・ n.2 ジェノヴァの水族館 ・ ヨーロッパで一番の、

昨日に引き続き、ヨーロッパ一の規模と言われるジェノヴァの水族館のご案内を。

これは、建物のテラス越しにみえる突堤脇の眺め。

26-369_GF.jpg

この水族館のある旧港周辺は、1492年のコロンブスのアメリカ大陸発見500年を
記念して開催されたジェノヴァ万博に際し、一大再開発がおこなわれたもので、
水族館や、隣にあるビーゴと呼ばれる大展望観覧車などなど、
レンツォ・ピアーノの設計によるものです。



水族館内にあったクリストフォロ・コロンボ・Cristoforo Colomboの大パネル。
  未知の大洋を渡り、クリストフォロ・コロンボはそれと認識せずに新大陸を発見。
  その時より、世界は一変した。

27-392_GF.jpg

大洋の向こうにあるだろう未知の世界と豊かさを求め、スペインとポルトガルは
しのぎを削り、成し遂げましたが、 単に冒険心からだけではなく、
成功した暁の報酬や富を夢み、恐怖心を乗り越えて船出して行った訳であり、
航海にかかった莫大な費用は、船出を認可した王たちの懐から出ましたが、
それは既に征服していた植民地から吸い上げる富で、香辛料や金鉱からの
収益金、税金だったと。

大人になって真実を知ると、そうだったかと思う事も度々ですが
リスボンの街で、ほら、あの教会でコロンブスが結婚したのですよ、と教えられた時、
何か急に彼を、等身大の人間に感じたりもしたりで。



下の階にはこんな浅いプールもあり、子供達も遊べるようになっていて、
パチャパチャやっていた子も。

28-399_GF.jpg



大小の水槽も熱帯魚の物となり、魚たちも海中生物植物も、
嘘みたいな色柄で溢れかえり、

29-373_GF.jpg

30-379_GF.jpg

31-395_GF.jpg



管理の方か、学者兼かもですが、水槽内を探検中。

32-401_GF.jpg



水族館と言うと、魚類だけと思われるでしょう? はい、私めも。
所が暗~い一郭があり、ジャングルみたいな作りで、
なになに、ここ? と言いつつ、下を覗くと、こんなのが!
暗い木の階段から転げ落ちぬよう、注意してそろっと、ね。

33-406_GF.jpg



茶色い大きいのだけではなく、色鮮やかな青緑のもいて、これは尻尾の先まで
5~60cm程だったかな、イボイボざらざらの肌がどうもね。

34-408_GF.jpg

オレンジ色の5mmに満たない程の小さな小さな蛙くんたち、世界で一番小さい蛙
というのも見ましたが、大小にかかわらず、どうもあの爬虫類の皆さんはね。



こちらは非常に美しい海ガメ君で、悠々と、目の前を行ったり来たりしてくれて、

35-419_GF.jpg

36-420_GF.jpg



ジュリアーナが喜んで、ほらほら、こっちこっち、と手を広げ、可笑しいですよね、
傍に来てくれると嬉しくなったりで。

37-424_GF.jpg



こういう顔付き、如何?! おでこの上に、もひとつ脅しの顔があるようにも見えるし、
どことなく人間の顔にも近い感じだし・・。
「アバター」の映画は、こういうのからヒントを得たのかな?

38-433_GF.jpg



熱帯魚の体の色は、光の反射によりまるで蛍光色みたいに変わり、
ひらひらと目の前を泳いでくれると、目眩まされ、何枚もシャッターを切り、
その癖なかなか上手く撮れず、

39-454_GF.jpg

40-460_GF.jpg

若い女の子におちょくられた小父さんの心境はかくの如しかと・・、はは、失礼を!



何層か重ねたハンバーガーか、生クリームにトッピングしたケーキに見えません?

41-472_GF.jpg



ひらひらと、ゆらゆらと、色々な色の触肢(でいいのかな?)が優雅に揺れ、誘います。
う~ん、夜の薄物で誘惑の感触かなぁ。

42-480_GF.jpg



という所で現実に戻り、ははは、この辺りの大きな水槽の様子をどうぞ。       
小型の熱帯魚の水槽にしたら大きいでしょう? 昨日ご覧頂いた大型サメや
イルカの水槽などは、見上げる高さで、横の端が見えない大きさでしたよ。

43-475_GF.jpg



最後は、かる~く軽く、クラゲの一族をどうぞ。

44-513_GF.jpg

45-483_GF.jpg

46-484_GF.jpg



夏の海で刺されると大変らしいですけど、
いかにも軽く、ぽわ~~ん、ぽわ~~んと優雅に動き、

48-492_GF.jpg



最後のこれは、傘の点々が光り、タマタマの光る足もふわぁ~っと、とても綺麗。

50-503_GF.jpg

51-498_GF.jpg
                     
あ、すみませ~ん、クラゲの雲丹あえを乗せた冷ややっこと、生ビール、
それとあと、枝豆か胡瓜もみをお願いします、
で最後は、うな重に肝吸い付きで。 なんぞと、最後の発想がやはり食い物に。

ジェノヴァの水族館、お楽しみ頂けましたように!       


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント