・ イタリアの 秋の色と味は

こちら北イタリアはかなり涼しくなって、日中も30度を越えない日が
多くなっていますが、ニュースでは中部から南イタリアは猛暑の様子!
そして日本もまだまだ暑そうですが、

今日は季節を少し先取りし、「イタリアの秋の色と味」を
旅行雑誌 WEEKEND & VIAGGI の写真でご案内です。

・茸採り

1-14_sh01_t_t.jpg

秋、というと、やはり茸!
勿論日本でも秋の味覚ですが、こちらでは法律により、
茸を採集して売るには確か許可証が必要だったと。
       
写真の籠に中に見えるプックリの茸は「ポルチーニ」ですね。
おお、生の美味しいのを食ってみたいもの!!



・タルトゥーフォの採集は

2-23_sh01_t_t.jpg

茸の王様「タルトゥーフォ・トリフ」の採集には、この様に、
それ用に訓練されたワン君と一緒に。
ですから、こうしたワン君もお値段が張ります!

タルトゥーフォの採集許可証は必須で、
14歳以上で、最初の免許には試験があり、
5年ごとの切り替え、1年に約100エウロ前後の税金を。



・タルトゥーフォのお値段は

3-23_sh02_t_t.jpg

このシニョーレは難しい顔で秤に掛けていますが、
それもその筈、タルトゥーフォのお値段は、
黒が、もし200-250エウロ・キロとすると、
白は、400エウロ・キロ だそう! 倍の値段ですね。



・タルトゥーフォ 

4-23_t_t.jpg

はい、こちらが、そのお高いタルトゥーフォ。
上が「白」で、なんと1キロ1500エウロと読めますが、
上の説明とえらい違い!!
       
この辺が、私には分りかねます。
特別に素晴らしい白タルトゥーフォで、この値段なのか、
それとも上の説明は単なる例えなのか・・!
相場をご存知の方、お教え願います。

白の美味しい食べ方は、肉でも、魚でもカルパッチョによく、
ええとつまり、上から薄片にしてかける事ですね。
一方、黒はソースに入れるのが最高と。
これも、喰ってみた事の無い私には、なんとも。 ク・ヤ・チ・イ!



・ガルダ・トレンティーノ・9月

5-53_t_t.jpg

ガルダ湖のトレント側で、ほぼ9月いっぱい開かれる催し、
クーラ・デルウーヴァ・Cura dell'uva,
またはドイツ語で、Traubenkur。  どう発音する?
かっての伝統と味を再発見し、自分自身のリラックスをも、
自然の方法で行おう、という趣旨のよう。

ホテルでは、各人にあった療法も指導、
土地の料理とワイン、時代物の馬車での散歩、
中央ヨーロッパのダンスの夕べ 等などと。



・ガルダ湖西部、 バゴリーノ 1 

6-49_sh01_t_t.jpg

ガルダ湖西の山岳地には幾つもの谷があり、土地特有の
古い味の伝統が、今もかってのままに伝えられている様子。
これはその1つ、バゴリーノ・Bagolinoに伝わる、
バゴッス・Bagossというチーズ。

もはや伝説とも言えるチーズで、ここバゴリーノでのみ伝統に従い作られ、
飼料に含まれる独特の香草が入った濃厚な、時に辛い味のチーズだそう。



・ガルダ湖西部、 バゴリーノ 2

7-49_sh02_t_t.jpg

バゴッス・チーズの販売所。
       
9月中旬から11月半ばにかけて幾軒かのレストランが、
バゴリーノの位置するヴァル・サッビアの土地の味をテーマにした
夜定食を味あわせてくれるとの事。
     
     

・マントヴァ   9月初めから12月初めまで

8-52_t_t.jpg

カボチャ祭り!
マントヴァ周辺はカボチャが名産品で、周辺のアグリトゥリズモや、
農場において、スコルパッチャーテ・ディ・ズッカ・・カボチャで満腹
という催しが行われます。

ただ食べるだけでなく、料理教室や良く知る為の講演会などなど。
実際、カボチャの効用はよく言われますが、ガン予防にも効くそう!
はい、しっかり食べて、元気で長生きね。



・マントヴァ周辺  1

9-25_sh01_t_t.jpg

ガルダ湖に発し、マントヴァの街の北側で大きな湖ともなるミンチョ河は、
少し南西にくだりポー河と合流、東に流れアドリア海に注ぎます。
水と、霧で有名なマントヴァですが、

写真はポー河が氾濫、土手下のポプラの林が水に浸かっている様子で、
秋によく起こるのだそう。



・マントヴァ周辺  2

10-04_t_t.jpg

説明には、土手下、ポプラ並木の羊の群れ、と。
如何にも、秋の色、雰囲気が漂いますね。



・マントヴァ周辺  3

11-25_t_t.jpg

ポー河での釣りだけでなく、たくさんの運河が周囲を流れ、
特に秋には釣りが盛んだそう。
釣れる魚は、ティンカ・ヨーロッパ産の鯉科、
カルパ・鯉、 ガンべリ・ダックワ・ドルチェ・淡水の海老、など。



・マントヴァ周辺  4

12-28_t_t.jpg

秋の空はもはや深い霧に覆われ、太陽は引き裂かれそう。
奥には農家が見えます。



・マントヴァ周辺  5

13-48_sh01_t_t.jpg

マントヴァ産のサラーミの数々、貯蔵庫に吊るされ、熟成されます。

イタリア語でのサラーメ(ミ)は、日本語のサラミソーセージと違い、
何種類もの種類を含めての総称です。



・マントヴァ周辺  6

14-48_sh02_t_t.jpg

今、「ポレンタ」の出来上がり!
      
この炉の炎、高く上がる赤い色。 天井から下がる手作りのサラーミ。
そして老夫婦。 懐かしく、そして、胸にしみる想い。



・マントヴァ周辺  7

15-48_t_t.jpg

パルミッジャーノ・チーズの熟成。
そして、手作りのカボチャのトルテッリーニ。



・モンテ・ローザの麓   ヴァルセージア   

16-35_t_t.jpg

スイス国境に近い、ピエモンテ州のヴァルセージアの谷。
写真は、ヴァルセジーアの高所アルペッジョ・Alpeggio.

アルペッジョというのは夏季の高地放牧地の事で、今 すっかり秋の色。
そう、この柔らかい彩が、イタリアの黄葉の色。
夏ここで放牧された家畜は、雪が来る前に、下の村の家畜小屋に戻ります。



・フリウリの色、味  1

17-17_t_t.jpg

ニッコリと豚ちゃんの腿を抱える、でっぷりのシニョーレ。
食道楽のフリウリでは、何軒ものレストランが豚肉製品の、
これにはサン・ダニエレの生ハム、サウリスの燻製の生ハムも含まれますが、
   
フリウリ伝統の味を味あわせてくれるとの事。
勿論お供は、白ワインの辛口トカイ! これも、フリウリの定番。



・フリウリの色、味  2

18-03_sh01_t_t.jpg

葡萄畑の秋の色。 フリウリの土地の傾斜に対し
平行に栽培されている葡萄畑。



・フリウリの色、味  3

19-03_t_t.jpg

殆ど、スロヴェニア国境に近い「コッリオ」の地域のワイン貯蔵庫。
ロッカ・ベルナルダ・Rocca Bernardaというお城の、
味の洗練さを増す為の貯蔵庫と。



・秋の味の王、タルトゥーフォ

20-00_t_t.jpg

最後は、もう1度タルトゥーフォで。
ウンブリアはペルージャの近郊ヴァルトピーナ・Valtopinaで、
11月の中下旬に、お祭り市と、幾軒かのレストランで、
タルトゥッフォを使った料理が食べられるとの事。
ええ、これはやはり一度は食べてみん事にはね!
     
食欲の秋も間近。  皆さん、ボナアッペッティート!!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント