・ ヴェネツィアの冬 ・ 霧の朝

昨夕、美しい夕暮れの空を見て後鎧戸を閉め、夕ご飯の後に表に出ると、
一転して深い霧がひしひしと・・。 そして今朝も霧!
       
と言うからではないのですが、はは、今日は昨年12月中旬のヴェネツィアの、
霧深い朝の様子をご覧下さいね。

写真は宿のすぐ脇の運河。 奥に見えるのはギリシャ正教の教会鐘楼で、
時間は朝の7時ごろ。
      
1-216_GF.jpg
 
前日の   霧深きヴェネツィア ・ 冬の夕暮れから夜
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/472983575.html

ヴェネツィアの、クリスマス・イルミネーション
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463739686.html
       
ヴェネツィア全体のご案内は、こちらから
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460835393.html



まだまだ夜が開けきらないスキアヴォーニ河岸。
ヴァポレット・水上バスの停留所の灯りが霧ににじみ、

2-217_GF.jpg



ピエタ教会もこんな感じ。

3-219_GF.jpg

男性ソプラノ歌手による、・ ピエタ教会のコンサート
http://italiashinkaishi.seesaa.net/archives/20110611-1.html

A.ヴィヴァルディが洗礼を受けた教会と、その周辺を
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463740577.html



サン・マルコ広場の方に歩くにつれ、少し明るくなり、
・・でも運河の向こうは、霧だけ! な~んにも見えず!!

4-225_GF.jpg



ヴィットリオ・エマヌエル2世国王の碑。
う~ん、この霧ではねぇ、前進も難しいだろうねぇ・・!
       
5-226_GF.jpg



少しブレ写真ですがご容赦を。
ちょうどヴァポレットが通りかかり、一瞬霧の中に光が溢れ、

6-228_GF.jpg


       
ヴァポレット停留所前の掲示板。

7-230_GF.jpg

霧のため、 1行目  この線は平常どおり
      2行目  区間により運行停止
      3行目  大運河航行 OK
      4行目  運行停止  eccecc



エディーコラ・新聞雑誌等の販売所 の明かりが暖かく、

8-232_GF.jpg



右はかっての牢獄の建物で、向こうがドゥカーレ宮。
霧の中に見える明かりと街灯がとても暖かく。

9-233_GF.jpg



荷物船は既に働いており、

10-237_GF.jpg

11-245_GF.jpg



ちょうど牢獄の建物の明かりが消え、・・うう、寒いよぉ!

12-243_GF.jpg



ドゥカーレ宮と牢獄を繋ぐ、溜め息橋もまだ少しぼんやり。

13-249_GF.jpg



まだこの時間、観光客は殆どおらず、はは、shinkaiを除き。
はい、この写真を撮っている方がお1人。

14-250_GF.jpg

15-253_GF.jpg



ドゥカーレ宮南面と、上の裁きの女神像。

16-254_GF.jpg

17-264_GF.jpg



鐘楼もすっかり霞み。

18-265_GF.jpg



いぇ~い、長年ヴェネツィアを撮っておりますが、
この位置からの眺めで観光客なし、というのは初めてぇ!!

19-281_GF.jpg

2本の円柱上に居られるのが、左は鰐の背の上の聖テオドール、先の守護聖人、
右が有翼のライオン、現守護聖人サン・マルコで、



はい、鰐の尻尾と、ライオン君の尻尾。

20-280_GF.jpg

21-273_GF.jpg



霧に霞むドゥカーレ宮。 いつもと違い、本当に静か!!

22-290_GF.jpg



サン・マルコから西に河岸をそのまま進みます。
サンソヴィーノ図書館の壁のこの広告、
はぁ、イタリアでは空軍の宣伝もこうなりますの、はい。

23-291_GF.jpg



ヴァポレットが到着すると、お勤めの方、学生がぞろぞろと降りて来て、
急ぎ足で去って行き、

24-292_GF.jpg



ヘミングウェイも通ったという「ハリーズ・バー」。
shinkaiも、我らの仲間も入ったことないと、ははは。

25-294_GF.jpg



はい、いつもはこの背景にデッラ・サルーテ聖堂が立ち塞がるのですけど、
運河の向こうはまるで見えず・・!

26-295_GF.jpg



小路に向いてのホテル、クリスマスの飾り。

27-297_GF.jpg



サン・マルコ広場の方に戻ります。
広場もすっぽりと霧に包まれ、広場中央を通る人もちらほら。

28-303_GF.jpg

29-304_GF.jpg



が、既に仕事は始まっていて、荷の運搬、そして左官仕事のお兄ちゃん。

30-324_GF.jpg

31-311_GF.jpg



コッレール博物館の入り口。

32-312_GF.jpg

33-313_GF.jpg



サン・マルコ広場北側のポルティチ、観光客が2人。

34-315_GF.jpg



霧に霞む時計塔の上。

35-329_GF.jpg

時計塔探訪 ・ ヴェネツィア、サン・マルコ広場
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463622959.html



ドゥカーレ宮正面からの全体は、霧のため見えずで無し。
もっともまたすっぽりと修復の覆いが架かっていたのですが、
イスタンブルから獲ってきた黄金の馬4頭も霞み!

36-330_GF.jpg



小広場の方では、手前に写真を撮っている観光客が見えますが、
他の急ぎ足の方々は、ヴァポレットから下りたお勤めの方。

37-331_GF.jpg

運河の向こう、まだな~んにも見えず! でも少し空が明るくなってきていますね。



ドゥカーレ宮回廊の明かりも消え、

38-332_GF.jpg

39-334_GF.jpg



回廊の下、鳩たちがプックリと胸を膨らませ、まだじっとうずくまったまま。

40-338_GF.jpg

41-341_GF.jpg



8時半頃、朝食に宿に戻りますが、ここは最初に見て頂いた運河と鐘楼、
漸くに朝の明るさ!

42-348_GF.jpg



杭の上のカモメちゃん。 チャオ、霧が深いね、今朝は!

43-349_GF.jpg



朝食の後チェック・アウトし、ヴァポレットで大運河をサンタ・ルチーア駅まで
往復して戻り、既に11時頃だったと。
漸くにぼんやりと太陽が見え、

44-571.jpg



最後は、漸くに一瞬煌く波とゴンドラを。

45-679_GF.jpg

皆様、良いクリスマスをお迎えくださ~い!!
ブオン・ナターレ!!       


◆ お知らせ ◆
我が絵の師である二木さんが、ご自分の課題とされていた
ピエロ・デッラ・フランチェスコの「出産のマドンナ」、彼は「懐妊の聖母」と
呼ばれますが、についての、様々な考察を4回にわたりブログにアップ。

絵の謎を、そして技術的なことも分り易く解説される大変素晴らしい内容です。
どうぞご訪問され、ご一緒にピエロの絵の面白さ、奥深さを愉しまれるよう、
ご案内申し上げます。




*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント