・ n.2 グリマーニ邸  ・ ヴェネツィア、ルネッサンスの館

ルネッサンスの宝石箱の様な素晴らしいヴェネツィアの館、
サンタ・マリーア・フォルモーザ広場からすぐの位置にあるグリマーニ邸、
現在は博物館、の豪奢な邸内を引き続きご覧頂いております。
       
こちらの部屋も名前が分からず・・。

28-984.jpg



展示されていた壁画の一部は、リアルト橋脇にあるかってのドイツ商館、
長らくヴェネツィアの中央郵便局だった、そして未来の商業センターに
なると言われているあのフォンダーコ・デイ・テデスキの正面、運河側の壁を
飾っていたと言われるジョルジョーネのフレスコ画の一部、ヌード像。

29-986.jpg

ご覧の様に損傷がひどく、この部分だけなのが残念ですね。
で蛇足ながら、商館の脇壁の方はティツィアーノという、
当時の画家の格付けを現わすエピソードも。



柄が大好きな私は、暖炉の陶器の渋い柄に魅かれ、

30-989.jpg



こちらは別の部屋の暖炉。


31-023.jpg



部屋の奥に通り抜けできる細い部分があり、入って見ましたら、
これは化粧部屋というか、お風呂トイレ部分だった様子。
壁も天井もすっかり美しく埋め尽くされた贅沢さ、優美さ!

32-991.jpg



窓の隙間から覗くと、建物の正面玄関の前を流れるサン・セヴェーロ運河の
向こうに細い路地、で、も1つ運河、その向こうにサン・ロレンツォ教会。

33-017.jpg



こちらは食事の部屋・Sala da pranzoで、天井画のモチーフは鴨や魚。
まぁ意図は分かるのですが、こういうのを見ながら食べて、
食欲が湧くのかなぁ? どう思われます?

34-996.jpg

35-997.jpg



通路の扉の向こうに惰円形の螺旋階段が見え、サイトの案内には
パッラーディオ風・パッラーディオの、という形容詞がついているのですが、
正確には意味が分かりませんで。

36-001.jpg

37-210.jpg

下の写真はサイトから拝借で、この階段は多分召使たち専用と。



大理石の色と柄を上手く使った装飾があちこちに。

38-003.jpg

39-004.jpg



大広間と書いてあるサイトと、ドージェ・アントーニオの部屋、と
説明してあるのと両方ですが、重々しさと優美さの部屋。

40-006.jpg

41-ani.jpg

下の写真はサイトから。



また別の窓から覗く庶民の世界、ははは、ですが、この大きな教会名が
分かりませんで・・。

42-012.jpg

* 追記です *
「ヴェネツィア ときどき イタリア」のfumieveさんが、北の位置にある
サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会、と教えて下さいました。
有難うございました!



赤色が美しい、優雅なアポロの間。

43-014.jpg

44-013.jpg

45-016.jpg



床は大理石柄以外には部屋によって色と柄が違うのですが、
こんな風に色を塗り特殊な加工、ポンペイの壁画でご紹介した
エンカウストという方法、上から蝋を塗り込む方法に似ているらしいのですが、
パステッローネ・ヴェネツィアーノ・pastellone venezianoと呼ばれます。

46-021.jpg

47-027.jpg

       

この白と金で装飾された天井の部屋は、カッリストの変身の間・
Stanza delle Metamorfosi di Callistoと呼ばれますが、
まるで説明を聞いておらず、ご容赦!

48-025.jpg

49-035.jpg



で、柄の角に光る小さなものは、

50-034.jpg

鏡を、というよりも凸面の金属が嵌め込まれているのでした。



奥の部屋には、訪問当時展示がされていたカナレットのデッサンなど。

51-029.jpg



こんなフレスコ画の装飾も残り、

52-036.jpg

53-037.jpg


如何でしたか? なんとも素晴らしいグリマーニ邸の内部で、裕福な
ヴェネツィア貴族の生活を垣間見れる素晴らしい館。 
n.1の最後にご案内の「ガニメーデ像」の部屋のすべての壁龕に
像が収まっている写真も見つけ、

お時間のある方、是非見学を、とお勧め致します!

月曜: 閉館   火曜~日曜: 10時 ~ 19時
(閉館は1月1日、12月25日、5月1日 サイトには表示なしですが、2019年末時、
大概の美術博物館は閉館ですので、お出かけ前にお調を)



*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント