で、お気軽にご覧下さいね。

上と次の写真は、高速道路からモナコが見えた時。
やはり一種独特の美で、バスの中で皆が わぁ!と声を上げ、
立ち上がって眺めました。
この日は朝からの曇り空で、それが少し残念でしたが。

2-966_GF.jpg



高速から出て、市内に。

3-968_GF.jpg



モナコ公国一番の中心部。
手前の城壁に張り出している部分が王宮で、
奥に見える白い大きな建物が、モナコ海洋博物館。

4-975_GF.jpg



素晴らしい色のブーゲンビリアが咲き誇り、

5-977_GF.jpg



狭い街中の道に入り、見上げる建物群。

6-985_GF.jpg

7-988_GF.jpg



港には、豪華ヨットがずらっと並び、クルーズ船も見え、

8-992_GF.jpg



上から見えた城壁の下に辿り着き、ここからぐるっと回り中心に。

9-996_GF.jpg



港の眺め。 何を見ても、何やら映画のシーンの様で。
港の向こう真ん中下部分、アーチの坂道が見えますが、
ほら、あそこがF1のモナコ・グランプリで走り回る道。

10-000_GF.jpg



地下の駐車場にバスが入り、エレベーターで上に、
そして少し歩いて着いたのが、上から眺めた海洋博物館前。
窓の上に船の舳先が飛び出した飾りが、分かりますか?

11-1-003_GF.jpg

11-2-005_GF.jpg



入り口。 真ん中に見える男性は、ジャック・クストー・
Jacques-Yves Cousteau.
右に切れて見えるのが、現在のモナコ君首アルベルト2世。

12-008_GF.jpg

実は左にはアルベルト2世の祖父、アルベルト1世の写真があり、
そこには1910年とあり、どうやら100周年記念だったよう。

この入り口前でガイドが長々と説明したのが、
モナコ公国の成り立ちやら、海洋博物館にかける2人の情熱、
つまり祖父は海軍出身の海の冒険家で、その関係もあってでしょう、
海洋学者であるジャック・クストーがこの博物館の館長をも務め、
盛りたてた様子で、祖父と孫は大変良く似た性格なのだとか、云々。

フランス語訛りのイタリア語の説明で、あまり関心の無い話題で
殆ど覚えておりませんで、・・すんまへん、お終い!
    

   
入り口にモナコ公国の紋章が見え、蛸の足が絡んだり、クラゲが浮いたり、
横には魚も見え、内部の水族館を見れた方が面白かったかも。

13-009_GF.jpg

14-1-011_GF.jpg



入り口脇に、懐かしい方の写真が。
麗しのグレース王妃に、ご説明申し上げているジャック・クストー。
こちら手前は、レーニエ公。 

14-2-012_GF.jpg



市内観光のバスが回って来て、この形はモダンですねぇ。

15-004_GF.jpg



我々は隣接の植物園に連れて行かれ、

16-018_GF.jpg



世界中から祖父殿が収集の、珍しい植物などを拝見させられ。

16-018_GF.jpg

17-033_GF.jpg

そうそう、日本の鯉がいるという小さな池がありましたが、
網が被せてあって見えないのですね。
なぜというと、カモメが来てさらってしまうのですって!      



まぁ、私には珍しいサボテン等よりも、

18-036_GF.jpg



こんな眺めの方が。埋め立てられて造られた居住区だそうですが、
屋上の緑が見えるかな?

19-020_GF.jpg

20-040_GF.jpg

モナコはどんどん新しくなり、いつもどこかが工事中で、
狭い土地の大活用という事で屋上に庭園を造り、
緑の面積は大変広く、どこやらの2倍とかガイド嬢が自慢して
おりましたが、車とヨットの数の比較は、どうなんだろ?!

という所で、今回は終わりにし、n.2に、お進み願います。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント