・ n.1 標高1000m、 森林とアルプス植物園

今月16日、雨続きのお天気が漸くに晴れ間を見せた朝、写真仲間と
一緒にカンシーリオの森と平野・Cansiglio、と、アルプス一帯の植物を
集めた植物公園・Giardino Botanico Alpinoに行って来ました。

1-417_GF.jpg



まず地図をどうぞ。 コネリアーノからだと40kほどで、1時間弱の行程ですが、
上りの傾斜がきつく、おまけにやたらカーヴが多い道。

2-glio_GF.jpg

自分一人で運転していくには好みではありませんが、ははは、
仲間5人で車2台に分乗なので、座っていればOK!
我が家の前で拾ってもらい、喋っているうちに到着。

車の免許を取ってすぐの頃、運転練習で出かけた事がありますが、
その時のご案内は。 ヴェネトの奥には、まだ雪が ・ カンシーリオの森
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462783728.html



こちらはサイトの、現在国有林であるカンシーリオの森一帯の地図で、
植物園の位置が分りますね。

3-alpi.jpg

薄い緑色のPian del Cansiglioが広々とした平野で、
植物園のある一帯の黄緑色は林というか、一般人が散歩できる小道や
ピクニックの場所もあります。

ジョヴァンニの写真で。 ヴェネトの奥、カンシーリオの森 晩秋風景
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465415971.html



カンシーリオの平野に到着してすぐの南の端辺り。
乗馬を楽しむ人々の姿も遠くに見え、

4-01_GF.jpg



少し向こうの平野には、草を食む乳牛たちの姿。

5-121_01_GF.jpg



平野をぐるっと囲む森林。

6-125_01_GF.jpg

平野にはバール・トラットリア・アグリトゥリズムが何軒かのみで、規制されて
いるものと。 森林警察のパトロールが回っているのも見かけます。



バールで元気付けのカフェを1杯やり、少し奥に駐車し植物公園まで歩きます。

到着が9時半頃だったと。 雨が続いていたのと、この一帯は大変に湿気の多い所
だそうで、朝日が射し込み温度が上がりかけ、ぼうぼうと靄が立ちこみます。
   
7-128_01_GF.jpg
    
この写真、草原の緑色、靄のかかる林の濃い緑色、綺麗でしょう?!
と、お褒めを強要する、ははは、自画自賛なのですが、
実は今回初めて、RAWの設定で撮ったのですね。

重たい、後の整理が大変というので、RAWで撮らないとダメとジョヴァンニにも
勧められながらも踏み切れなかったのですが、
5月に出かけたトスカーナの緑がやはり思うようには出ず、遂に思い切ったという訳で。
で、結果は、はぁ、もう、大快感!! こんなに緑色の出方が違うとは!!
藤色、紫色なども出しやすい事でしょう。

・・それにしてもやはり整理に時間がかかり、既に2週間近くたつのに、
375枚撮った内の70枚ほどはまだ未整理で、あああ~!



植物公園への道をそれ、ちょっぴり林の中に入り込みます。

8-137_01_GF.jpg

ジョヴァンニはこの一帯の常連で、良く知っていますから、こちらは足元のぬかるみと、
苔に滑らぬよう気をつけつつ、彼の後ろについて行きます。



ね、ちょっと神秘的でしょう?!

9-141_GF.jpg



足元はこんな感じに、すべてびっしりと苔で覆われ、

10-142_01_GF.jpg



所々射しこむ光に、緑色が本当に美しく浮かび上がります。

11-155_01_GF.jpg

12-152_01_GF.jpg

が、1人では到底入り込む勇気はないですね、ははは。



公園への道を辿っていくと隣の牧草地を、もぉぅ~、むぉ~と大きな声で
鳴きながら、牛達が皆、前を行くシニョーレを追いかけて行きます!

13-157_01_GF.jpg

こちらの端にいた白黒も、何なんだぁ~、もぉう~、と文句を言いつつ、
のように聞こえましたが、ははは、それでものそのそ追いかけて行くのですね。
何があるんね?!と言いつつ、



こちらも緩やかな傾斜道を辿り、

14-160_01_GF.jpg



牛たちが集まっている角まで行き、意味が判明。
つまり先頭を歩いていたシニョーレは飼い主兼牛たちの友人で、
何か貰えるかと後をつけていた、という事なんですと・・。

15-167_01_GF.jpg



それにしても、そばで見ると本当に彼らは大きい!!
そしてね、どっちのお目めを見て話したらよいか、分らないよぉ!

16-165_01_GF.jpg



さてこちらが、植物公園に入った場所からの眺め。
敷地はそう広いとも思えませんが、かなり奥深く、各植物の好みの地域を選び、
自然発生的に育てている、という感じ。

17-168_01_GF.jpg

奥の山に白く見えるのは、雪ですって。



最初は真面目に1種写すと、横の標札も写していたのですが、
到底追いつかずと悟り、ははは、じきにお花だけを好きな様に・・!

蜂たちがせっせとお仕事中で、

18-1-177_GF.jpg

18-2-210_02_GF.jpg



可憐な花も、

19-1-179_GF.jpg

19-2-229_GF.jpg



横からだと、まさに動物的に見えるのも!

20-184_01_GF.jpg

21-185_GF.jpg



入り込んで踏まぬよう、適当に仕分けられ、

22-202_01_GF.jpg



散々に噛みとられ、影絵のよう!

24-213_GF.jpg



大きな、殻が5cmほどもの大カタツムリ!

25-216_GF.jpg

ジャンナが歩いていて一つ踏み潰し、ははは、グシャッ!!と大きな音に、
ひとごろしぃ!と叫ぶshinkai。



既に赤くなった小粒の実もあり、

26-221_GF.jpg



リンドウかな? 横線 背が高く2mほどにも。

27-228_GF.jpg

◆ ミ~タさんがあれこれ調べて下さったそうで、
これはキキョウに近い種ではないか、との事です。 有難うございます。



これは何処にでも咲いていますよね? ヒメジオンだったっけ?

29-237_GF.jpg



名前は知らないままですが、ウンブリアの奥、カステルッチョでも見た花。

30-240_GF.jpg



野性の蘭の種かな?

31-245_GF.jpg



これは如何にも高山植物ですね。 後ろの岩場は半人工的に作ったもの。

32-253_GF.jpg



野生のイチゴもあり、つい一粒口に入れ、その後でそっとあたりを見回して、ははは。

33-255_GF.jpg



薄いピンク色も、紫色も発色がよく、やはりRAWで撮るのが良いなぁ、と思います。

34-257_GF.jpg

35-1-260_GF.jpg

35-2-277_GF.jpg



この可憐な黄色も、如何にも高山植物。

36-272_GF.jpg



最後は、奥に見えた山を少しアップで・・。

38-412_GF.jpg


植物園の花はもっともっと撮っており、へへ、お昼も仲間と一緒にアグリトゥリズモで。
午後また林の中を少し歩き、実は鹿の子にも出会ったのですよ!

という様なことで、次回もう1度カンシーリオの森の続きを!
お楽しみに、そして、どうぞよろしく!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント