・ スピリンベルゴ ・ フリウリ州の珠玉の町

今日はフリウリ・ヴェネツィア-ジューリア州州のほぼ真ん中に位置する、
まさに珠玉の町と呼ぶに相応しい、スピリンベルゴ・Spilimbergoのご案内を。

いかにもドイツ語的な「スピリンベルゴ」という町の名に魅かれ、かって一度
訪れて以来の再訪ですが、期待以上の素晴らしさでした。 では、どうぞ!

スピリンベルゴはどこにあるか、地図をどうぞ。
東にウーディネ・Udine、西にポルデノーネ・Pordenoneのほぼ中間の北にあり、

1_GF.jpg

どちらの町からもバスで行けますが、50分程、ウーディネからだと31k、
ポルデノーネから33kの距離で、カザルサ・Casarsaからも便があり30分と。
蛇足ながら、カザルサは、映画監督のピエロパオロ・パゾリーニ・
Pieropaolo Pasoliniが育った町。

この地図には名の表示がありませんが、町の東に見える濃い緑の筋、
これはタリアメント川・Tagliamentoの広い河筋で、この辺り一帯に幾本もの川、
または枯れた川床が広がります。
スピリンベルゴの北東10kほどには、生ハムで有名なサン ダニエレ・デル・フリウリが。
       


町の中心はほぼ丸く、その真ん中を東西にローマ通り・Corso Romaが通り、
その中程、まさに町のど真ん中にガリバルディ広場・Piazza Garibardi。
で広場から右手を見ると、この眺め。
       
2_GF.jpg



上の写真に見える細いローマ通りの東半分が旧市街部・Borgo Vecchioで、
見所がこの様に。

3_GF.jpg

Torre Orientale・トッレ・オリエンターレ・古い市壁の門
Casa del Capitano・カーザ・デル・カピターノ・町の守備隊長の館
Duomo・ドゥオーモ
Castello・カステッロ・城  など。
コムーネのサイトに、町の地図が。
http://www.comune.spilimbergo.pn.it/index.php?id=19

では、参りましょうか。



石器時代の発掘品、ローマ期の北への街道筋などなど古い歴史を持ちますが、
11世紀頃にオーストリアのカリンツィア地方(イタリア東北部に接する)の伯爵 
スペンベンベルグ・Spengenbergがこの地を治めた事に町の名は由来と。

街道筋の要所として商業交易の中心地となり、13世紀頃には大変な繁栄振りとなり、
アクイレイアの司教領とのせめぎあいの後、15世紀の半ばヴェネツィア共和国の元に。

この館は、16世紀のモナコ邸・Monacoですが、ヴェネツィアのイメージが大変強く。
       
4_GF.jpg



ご覧の様に、正面はフレスコ画装飾で見事に覆われ、窓の形もヴェネツィア・ゴシック。
神話から題材を得ているようですが、通りが狭いので見難く、残念。

5s_GF.jpg



こちらの旧市街側の通りはご覧の様に狭いものの、歩行者と自転車のみで、のんびり!

6_GF.jpg

テントが見えますが・・



そう、バールの席。

7_GF.jpg

今回このスピリンベルゴの町で痛感した事は、町の大きさと、人々の暮らしの
程よさ加減。 こちらでよく言われる「人の丈に合った町の大きさ」、これです。

モナコ邸の前にかなり大きな本屋があり、地方独特ののんびりした雰囲気で、
なかなか良かったです。



ローマ通りは、こんな風に少しカーヴして・・

8_GF.jpg



フリウリ州のモザイクの学校が町の北通りにあり、「モザイクの町スピリンベルゴ」とも
称していて、ローマのオリンピック・スタジアムのモザイクもこの学校の製作だそう。

ラヴェンナのモザイク学校の有名さは知っていましたが、どうやら同一人物によって
開かれた様子。

通りに1軒店があり、表の素晴らしい犬の顔のモザイクに引かれて入りました。
とにかく、色のトーンがもの凄い数! 丸い形の色ガラスをゆっくりと冷やす事により、
割った時に飛沫に飛ばないのだそう。 小さなイヤリングを1つ、ね。

9_GF.jpg

学校のサイトは  http://www.scuolamosaicistifriuli.it



勿論、こちらにもバールの席。  うん、少し暑そうな布の色!

10_GF.jpg



町はちょうど夏の音楽祭開催で、あちこちに舞台が作られ、飾り付けられ、
夜の賑わいを控えています。

11_GF.jpg

手前にもテント席が見えますが、こちらはどうやらワインかビールの様子。

角に、装飾された建物が見え・・



カピターノの館、またフレスコ装飾の題材から、エルコレ・ヘラキュレスの館とも。

12_GF.jpg

15世紀の物ですが、16世紀にかけては町が一番に繁栄し、たくさんの芸術家、
職人が呼ばれ、建物内外の装飾にも力を注いだ時代と。



カピターノの館の左手奥に、「東の塔」と呼ばれる町の門があり、
これは門を出た所からの眺め。

13_GF.jpg

町は12世紀の城の建設に始まり、繁栄するに従い、市壁が3度にわたり拡張。
この東の塔は13世紀初めの市壁の門で、ここを出てもローマ通りは暫く続き、
突き当たりは、ドゥオーモ広場。
普通だと市壁の外は近代的な町並みですが、この町では中世の町並み。

14年ほど前に一度来た事があり、当時は上の写真の門を出た辺りには
寂れた面影がありましたが、現在修復が殆どすみ、新しい発展を待ちます。



軒下のポルティコも、梁も古い木のまましっかり整備され。
これと同じ柄は他のポルティコにも。

14_GF.jpg



外の修復は済み、内部を整備中の建物。 窓を挟んでの、何とも可愛い
カップルの装飾画。

15_GF.jpg



ドゥオーモ広場の北西の建物、ダツィアーリオ邸・Daziarioの扉。
13世紀の物で、商業取引の管理と税の徴収に当った建物と。

16_GF.jpg



ダツィアーリオ邸の扉の金具。 公営質店かと思う程の頑丈さ。

17-1_GF.jpg



この斜め前に1階がロッジャの建物があり、これはロッジャ邸の天井の装飾。
勿論修復されたものですが、ポルティコで見る柄とは違い、紋章ですね。

17-2_GF.jpg

後で調べて知ったのは、マーチャ・Maciaという、中世にスピリンベルゴの町でのみの
長さの単位、布の商人たちが使った、約70cm、を示す彫りこみが柱にあった様子。 
気が付かず残念。

で、現在8月の最初に行われる時代祭りが、「マーチャの祭り」と呼ばれ、賑わう様子。
コムーネのサイトの8月・Agostoに。
http://www.comune.spilimbergo.pn.it/manifestazioni-ed-eventi/agosto/index.html       



ドゥオーモの位置も常の町とは違い、古い中心街の外れ、町の門を出ての
当時の市壁近くに建設の、13世紀後半のロマネスク・ゴシックの素晴らしいもの!
現在の鐘楼も、市壁の塔を組み込んだものと。

18_GF.jpg

今見える、広場に向かった北側面の扉は、上流階級層の入り口だったそうで、


左脇にうっすらと見える大壁画は、聖クリストフォロ。

22_GF.jpg

奥横にドゥオーモの案内板があり、なんとフリウリ語での説明部分が。
フリウリ語というのは、ケルト系のラテン語に、ロンゴバルド、ドイツ、セルヴォ、
ヴェネト、イタリア語が混ざったものなんだそうで!!



こちらが西になる正面壁。 現在は2つ塞がれていますが、全部で7つの薔薇窓。
フリウリでも唯一との事。

19_GF.jpg

薄い黄色地に、白の長方形で杉綾模様が描かれ、見えるかな?
穏やかで典雅な美しさです。



内部は3廊式で、中廊の後陣全体が14世紀の、旧約、新約聖書が題材の
フレスコ画で埋められ、

20_GF.jpg



これがその一部ですが、はは、遠くからキリストの蘇生かと思いきや、
お風呂の覗きでござったよ! ははは。

21s_GF.jpg

中廊部上には、16世紀の物という素晴らしいパイプオルガンも。



ドゥオーモの正面から西への通りに、いかにも古い造りの家並みが続きます。
この残されたテラスの石が語る長い年月。

24_GF.jpg



お馴染みの、サン マルコのライオン君。 出かけた場所でお目にかかると、
なにやらホッと親しみが。 ははは。

25s_GF.jpg



特別な作りでもないのですが、美しく心落ち着く眺めの窓。

26_GF.jpg



ドゥオーモ広場の東側は空堀で、向かいに素晴らしい印象の建物が見え、
広場の北東に橋があり、お城 → とあり、
     
27_GF.jpg



橋を渡り、建物の下のアーチをくぐるとこの中庭に。
何とも素晴らしい眺めに、ああ!と嘆息。

28_GF.jpg

あちこちに出かけ、たくさんの素敵さに出会いますが、まさにこれには驚き!
皆さんに、実物大でご覧頂けないのが残念!!



せめて、アップで!  

29_GF.jpg

色のハーモニーが素晴らしく、人物像と柄と、窓、テラスが一体となり、
これだけの大きさの、ほぼ完全なのも珍しい!



お城の建設は11世紀に、すぐ東を流れるタリアメント川に張り出す崖を
利用して造られた様子ですが、
長い変遷の内に、地震、戦火にも出会い、が、この東側の絵画邸とも呼ばれる
部分が無傷で残ったとの事。

現在ここにはレストランが入り、お値段はまぁそこそこで、次回のチャンスにでも。
レストランの入り口は、上の写真に見える階上の大きなアーチの部分です。

このお馬さんの鞍の形、そしてイメージ、何とも優雅でしょ?

30_GF.jpg



中庭を丸く囲む形で建物群があり、この様に角度がついています。
馬やライオン、隼など、動物の姿も多く、それもやさしい印象を与えるのでしょう。

31s_GF.jpg



かってのお城の部分の南側は、16世紀の戦火で焼け落ちたまま再建されず、
川に続く林が、下に見えます。
建物群の端に、ひっそりの入り口も。

ドゥオーモ側から見えた西側の建物も、どっしりと重く、不思議な感じのする地下への
傾斜した入り口がありましたが、近年監獄として使用されていた、と読み納得!

32s_GF.jpg



ローマ通りを中心まで戻り、今度は西に。
こちら側は同じローマ通りですが道幅が広く、やはり、ご覧の様にいくつもバールの席!

34s_GF.jpg

奥に見えるのは、西の塔・Torre Occidentale.



1階が薬局で、1650年創業。 Alla Carità・アッラ・カリタ、という店名は、
なにか奉仕的な事も兼ねていたのでしょうか?

35s_GF.jpg

2階の右端は窓拭きの最中で、なかなか雰囲気が良く。



中心のローマ通りから、小路が何本も脇に通っているのですが、いかにも中世の、
古い建物のアーチの下を覗きこみましたら、どうやらワイン飲み屋ですね。

36s_GF.jpg

綺麗に修復され、すっきりと美しく、逆にモダンなイメージに。



アーチ、が大好きですが、道の向こうに、少し懐かしい緑の鎧戸。
左上にワン君の姿の碑も見えます。

37s_GF.jpg



西の塔の外側には現代風の町が広がり、塔の内側から、通ってきた東の眺め。

38s_GF.jpg

西の塔から東の塔、そしてお城までの距離は、1kほどでしょうか?
小さくても奥が深くゆったりとした町。そんな印象を強く受けました。

たくさん写真を撮り、サイト、ガイドブックからもあれこれ知った
ご案内をたくさんしたい、そんな町でした。
ウーディネ辺りにお出での時は、是非お出かけ下さいね。 お勧めです!!

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント