・ サルデーニャ島のパン ・ 生活を彩る伝統

今日のご紹介は、旅行雑誌「Bell'Italia」Mondadori出版の
記事と写真で、サルデーニャ島に伝わる美しいパン、

1-3450.jpg

宗教行事、誕生、結婚、お葬式等など、その行事の折々に
家の女達の手で作られ、生活にリズムを与えているパンのご紹介を。



最後に地図を載せますので、場所の確認をして頂くとして、
この、サンタンティーオコ島の美しいパンを、まずどうぞ!

・ サンタンティーオコ島のパン  
これは島と同名の聖人サンタンティーオコ・Sant'Antiocoの祭日
(今年は4月16日、復活祭の2週間後)に捧げられるパン。
あちこちに、金片が散りばめられているのが見えます。
       
2-3700.jpg

最初の写真にも見られるように、これを作るのは家庭の主婦、
千年にも及ぶ、伝統を伝える女達の手によります。



基本の形はハート型。 金属片を刻む様に彫り込みを入れます。
材料は、粉と水と醗酵菌と、そして代々伝えられた、古くからの知恵。

3-3600_sh01.jpg



麦の穂 にも似て。

4-3600_sh02.jpg



花咲き開く、枝。

5-3600_sh03.jpg



小鳥も見えます。 そして最後に金の小片がちりばめられます。

6-3600.jpg



リボンで飾られたパンを、誇らしげに見せる島の女性。

7-3700_sh01.jpg



捧げられたパンのうち、最も美しい物がこの様に、聖人アンティーオコ像の
冠とされ、聖遺物と同じ扱い、を受けるのだそう!

8-3700_sh02.jpg

サルデーニャ島は、言葉も、文化も独特のようですが、
ここに見える男達の服装も、やはり違いますね。



・ こちらは フォンニ のパン  
同じサルデーニャ島でも、所により随分の違いが見られるようですで、
こちらはフォンニ・Fonniのパン。6月24日サン・ジョバンニ・バッティスタの
祭日に捧げられる、大きなトルタ。

9-3804_sh01.jpg

100もの小鳥達が5層になってトルタを囲みます。
材料は、セーモラ・ふすま、そばかす、蜂蜜、アーモンド。
下部のトルタ部分は、ご覧のように各色のリボンで飾られます。



トルタ上部、小鳥たちの様子。 真ん中の巣には3羽の雛が見えますが、
このちょっと変わったパンの意味については、たくさんの論争があるとの事。

10-3804.jpg



・ セディーロ のパン  
こちらは、セディーロ・Sediloのパン。
復活祭に作られる、ゆで卵を入れる形になります。
  
11-3902_sh02.jpg 



これは籠の形をかたどっていますが、サルデーニャの伝統として、
全島で再生を現すゆで卵を使ったパンが作られるそう。

12-3902.jpg

材料は常に、セーモラ、水、塩、醗酵菌。
作られる形は、子供たちには大体、おもちゃの形で、
女の子には、胸に卵を入れた人形を、
男の子には、家畜とか、子馬の形とか。



・ ヌオーロ のパン  
ここでは、ヌオーロ・Nuoroのパンと言うよりも、「サルデーニャのパン」と
言うべき、「カラサゥ・carasau」のご紹介を。
2度焼きした、パリパリの、キツネ色した保存のきくパン、です。

13-4005.jpg

本来は、硬質麦を昔ながらの方法で挽いた粉を使うそうですが、それと、
醗酵菌は水に溶かしたもの、そして小麦粉。 他は一切なし。
写真で見る粉は、如何にもサラサラとして、硬質麦の粉そのもの。

家でこのパン作りに取り掛かるときは、3~4人の主婦の手が要り、
夜、まず窯に火を入れることから始まり、
そして十字を切り、なぜなら、パンは神からの贈り物だから。
そして、次々と手順どおりに運ばれます。



水に溶かした醗酵菌を加え、煉られ、小さい丸い形に、そして、
それが大きな円形にされ、1度窯で焼かれます。
       
14-4104.jpg

それがこれですが、これで十分に美味しいものの、保存がききません。
で、この様に縁を取り去ると、平たい2枚に分かれるのを、
更に、もう一度、窯で焼きます。

ビスコッタート・biscottatoとも言い、これはイタリアの一般家庭でも
余ったパンをフォルノに入れて焼く、 「bi」つまり2度、の意味で、
そうすると、カラカラになり美味しく、日持ちがします、この要領ですね。



・ ボッティッダ のパン
ボッティッダ・Bottiddaで、6月16日サンタントーニオ・アバーテ・
Sant'Antonio Abateの祭日に作られる、パンです。

15-4216_sh01.jpg

材料は、セーモラと水のみで、醗酵菌も、油脂もなし。
円盤型にのばされ、ハート型が4つ切り抜かれ、
それを材料に、花と、野原と、牧場の様子が作られ、飾り付けられます。

左側に、羊飼いらしい人形と、動物のような形の飾りが見えますね
縁も切り取られ、曲げられ、2世代の女達の手によって作られるこのパンは、
聖人の旗飾りの上に載せられて、騎士の行列に加わり、
護衛のパン と呼ばれます。



サルデーニャ島の地図、ご紹介した土地の位置関係をどうぞ。

16-4433.jpg

今日ご紹介のパンは、宗教行事に関連した特別なパンが多かったですが、
それ以外にも、単に、毎日の食事のパンのみでなく、
生活の行事があるたびに、家中の女達が集まり、時に、親戚の女達も
巻き込んで、テーブルを取り囲み作るようで、
まさにサルデーニャの古い田舎の文化、伝統がこのパンに息づいている様です。



・ サンタンティオーコ島の港  真っ青な海と、空。

17-4433_sh02.jpg

この島は地図でご覧のように、サルデーニャ島の殆ど南側に位置し、
かっては、フェニキア族の支配下に置かれた歴史を持ち、
古代カルタゴ人の墓地もあるとか。
 


・ 織物芸術博物館
サムゲオ・Samugheoにある織物芸術博物館の作品。
麦の穂が、モチーフになっていますね。

18-4433_sh01.jpg

後に、染められた糸も見えますが、これは植物染めの糸と。
以前TV番組で、サルデーニャ島の植物染めをしている場所が出て、
その時は、どこか分りませんでした。
が、糸の色が、日本の植物染めの色より大変に鮮やかで、印象深く残り、
一度、訪れてみたい場所です。
       
この博物館のサイトはこちら。
Museo Unico Regionale dell'Arte Tessile Sarda
http://www.gooristano.com/museo-arte-tessile-sarda-samugheo

他に、http://www.iddocca.it
こちらにもサルデーニャの情報がたくさん。 お楽しみ下さい。
     
 
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント