・ n.1 グラダーラ ・ Gradara ・ 町とお城 

さてさて今回と次回の2度に分けてご案内致しまするは、ははは、
マルケ州はアドリア海沿岸より3kmほど内に入り込んだ小高い丘の上、
海抜142mに位置するグラダーラの町とお城。

年間50万人もの観光客が訪れるという名高い町と城ですが、
マラテスタの要塞・Rocca malatestianaと呼ばれ、様々な歴史の変遷に
関連し、とりわけダンテの「神曲・地獄篇」に謡われている
「パオロとフランチェスカ」の舞台となったお城、というと、ああ、あれ!と
ご存知の方も多いと思います。

ここのご案内は町訪問以来、私めの長年の宿題になっておりまして、へへ、
パオロとフランチェスカの愛の物語を、何とかサン・ヴァレンタイン・デイに
間に合わせようと、ははは、必死にあれこれ読み漸くに3年ぶりに、という事で!

ですが到底、町と城のご案内を1回では無理でして、・・見せたがりで、はい、
2回に分ける事にいたします。

まずは町の写真をじっくりご覧下さいね。 東西に長く、お城は東端の
丘の上にあり、この様にぐるっと周囲を800mに及ぶ城壁が囲み、
壁の上を歩ける見学コースもあり、城はまた別の城壁に囲まれています。

1-701.jpg

写真はいつもの様に、shinkaiが撮ったものにはブログ・アドレス入りで、
今回は城内の写真が禁止でしたので、サイトから拝借も多数ありますが、
ごゆっくり、中世の町と城をお楽しみ下さいませ! はい、長くなりそうで。



グラダーラの町はどこにあるか、地図をどうぞ。
アドリア海沿岸をマルケ州に入ってすぐの所、グレイの点線がエミーリア・
ロマーニャとの州境で、リミニからは約125kmの距離。

s2.jpg

2010年の秋に行った時、我らはグラダーラからウルビーノ・Urbinoに、
南西の方角に山懐を辿って抜けたのでした。

このグラダーラのご案内は、今迄「旨い物」と「犬・猫ちゃん」だけですが、
ははは、こちらに。
 

宿は町の城門から少し北に歩いた所で、裏庭から北東にアドリア海が。

3-877_GF.jpg



北西にはなだらかな丘が広がる素敵な環境。
いや、これは宿の事だけでなく、グラダーラの町自体に言えますね。

4-958_GF.jpg



2泊しましたが、これは町の北側をうろついた時の、ははは、オリーヴ畑。

5-896_GF.jpg

6-898_GF.jpg



畑の向こうにお城、 素晴らしい眺めでしょう?!

7-895_GF.jpg


8-902_GF.jpg

写真の中の光線具合、色もあれこれ変化しますが、
なるべく良いのをと探しました結果で、ごちゃ混ぜご容赦。



トップの写真の左下辺りに見える、町の最初の城門。
外側に剥き出しではなく左右に建物があり、少し奥まっていて、

9-842_GF.jpg



内側から。 町下からの傾斜がかなり厳しく、お城迄の道も上り坂。

10-953_GF.jpg



途中に教会もあり、

11-954_GF.jpg



古い建物内部を博物館風に中世を再現しており、まぁ当時はこんなに
小奇麗ではなかったろうと想像しますが、町の商人の家と。

12-792_GF.jpg



土地の物産等のスーヴェニール店、勿論バールやレストランもたくさん!

13-781_GF.jpg



こうして一番上に辿り着くと、ここにもう一つ城の門があり、

14-797_GF.jpg



門の内側の小広場。 門には見張りの小塔と兵士の見回り通路がめぐり、

15-932_GF.jpg



外側から窺う、中の城の威容。

16-805_GF.jpg

現在この城は国有で入場料がいくらか必要ですが、切符売り場は確か左手で、
直接には見えない配慮でして、はい、右の建物奥に格子の扉が見えますが、
そこから中に入ります。



正面に見える濃い茶色の扉の右に見える小さな碑は、こんな顔!
謂れを記したものが見つからず、言葉も読めませんが、
口の部分が磨り減っていので、投書口ではないかと推察。

17-800_GF.jpg



城の門内に入る格子扉の、塀の角に取り付けられた忍び返し!

18-802_GF.jpg



こうして漸くに本丸前に辿り着くわけですが、

20-913_GF.jpg

左奥に見える門、扉は見学者用ではなく荷物車などの通り道で、
一般入場者は左手から上がってきます。

ぐるっと城壁が取り囲んでいるのが見えますが、これは城を囲む内側の城壁で、
町の城壁はもうひとつ外側にあり、如何に実戦を配慮した要塞、城で
あるかがよく分かります。



要塞、城の本丸はこんな高さで続き、下部にはほんの少しの
明り取り程度の窓があるだけ。

21-912_GF.jpg



ここが跳ね橋の付いた入り口、その上部。
跳ね橋の奥にある内庭、その手前にも格子戸が降りる仕組みが見えます。

22-910_GF.jpg

23-911_GF.jpg

24-929_GF.jpg



跳ね橋は3ヶ所にあるそうですが、堀には、かって一度も水が入れられた事が
無いそうで、まぁ、ここは丘の上にある要塞ですしね。

25-931_GF.jpg



跳ね橋の手前から、町の城壁に伸びる部分。

26-930_GF.jpg



城、要塞の上からの眺めをどうぞ。 城の城壁、町の城壁と2重に
なっている様子がよく分かりますね。

s27.jpg



見学はガイド付きもあるのですが、自由にも見れます。
サイトからの案内図で、写真の載っているのを大きな目安に、

28.JPG
  
1. 入り口の跳ね橋
2. フランチェスカの寝室 パオロとフランチェスカの物語の舞台
3. 会議室
4. 礼拝堂
5. 天使たちの部屋
6. ルクレツィア・ボルジャの部屋
7. 内庭
という事で、一応の感触を。



内庭の様子。 特別広くなく周囲を高く囲むので、少し威圧感。

29-914_GF.jpg

30-926_GF.jpg

こうしたアーチの連なりから受ける洗練されたイメージは、そうなのですね、
この城が最初は実戦用の要塞から建設されたものの、時代が下るに付け、
領主の居住としての要素も加わり、装飾されていった事を物語ります。

「マラテスタ家の要塞」と呼ばれていますが、この城の領主は
マラテスタ・Malatesta、 スフォルツァ・Sforza、デッラ・ローヴェレ・
Della Rovere、そして教皇領にと変遷を。



内庭の片隅にある井戸。 後ろに見えるアーチの中にブック・ショップ。

31-922_GF.jpg



内庭の敷き石。 磨り減ってはいますが、それでもこの装飾性・・!

32-924_GF.jpg



2階の回廊に見えるライオン像と、壁のフレスコ画。

33-916_GF.jpg

34-927.jpg



壁に見える紋二つ。 下はマラテスタ家の紋が中にあり、PとMが見えますから、
パンドルフォ・マラテスタ・Pandolfo Malatestaでしょうが、
マラテスタ家で調べると、パンドルフォと名乗るのが5名もおり!

35-919.jpg

一番有名なのはシジスモンド・パンドルフォ・マラテスタで、リミニの狼と呼ばれ、
この城は彼のお気に入りで、3番目の妻イゾッタ・デッリ・アッティ・
Isotta degli Attiとも住んだ様ですが、
上の白い紋の左右の上側に、「I と S」のイニシャルがありますね。
という事で、そう、「イゾッタとシジスモンド」の2人の紋!

可愛いではないですか?! 「リミニの狼」と呼ばれ恐れられた男が、
こんな2人の紋を作り、城に取り付けているんですものね。

n.3 リミニ ・ シジスモンド・パンドルフォ・マラテスタとその周辺 の1
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/468933833.html

n.4 リミニ ・ シジスモンド・パンドルフォ・マラテスタとその周辺 の2
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/468934000.html



こちらの紋の下、に刻まれた名はイタリア語にすると、Giovanni Sforza・
ジョヴァンニ・スフォルツァ。

35-2-921_GF.jpg

グラダーラの城+この名前で、パッと誰かがお分かりの方は凄い!!
そう、教皇アレッサンドロ6世の娘でチェーザレ・ボルジャの妹、
ルクレツィア・ボルジャ・Lucrezia Borgiaの最初の夫の名。

彼はこの城を攻略し、迎えた最初の妻は出産で死亡、ここに2番目の妻として、
ルクレツィアを迎えたのですが、教皇アレッサンドロの政策により、不能の夫、
白い結婚であったとされ!ルクレツィアはこの城から去り、2年後に2度目の結婚を。
ジョヴァンニは3番目の妻を娶り、1510年にこの城で死す、と。



入り口の跳ね橋から入ってきた右側に聳え立つ主塔・mastio・マスティオは、
30mの高さで、ここは牢としても使用されたと。

36-920.jpg



内庭にかかる碑。

37-923.jpg

この要塞、時の経過と人々の無関心から完全に廃墟となっていたのを、
かっての輝かしい姿に戻すために、ウンベルト・ザンヴェットーリ技師が
私財をつぎ込み、1923年から貴重な修復に取り掛かった。
グラダーラの町はこれを記念し、ここに記す。
          
まさにそのようです。
単に修復するだけでなく、かってのように、これは口で言うと易しいですが、
当時と同じ素材を使い、当時の様式に、というわけで、
大変な年月と財をつぎ込み、結局最後は国に売った、という様子。
       
ヴェネツィアのカ・ドーロの修復も、かっての姿に戻す為にフランケッティ男爵が
私財をすべて注ぎ、結局は国に売ったと知りましたが、
こういう情熱をかけて修復に尽くした方々のお陰で、我々も今こうして
中世の雰囲気を味わえる、という訳ですね。

n.1 カ・ドーロ ・ ヴェネツィアの館
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463740863.html

n.2 ヴェネツィアの館 ・ カ・ドーロ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463741340.html


というところで、少しこの城、要塞の由来を。
マラテスタの要塞、と呼ばれていると最初に書きましたが、元々はペーザロの方から
来たデ・グリッフォ・De Griffo家が1150年代に現在の主塔のあたりに塔を建設、
小さな館を建て領主として住んでいた様子。

で、デ・グリッフォが教皇領の近くでヘマをし封土を取り上げられた際、リミニの領主の
マスティン・ベッキオ・Mastin Vecchio、本名マラテスタ・ダ・ヴェルッキオ・
Malatesta da Verucchio(1212-1312)に預け、
彼がここに13~14世紀にかけ、2重の城壁を持つ要塞の建設を始めたということで、
マラテスタ家としては最初の城、要塞に当たるのだそう。

その後新兵器の銃や砲の出現により、15世紀には城壁に銃眼やスカルパトゥーレ・
scarpatureが導入された、と。
このスカルパトゥーレが分かりませんで、探し回りました、はい。

で分かったのは、従来の城壁だと高ければOKだったのが、時代が下るにつれ、
強力重厚な城壁破壊の知恵も新兵器も誕生するわけで、
これは城壁の足元に少し傾斜部分を付け補強する事なのだそう!
当時の要塞で、このスカルパトゥーラが唯一完全な形で残っているのは、
このグラダーラの城、ということも知りました。

今も夏に時代祭りというのか、「城の襲撃」の再現行事が行われる様で、
1446年教皇軍の襲撃があった時、43日間におけるいわば籠城戦、
フランチェスコ・スフォルツァ・後のミラノ領主とフェデリーコ・ダ・モンテフェルトゥレ
の圧倒的な大軍と戦いつつもこの要塞は落ちませんで!

今回その様子を読みつつ、かって真田十勇士とか、源義経、木下藤吉郎などを
お友達に育ったshinkaiは、ははは、ちょっと胸が熱くなりましたのを、ここに告白です。
やっぱり、シジスモンド・パンドルフォ・マラテスタはカッコいいなぁ!!
いつかは彼の事をきちんと書きたいなぁ、と思っているのですが・・、はい。

n.3 リミニ ・ シジスモンド・パンドルフォ・マラテスタとその周辺 の1
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/468933833.html

n.4 リミニ ・ シジスモンド・パンドルフォ・マラテスタとその周辺 の2
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/468934000.html

と以前からマラテスタ、日本語で言うと「頭が悪い」式な姓なので、ははは、
可笑しな姓だと思っていたのですが、今回漸くに調べ、
そうなんですね、やはり、頑固者とか無分別、無鉄砲という意味から呼ばれた
ニックネームだったそう。

マスティン・ヴェッキオというのも響きの良い名だと思われません?!
が本名の姓ヴェルッキオは、エミーリア・ロマーニャ州の南にある地名から来ていて、
それよりも南、州の一番南の山中にあるコムーネの名がペンナビッリ・Pennabilli。

そこに住んでいたカルペーニャ・Carpegna家の子孫、マラテスタとあだ名されたのが、
最初にヴェルッキオに下り、つまり移り、ついでリミニに、というわけで、
こうして大マラテスタ家になっていった、という訳ですが、
グラダーラにおけるマラテスタ家の支配は、1463年に終わります。
     

長くなりまして、すみません!! 
今日は記事自体も文字制限に引っかかりそうなので、ははは、
サイトから拝借の城の内部をさっと簡単に!

内庭を取り囲む2階の回廊

s38.jpg



会議室、 最初の図の案内番号3

s39.jpg



図にはありませんが、シジスモンドと愛妻イゾッタの部屋

s40.jpg

s41.jpg



礼拝堂 4

s42.jpg



天使たちの部屋

s43.jpg



この部屋が分かりません・・、

s44.jpg



中世の城、要塞には付き物の、牢と拷問室

s45.jpg



こちらが次回にくわし~~~くご案内いたします所の、フランチェスカの部屋!

s46.jpg



ルクレツィアの部屋。 
1494年、14歳の花嫁としてこの城に嫁ぎ、わずか3年後に父教皇の策略により、
結婚を解消し去っていった彼女。

s47.jpg

この部屋の装飾、そして一つ祭壇画もあるのですが、画家はラファエッロの父親
ジョヴァンニ・サンツィと。



お口直しに、町の広場の写真をどうぞ!

48-955.jpg

と、今回はここでひとまず終え、次回に備えます、ははは。
皆さんも体力と根性をつけ、フランチェスカのお話をお待ち下さいませませ!!
長いお付き合い、有難うございましたぁ!!
 

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント