・ n.2 南仏 カマルグ ・ 野生の大平原と、民衆信仰と

引き続き有難うございます!
南仏カマルグの海辺の町サント・マリー・ド・ラ・メールのご案内を続けます。

毎年5月24~25日に行われるお祭りの様子をガイドブックの写真でどうぞ。
 
s27-021.jpg

説明によると、ヨーロッパ中からジプシー達が彼らの黒い聖女サーラの
お祭りに集まり、24日はサーラの像が海に浸かるまで行き、
25日には、2人のマリア像もこの様に海に運ばれるのだそう。



サント・マリー・ド・ラ・メール教会正面も、物見の塔のついた要塞風。

28-907_GF.jpg



古い教会を見た後、昼食を食べに皆それぞれに仲間と良さそうな所を探します。
       
せいぜい2階建ての低い家並みが、細い迷路式の路地を挟んで立ち並び、
土産物店とレストランで埋まっています。

29-908_GF.jpg

30-915_GF.jpg

31-913_GF.jpg

写真には殆ど人が写っていませんが、これは大嘘で、実際は観光客がウヨウヨ!
で、そういう場所は見通しが利かず、やむを得ず人のいない場所を撮っている訳で。

イタリアの例えばヴェネツィアのムラーノ、ブラーノ等を想像して頂くと感じが
良く似ていますが、ちょっと香辛料が違う、とお考え下さいませ。
時間があれば、じっくり土産物店も覗きたい所。 買う買わないに関わらず、
これが楽しみですよねぇ。 でもいつも急ぎ足で・・。



見かけた、「ル・ジタン・ジプシー」という馬でのカマルグ・サファリの案内。
う~ん、時間があればねぇ、馬に乗れればねぇ。

s32-914.jpg

フランスとはいえ、カマルグは大変にジプシー色の濃い地域で、
以前「ジプシー・キング」というグループが流行りましたが、
彼らはこのカマルグ出身だったですよね。
       


で仲間と選んだ場所は、やはりジプシー色の濃いレストランで、
火の見える窯があり、カマルグのハートがついた十字架もあり、

33-902_GF.jpg



写真省略しましたが、黒牛の頭部はく製もあり、
年に4回行われるという闘牛のポスターも見え、但しスペインと違い殺傷せず、
角の間の花飾りを取るのだとか。

34-899_GF.jpg



期待に、空腹に満ちて待ったお昼は、小イワシの焼いたのに、ペペロナータ・
ラタトゥイユ、ご飯、またはパエーリャの魚介と鶏のミスト、グラス1杯のビール、
これで12エウロぐらいだったと。

35-897_GF.jpg

36-903_GF.jpg

37-904_GF.jpg

焼きたてのイワシも、ペペロナータもとても美味しかった!
今回のプロヴァンスでの唯一の食べ物写真で、これも、撮って!という希望が
あったからで、いつもは即お口に、という慌ただしさでしたぁ。



サント・マリー・ド・ラ・メールという地名だから、きっと海が見えるに違いない、
shinkai見に行こう! とエレオノーラがバスの時間直前に言いだし、
よっしゃ、と大急ぎで、こちらだろうという方角に狭い道の観光客をかき分け進み、
遂に道の向こうに見て納得。
       
これは戻りのバスの窓からの一瞬に。
例え隙間からの眺めでも、海は、魔力に満ちていません?!

38-917_GF.jpg



町の端をぐるっと迂回して来た道を戻りますが、
こんな風に要塞兼教会が聳えているのが望めました。

39-923_GF.jpg

古代中世には、聖人聖女たちが海からやって来ましたが、
脅威のイスラム人もやはり海から来たのでしたね。



昼食後には雨もやみ、時に陽も射すお天気となり、
たくさんのピンク・フラミンゴを見る事ができました。

40-928_GF.jpg

42-939_GF.jpg

43-943_GF.jpg



干潟の広がるカマルグ一帯は国立自然公園でもあり、狩猟や植物収集が
禁止され、塩性植物の宝庫であり、そして約400種の動物が棲息しているそう。
少なくとも323種程の鳥たちがいて、渡り鳥の休憩地としてヨーロッパで最大級。

44-947_GF.jpg

シロサギ、アオサギ、コウノトリなどは一般的で、アカサギ、オオシロサギなども。
そして冬には15万羽以上のカモもやって来るそう。
他には、コガモ、ヘラサギ、ダイシャクシギ、オナガカモ、クロガモ、の名が
挙がりますが、やはり主役はピンク・フラミンゴ。



ピンク・フラミンゴは子供の時は白い羽なのが、食料にする干潟の海老のせいで
赤い羽になるのだとか。 

45-949_GF.jpg

46-951_GF.jpg

47-956_GF.jpg

一時巣を作らない数年間があったとかで、原因研究もされ、新しい土地も
確保され、現在は3万羽以上が、夏に北アフリカからやって来るそう。
夕方、列になって飛ぶ美しい姿は、カマルグならではとの事!



ピンク・フラミンゴと並ぶカマルグのもう一つの名物は、
カマルグ・I Camrguesとズバリその名で呼ばれる白馬。

48-955_GF.jpg

白からグレイの毛皮を持つ、少し小柄の耐久力に優れた種で、
黒牛の群れの管理や観光客の遠足に働きます。

最初に飼育したのはジューリオ・チェーザレ(シーザー)と言われ、
ナポレオンは軍隊に徴用、その耐久力と勇気に褒め言葉を惜しまなかったと。



背中にトキが乗馬しているのを、実際に見れて満足ですが、
馬達が平原の中を歩く時に飛び立つ昆虫類を捕捉するのだそう。

49-960_GF.jpg

50-962_GF.jpg



道脇の溝にはまり込んだお車。 狭い道のカーヴで、この2日前に
大被害のあった大雨での事故でしょうか。

51-972_GF.jpg

昨年の私めの、免停1ケ月の痛い思いを忘れぬためにも!



こちらは白い馬と共に有名な、カマルグの黒い牛。

52-981_GF.jpg

53-980_GF.jpg

54-983_GF.jpg

スペインの闘牛の牛の角が前に向かって生えるのに対し、角が上に向かって
生えるのが特徴とか聞きましたが、スペインの牛よりも攻撃的で、
生後1年経った時に焼き印を押すのだそう。

こうして見る姿は遠くからでも雄々しく、やはり怖そう!
こんなのが前からドドドドッと来たら? 来る前にとっとと逃げますよねぇ。
       
      

広い広い大平原のカマルグ、動物達もいろいろ見れ、満足して戻ります。
フランスはやはり広~~い!!

55-988_GF.jpg

         
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント