・ n.4 アッシジの春祭り カレンディマッジョ 2015 番外編

さて再びアッシジの春のお祭り、カレンディマッジョ・Calendimaggioに戻り、
どうぞお楽しみ頂けます様に!

トップはいつもの様に始まったファンファーレから。

1-020_GF.jpg

金曜の昼公演は番外編というか、通しの切符以外の別公演、
同じウンブリアのグッビオ・Gubbioからのゲスト出演もある
ズバンディエラトーリ・sbandieratori・旗振り競技と、
ソプラ・上の地区とソット・下の地区の太鼓隊の競演、でした。

このズバンディエラトーリ(複)の競技と言うのをイタリアにお出でになった折に、
お祭りでご覧になられた方も多いと思いますが、
色とりどりの各地区の旗を持った旗手たちが、ちょうどバトン・トワラーの様に
くるくる回したり投げたりする、大変鮮やかで楽しい競技です。

本当はヴィデオの方が様子が良くお分かりと思いますので、
そちらも探しましたので、お気軽にお楽しみ下さいね。


前日籤により今年の春の乙女に選ばれた、ソット・下地区のキアーラ嬢。

2-023_GF.jpg



今年はアッシジのズバンディエラトーリのチームが結成されて40周年との事で、
今までの各時代のチームが登場しましたが、

3-024_GF.jpg



太鼓隊の登場も、どうやらズバンディエラトーリの太鼓隊だけでなく、
ソプラやソットの方の顔も見えまして・・、はは、

4-027_GF.jpg



40年前の最初のズバンディエラトーリのメンバー、「少年達」と紹介!

5-032_GF.jpg



たくさん登場して来た中には、こんな未来のメンバーも!
走って転んだか、タイツの膝が破れていますねぇ、ははは。

6-035_GF.jpg



各時代のメンバー達がそれぞれに演技をご披露、

7-038_GF.jpg

8-097_GF.jpg

9-102_GF.jpg

10-108_GF.jpg

11-125_GF.jpg

今年の公演のヴィデオ、37秒位からズバンディエラトーリの競技もちょっぴり。
https://www.youtube.com/watch?v=H5Lk_20bee0



舞台上では、太鼓隊がずっと景気づけの演奏ですが、

12-039_GF.jpg



望遠で覗いていて、目に留まったこの2人。
皆が真面目にやっているのに、隣どおしで桟敷席を見やっては、
ちらちらと笑っていたチンピラども! ははは。

13-063_GF.jpg

14-069_GF.jpg



広場の端では、アッシジ・チームの競技を見つつ、話したり、写真を撮ったり
敵情視察の、はは、グッビオ・チーム。

15-076_GF.jpg

衣装が色とりどりで、素敵でしょう?! アッシジは赤、白、黒で、それぞれに
デザインが違ってはいるのですが、こうして見比べると単純過ぎるのですねぇ・・。

アッシジのチームの腕ですが、う~~む、
まぁ普通、まだまだ練習不足の感あり、と思う厳しいshinkaiの目、ははは。
       
我がコネリアーノの町にもズバンディエラトーリのチームがあり、
「ダーマ・カステッラーナ」のお祭りなどで見ましたが、お祭りの公演自体は
アッシジの足元にも及ばない、ははは、お粗末さですが、
旗振り競技に関しては、ずっと上手いと思いますです、はい。

我が町 コネリアーノ ・ ダーマ・カステッラーナのお祭り
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463527210.html

時代衣装の彩を ・ ダーマ・カステッラーナのお祭りの
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465414665.html



ズバンディエラトーリの演技の見物の一つに、旗を高く投げ上げ受け取る技があり、
ここでは旗布をそのまま絞り、投げていましたが、

16-132_GF.jpg



投げ上げて自分で受け取るか、または相手の距離を見て投げるか、
その距離によって旗布をどの様に絞るか、そのままで投げるか、逆手に後ろ手に
回した勢いで投げるか等など、飛ばす距離によって色々の投げ方がある様子で、
飛んで来る旗を見極める受け手。

17-134_GF.jpg

この広場は狭いですし、そう遠くまで投げずに、旗布もそのままで投げていましたが、
それでもなかなか上手く受け取れずが何度か、むむ!

ず~~~っと昔、アスコリピチェーノの広場で偶然見た旗振り競技と、
そしてその翌日お祭りの行進で見た、素晴らしい投げ上げの高さと的確さに感嘆し、
よく覚えているのですが、

アスコリピチェーノの選手達は、旗竿をくるくると回しながら旗布を巻きつけ、
それを後ろ手で反転させながら投げていたのですね。
これだと旗布が細くなっていますから飛距離が長く、落ちてくる旗布がひゅるひゅると
翻りながら、的確に手元にやって来る美しさに魅せられましたっけ!!

アスコリ・ピチェーノ ・ 夏の祭り
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461029151.html

アスコリ・ピチェーノ ・ クインターナのお祭り
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461029323.html



こちらは最後にご披露の、15人飛び。
一人ずつ飛んでは、横並びに順に並んでいくわけですが、
飛んだ時に、足元で旗を一払いで、今3人目。

18-136_GF.jpg



10人目。 古いメンバーだとかなりお腹が出ているわけで、ははは、
後ろから手がにゅっと伸びて、お腹をギュッギュッとやる場面もあり、

19-139_GF.jpg



13人目。 これは見事に飛んでいるでしょう?!

20-141_GF.jpg



これは桟敷がどっと来た、左端の方で関係ない昔のメンバーが
横からちょろちょろっと潜り込んで見せた場面、ははは。

21-142_GF.jpg



15人目、14人を見事飛びました!

22-143_GF.jpg

16人目の15人飛びは、助走からして負けておりまして、ははは、
途中の横っちょに片足着地。



一番上の桟敷席に立っていたshinkaiですが、
ふと後ろを見ると、建物の窓から覗いていた可愛いチビちゃん。

23-043_GF.jpg



同じ桟敷席の、向こうにいた若者。 

24-128_GF.jpg



さてグッビオの選手達の登場に先立つ、太鼓隊の入場。

25-150_GF.jpg



一列に並んだ太鼓隊の前に、

26-155_GF.jpg



競技者達が次々に登場し、

27-156_GF.jpg

28-158_GF.jpg



いよいよ競技が始まると、如何にも時代衣装らしい華やかさで、旗もとりどり!

29-176_GF.jpg

30-182_GF.jpg

31-187_GF.jpg

文字は何を現すのか、グッビオのコンソリ宮の市博物館には、ローマ人に征服される
以前の、土地の古い言葉を記した貴重な石版が保管されているそうなので、
多分それですね。
       
 

技術的にもグッビオの方が大分上かなぁ、 一人、足技というのか、
旗を3本ほど足を使って投げ上げ、受け取るという妙技のご披露もあり、
最後に決めてみせるグッビオの競技者達!

32-191_GF.jpg

アスコリピチェーノの、素晴らしい足技の妙技を是非! 旗が5本!!
https://www.youtube.com/watch?v=R_CYFZlRfLU

ヴォルテッラの集団競技の数々。
https://www.youtube.com/watch?v=74C1ifKDMTk



という競技の様子でしたが、
最後にこちらも番外で、はい、公演出演以外の人々の素顔をどうぞ。
お祭り期間中はカメラマン達も、ちょっと中世風のシャツを着ておられ、

33-653_GF.jpg

34-494_GF.jpg



ミネルバ教会の円柱前、高い場所から見る僕。

35-633_GF.jpg



公演幕間の待ち時間、広場で遊ぶチビちゃん。
お父さんと、鳩と・・。

36-633_GF.jpg

37-635_GF.jpg



こちらもミネルバ教会前のポルティコで、幕の支え紐を持つ彼女。

38-636_GF.jpg

この場所はかなり暗く、広場や桟敷席の方からは隠れるのですが、
へへへ、shinkaiの目はごまかせませんで・・、



後ろに一人立っていたのが、 ・・あれ、単なる知り合いでは無さそう、

39-642_GF.jpg



と思ううちに、ははは、こんな事してるぅ。 パパラッツォshinkai!

40-644_GF.jpg



これはとても気に入ってます、
中世風衣装に、サングラス、スマートフォン、ははは。

41-640_GF.jpg



最後は、すっきり鮮やかな美人2人!!を。 

42-678_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント