・ ニンファの庭園 ・ 中世のポンペイ + イギリス式庭園

今回のご案内は、ニンファの庭園・Giardino di Nonfaと呼ばれる、
イタリアの自然記念物指定も受けている、世界的に有名な庭園のご案内を。

中世に町が放棄され埋もれていたのを、19世紀末から持ち主が情熱を込め
イギリス式庭園に蘇らせたもので、現在は年間5万人もの人々が訪れるという、
人気のある庭園で
写真がいつもよりもずっと多くなりましたが、庭園内を散策されるおつもりで、
ごゆっくりどうぞ!

写真は、ニンファの庭園に向って上る道から見えた、宿にした海辺の町
テッラチーナの西に延びる岬の形、顔を上に向け日に当る姿の様だとも。

1-6519_GF.jpg



地図をどうぞ。 ニンファの庭園・Giardino di Ninfaは中央上に。
右下に見えるセルモネータ・Sermonetaの町の城塞と共に、かってのカエターノ家の
ものが、現在はカエターノ財団のものに。
ニンファの庭園から九十九折りの道の上にノルマ・Normaという町、後ほどご覧に。

2-ninfa_GF.jpg

中ほど下に真っ直ぐ伸びるSS7の道、右下にStrada Statale 7 Via Appia
と見えますが、これがテッラチーナからローマに続くアッピア街道が現存している道。



バスが庭園に近づき、チラッと見えた湖。

3-6529_GF.jpg



入り口脇のショップにある鉢植えの花々。 黄色や濃いピンクのカラーの花が鮮やか!

4-6531_01_GF.jpg



公園の専門ガイドに連れられ庭園内に入り込むと、うっそうとした緑の小道が奥に続き、

5-6532_01_GF.jpg



上でお話したノルマの町がこんな風に!
岩山の上に細く繋がり、この部分が多分旧い町部分と。

6-6534_01_GF.jpg



まず教会の入り口扉から入り脇に抜け、ここで一通り庭園に付いての説明を
受けますが、勝手にあちこち入り込まないようかなり厳しく注意され!
 
7-6545_01_GF.jpg    

元教会、確か、サン・ピエトロ教会で、建物の屋根の右上にもう一つ高く
教会入り口部分の壁が見えるのが分りますか? この建物はそれを改装してあり、



こちら背後にあるのが、後陣部の半円の名残と。

8-6542_01_GF.jpg



その左手には、うっそうとした糸杉の並木が続きますが、こちらは入れず。

9-6544_01_GF.jpg



横にある、鐘楼の残り、足元部分。

10-6539_01_GF.jpg


「ニンファの庭園」、ニンファはニンフ・妖精の意味ですが、元々この廃墟になった町の
名がニンファといい、ローマ期に近くにあった湧き水の神を称える礼拝堂に因むと。

元々の町は住人も少なかったのが、中世当時アッピア街道は湿地帯に埋もれており、
近くを通る道が唯一ローマへの接続道で、商業交易の繁栄もあり、町は次第に豊かに。
所が教皇選出に関しての争いから、1171年フェデリコ・バルバロッサに略奪焼き討ちに
されたり、領主も次々替わり、

1294年カエターノ家のボニファーチョ8世が教皇となり、
1298年に甥のピエトロ2世カエターノが20万フィオリーニ金貨でニンファとこの近隣一帯を
買うのを援け、カエターノ家がこの一帯に以後7世紀に渡って勢力を持つ始まりに。

ピエトロ2世カエターノは元からあった城を拡張し、城壁に囲まれた内庭、
以前からの塔も高くし、城に城館も付け加えます。
が1382年東西教会分裂の抗争の際、ニンファの町は再び略奪され、
これ以降再建される事はなく、平地でのマラリア汚染にも影響され、
生き残った町の人々も町を捨て、カエターノ家もローマや他の地に。
       
こうしてニンファの町は廃墟となったのですね。

       
       
流れの脇、 水は本当に澄みきっていて、

11-6558_01_GF.jpg

12-6557_01_GF.jpg



奥に日を浴び鮮やかな、日本の楓。

13-6561_01_GF.jpg



果樹もあり、

14-6563_01_GF.jpg



緩やかに曲がりながら奥に続く道。 遺跡の石が転がり、バラが花咲き・・。

15-6567_01_GF.jpg

16-6569_01_GF.jpg



そしてまた先ほどの流れ、堰があり、

17-6568_01_GF.jpg

18-6571_01_GF.jpg



少し低い部分には、あやめ科の花。

19-6574_01_GF.jpg



木々に高低のアクセントをつける糸杉、 葉の色の違う植物の取り合わせ。

20-6578_01_GF.jpg



かっての住宅だったと思われる遺跡に絡まる植物、咲く花。

21-6585_01_GF.jpg

22-6581_01_GF.jpg


「庭園」と聞いてのみやって来て、花の咲き乱れる姿もなく、刈り込まれた
幾何学模様の生垣もなく、最初はいささか?だったのですが、

この辺りになって段々飲み込め、なるほどなぁ、遺跡を利用してロマンチックな
庭園にね、ぺんぺん草がはびこるのではなく、そういうのは一切排除し、
遺跡に絡まるのは薔薇の花という風情なんだ、と。

イギリス式庭園なる物を他では見た事がなく、このイタリアの強い太陽光線の下でも、
全体にうっそうとした暗さで戸惑いましたし、かなりブレて写ったのも何枚もあり、
花も咲き終って萎んだのもたくさんそのまま、という手入れの仕方も、
ちょっと他では見た覚えがなく、

廃墟の美を如何にも自然風に、それも美しくロマンチックに見せる、
という庭園のつくりなんだ、と納得した次第です。
     
コモ湖で見た花盛りの庭園  ヴィッラ・カルロッタ ・ コモ湖の別荘、庭園を
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/469194290.html



この辺りはぐるっと廃墟を回りこんでみる道取りになっていて、

23-6586_01_GF.jpg

24-6588_01_GF.jpg



この教会サンタ・マリーア・マッジョーレがかっての一番大きな教会だったそうで、
フレスコ画が残っているのも見えますが、

25-6597_01_GF.jpg

幾つかの作品は剥がされ、セルモネータの城のほうに移されていると。
?!見たっけ?!



こちらは鐘楼跡。

26-6602_01_GF.jpg



小さな遺跡の壁跡を覆う薔薇の茂み。

27-6594_01_GF.jpg



清楚な薔薇の花、ぽわぽわの塊、大きな紫のテッセンの花。

28-6595_02_GF.jpg

29-6598_01_GF.jpg

30-6603_01_GF.jpg



遺跡の壁と大振りな葉を持つ植物の取り合わせ。

31-6607_01_GF.jpg


この中世の町の廃墟を、16世紀にカエターノ家出身の枢機卿、植物学を愛する
ニコロ3世がお気に入りの庭園とすべく、小範囲で取り掛かった様ですが、
枢機卿の死と共に計画は消え、が、鱒の養殖や貴重な果樹もあったそう、
       
次の挑戦は17世紀のフランチェスコ4世公爵カエターノで、情熱を注いだ物の、
彼もまたマラリアに退散せざるを得ずで、ただし彼の取り掛かった水脈と泉は残ったと。

こうして19世紀にはこの庭園の魅力を伝え聞き、「中世のポンペイ」として
訪れる人々がたくさんいたのだそうで、
19世紀末に遂に、オノラーロ・カエターノ・Onoraro Caetaniの妻イギリス人の
アーダ・ボットゥル・ウィルブラハム・Ada Bootle Wilbrahamが、彼らの6人の
子供のうち2人の息子ジェラージオ・Gelasioとロッフレード・Roffredoと共に、
       
遺跡にはびこる大部分の沼地の植物を根絶し、最初の一連の糸杉、トキワガシ、
樅、多種の薔薇などを植え、幾つかの遺跡も修復し、
ロマンチックなイギリス式庭園に変えるべく、奮闘したのだそう!

現在財団の名となっている「ロッフレード・カエターノ財団」は、この時の
一人の息子の仕事を記念している訳ですね。

庭作りの仕事は、ロッフレードの妻マルゲリーテ・シャピン?・Marguerite Chapinに
引き継がれ、潅木やバラが植えられ、1930年代には著名人や芸術家達に
門が開かれますが、第2次大戦となり一族はセルモネータの城塞に避難し、
1944年になってニンファに戻ります。

最後のカエターノ家の当主は、1977年に亡くなったレーリア・Leliaでロッフレードの娘。
大変敏感、繊細な女性で、汚染物質を一切使わず、大きな絵を描くように
色の配置を考えつつ、たくさんの泰山木、イバラやツル性の薔薇を植えたのだそう。

彼女は子孫を残さず、ここに7世紀に及ぶカエターノ家は絶えましたが、
亡くなる前に庭園とセルモネータの城塞を護る為に前述した財団を設立。
庭園のサイト https://www.giardinodininfa.eu/

庭園訪問は、予約、日と午前午後の時間指定が必要で、このサイトから予約でき、
月に何日間かしか開かずですが、それも調べられます。
チャンスがありましたら、是非一度ご訪問を!

セルモネータの城も大変な威容で驚きましたので、またご案内いたしますね。
上のサイトで、カエターノの城の開城日と予約もできます。

n.1 ポンペイ遺跡 ・ 劇場二つ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465222138.html

n.2 ポンペイ遺跡 ・ 野外闘技場と、店あれこれ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465222417.html

n.3 ポンペイ遺跡  ・ パン屋、ルパナーレ、フォーロ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465222646.html

n.4 ポンペイ遺跡  ・ アポロ神殿、テルメ、牧神の家
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465223066.html

n.5 ポンペイ遺跡  ・ 秘儀荘 その1
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465223446.html

n.6 ポンペイ遺跡 最終回 ・ 秘儀荘 その2
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465223960.html



1ヶ所、様々な色の花が咲き乱れる箇所があり、

32-6608_01_GF.jpg

33-6613_01_GF.jpg

34-6620_01_GF.jpg



手入れ中の男性の姿。 

35-6610_01_GF.jpg



ラヴェンダーはまだ蕾が固く、

36-6617_01_GF.jpg



遺跡をすっぽり覆う花のある植物。

37-6611_01_GF.jpg



如何にも、英国絵画に出てきそうな廃墟の姿、でしょう?!  

38-6619_01_GF.jpg



艶やかな百合の花。

39-6633_01_GF.jpg



ニンファ川の流れが広い場所。 陽が射していたのに、この後突然にぱらぱらと・・。    

40-6638_01_GF.jpg



川を渡る3つの橋の1つ、マチェッロ・Macello橋。

41-6640_01_GF.jpg

42-6643_01_GF.jpg

43-6659_01_GF.jpg

橋の名マチェッロというのは、屠殺場とか殺戮を指しますが、名の由来は2つあり、
1つはこの橋での戦闘で大激戦があった事、も1つは、すぐ近くに畜殺場があったからと!



一番小さなローマ期の橋。 本当に大人が渡れた?! 

44-6667_01_GF.jpg



木製の橋。  どの橋も渡れず!

45-6682_01_GF.jpg



川の向こう側。

46-6672_01_GF.jpg

47-6673_02_GF.jpg



竹林。 筍の煮物を思い出し、つばが溜まるshinkai!

48-6676_02_GF.jpg



8ヘクタールに渡る広さの庭園に、世界様々から集めたであろう植物が根付き、

49-6684_01_GF.jpg



やっと普通に美しく咲いていた、はは、ピンクの薔薇。 

50-6695_01_GF.jpg



かっての城跡、塔の高さ32m.      

51-6696_01_GF.jpg



建て増しの城館跡と思われる壁の窓。

52-6699_01_GF.jpg



塔の壁。

53-6706_01_GF.jpg



右側には修復され、一時は住まいともされていた屋敷があり、
現在は財団の事務所もあるという部分。

54-6697_01_GF.jpg

55-6698_01_GF.jpg



振り返ってみる、奥に誘う小路のローマの松。

56-6703_01_GF.jpg



帰り道には、湖の風景を見逃さぬよう用心し、はは、
       
57-6712_01_GF.jpg

58-6714_01_GF.jpg

こんな感じで、ニンファの庭園に別れを告げたのでした。
長いお付き合い、有難うございました!!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント