・ n.2 フリウリのラグーナ、 ミニ・クルーズ

先回に引き続き、フリウリ州のラグーナ・干潟のミニ・クルーズ、その2をどうぞ!
位置については、先回の地図をどうぞ
      
水路をそろそろと進みます。
    
こちらは7つもチビ君を引き連れたマンマで、首にはネックレスならぬ番号札。

1._GF.jpg

WWFの野生動物保護地域、狩猟禁止地域になるので、住民登録済み、 
という事ですね?!
      


他のクルーズ船と出会い、オ~イ! オ~イ!
同じ位の大きさの船でしたが、あちらは総勢10名ほど。

2._GF.jpg


カゾーネの集落のある辺りは、まさに浅瀬。 ゆっくり、ゆっくり進みつつ、
水路の曲がりでカーヴを切る度に水底の泥が巻き返され、ご覧の通り!

3._GF.jpg



この一帯14,5軒のカゾーネでしょうか。 殆どの物は、手入れが行き届き
活用されている様子ですが、この様に、屋根が朽ちかけているのも1軒。

4._GF.jpg



カゾーネ・Casone は元々漁師の避難小屋というか、待機小屋から発生した
様子ですが、干潟の上に建てられているのが、この左の部分で良く分かりますね。

5._GF.jpg

それぞれの持ち主の好み、経済状態により、手入れのされ方、施設など様々。
煙突のあるのと無いのと、これも2通り。
奥に見えるのが、リニャーノ・サッビアドーロの大きなホテルの建物群で、
なんとなし、この対比が面白いでしょ?

でもねぇ皆さん、このカゾーネの写真をご覧になって、何を連想されます?
縄文、弥生の竪穴住居とか、ね、もう、まさにそれでしょ?!
洋の東西、人間の知恵は皆同じ、といつも思う所以です!



一通りぐるっと一帯を回り見物した後、再度細い水路に入り込み
立ち寄るカゾーネに近ずきます。

6._GF.jpg

7._GF.jpg



はい、これが目的地でした。 美しいでしょ?
でもやはり、この写真だけ見ると国籍不明になりそう!

8._GF.jpg



船が寄せられ係留される間に、フト見ると猫ちゃんが杭の上に。

9._GF.jpg

最初にぐるっと一回りした時に、あ、猫がいる!と見た
そのカゾーネに来たのでした。
彼の名前は、サッビアドーロ・金の砂。 ここに住んでいて(住まされていて)
船が来る、お客が来るとやはり嬉しい様子で、今、杭の上でおやつを貰い。



見かけよりも意外に中が広いですが、完全に観光客用に設えられて。
実際は写真よりずっと薄暗く、壁や天井が透けて見えます。

10._GF.jpg

クルーズ船、そしてこのカゾーネのオーナーでもあるアドリアーノは、若い頃
サッカー選手でもあったようで、壁をぐるっと囲む旗はサッカー関係。
  
彼のサイトには有名人の顔がずらりと並び、カンナヴァーロ君の顔もありま~す。
ええ、なかなかの商売人と見えますが、子供たちの遠足兼、自然保護の学習にも
一役買っている様子。
サイトはこちら  http://www.saturnodageremia.it



天井の様子。 ここは煙突がなかったですが、まぁ、これだけ透けていると、ね。

11._GF.jpg

電灯が見えますが、集落に電気は来ていないとの事で、自家発電でしょう。  
     


真ん中に据えられた炉。 冬だと、ここで魚を焼いてくれるのでしょう。
    
12._GF.jpg

他のカゾーネには入りませんでしたが、本来の漁師小屋として利用されているのは、
今はどれほどあるのでしょうか? 別荘並みの扱いに成りつつあるのかも、です。



このカゾーネのある砂州が結構奥に広く、ちょっとした林もあり、小さな小屋もあり、
小屋の中にはこんな古い写真類が。

13._GF.jpg

一番下の右端、197X年の冬、ラグーナに氷が張りつめ、
リニャーノ・サッビアドーロまで歩いて行けたと。
その左はラグーナでのゴ・Goという白身の小魚捕り。 から揚げにして、美味しく。
ヴェネツィア・ラグーナでも、お腹辺りまで水に浸かって漁をしているのを
見かけますが、ラグーナならではですね。



屋根の葺き具合。 方法は日本と同じで、もっと簡単そう。
そして、やはり何年か毎に葺き替える様子。

14._GF.jpg



これ、何の木でしょうか? よく育って太く、涼しい影を提供。

15._GF.jpg

その下の細長い、いくつものテーブルに座り込み、アドリアーノのお喋りと歌、
魚介類のスパゲッティ・spaghetti allo scoglio、白ワイン、
干しブドウ入りの菓子パン、カフェ、グラッパ酒 と頂き、お喋りが弾みました。

誰だぁ、年寄り連中が騒いでいる、と言うのは?! ええ、まぁ、当ってはいますがね、
こちらの中年以降も、大変元気なのですって!!
我々のテーヴルで何の話が出たかというと、家畜にアレコレと名をつけて可愛がり、
次には、アレを食べよう、コレを食べよう、という例の話!
ご存じない方 こちらの最後を。
      
とか、豚ちゃんを屠り、その血を入れたトルタを作るのに、匂い消しにカカオの粉を
入れるとかで。 ああ、アレは旨い! と隣の席のシニョーレ。
ヴェネツィアでは、このトルタをボルドンと言うそうで。
ええ、皆さんよく食べ、お元気ですぅ!!



こうして再び船に戻り、猫ちゃんの見送りを受け、マラーノの港に戻る事に。

16._GF.jpg

写真クラブで一緒しているジャンナが、秋にもう一度来て夕暮れを見よう、
彼女がお膳立てする、というので楽しみに。



潮が引いて行きます。 冬のヴェネツィアの高潮のようにどんどん引いていて、
新しい水草が顔を出します。

17._GF.jpg



進入して来た水路を戻りますが、これは先回ご覧頂いた魚網の底の部分で、
こちらは、絞ったまま干していて、

18._GF.jpg



下のは開放して干しているので、2重になっているのがよく見えます。

19._GF.jpg



水路を抜け、ラグーナの広い部分に。 カモメたちが、また傍らを低く高く。

20._GF.jpg



陽射しが強くなり、海の色が濃く、出会うヨットが美しく。

21._GF.jpg



帆が、精悍で美しい!

22._GF.jpg



我々の航路がよく見えます。 夏だよぉ~!

23._GF.jpg



朝10時、曇り空の下に出航した港に、午後4時過ぎに戻りました。
1時間半ほど放し飼い、いや自由行動に。

24._GF.jpg



このマラーノ・ラグナーレ・Marano Lagunareの町は、フリウリ州でも
指折りの漁港との事ですが、
90%がラグーナ・干潟で、10%が本土 という立地状態だそう。

道の奥に開けて見える所が港で、道の左奥に見える最初の石造りの建物は
現在オステリーアですが、その壁には・・

25._GF.jpg



これは、1583年の年号で、もう一つは、1620年。

26._GF.jpg


この町の起源は、アクイレイアと密接な繋がりを持ちます。
アクイレイア自体、紀元前181年にローマからの駐屯兵300名が入植し
出来ましたが、紀元前169年に、そこからこの地に約1300人の家族が、
北の蛮族の侵入を防ぐ為に入植させられたのが、町の起こりだそう。
アメリカの西部開拓史のようですねぇ!

完全に市壁に囲まれた要塞の町だったといい、その後15世紀に
ヴェネツィア共和国の元に入り、という変遷を辿りました。
       


可愛い窓があり・・

27._GF.jpg



ぐるっと角を回るとこの建物。 町の一番の広場に面した15世紀の執政官の館。

28._GF.jpg

現在は、こんな風に可愛らしく飾られ、骨董兼スーヴェニール店に。
写真左端に、頭の欠けた角柱が見えますね。 あの上に、ヴェネツィア共和国の
シンボルの、翼を持つライオン君がいたのではないかと・・。



こちらが建物正面の上の飾り。 17世紀の執政官の胸像と書いてありますが、
円形の飾りの女性像と様式が違いますから、据え変えられた様子ですね。

29._GF.jpg



広場の北西角にあるこの塔は「千年祭の塔」とも、「大司教の塔」とも呼ばる
15世紀のもので、

30._GF.jpg

16世紀には監獄としても使われた様子ですが、アクイレイア大司教領の
海の要塞の町でしたから、物見の塔ですね。 上部の色が違いますが、再建部分。
      
下部にいろいろ胸像が見えますが・・



17世紀の優秀な彫刻家たちが製作した、この町の執政官たちの胸像との事で、
執政官の館の正面の胸像も、同じ時代のものだそう。

31._GF.jpg

17世紀という時代の影響かかなり優雅な胸像群で、現在のこんな漁港(失礼!)
で見ると、正直な所??!!。 でも17世紀当時はもっと格差があったろうにね。



こちらは広場の北側。  修復されていますが、ちょっと入り込む部分に井戸が。
奥の細高い建物にもかっての面影が残り・・

32._GF.jpg



同じ広場の右側面ですが、真ん中のアーチを持つ建物も由緒ありげ。

33._GF.jpg

この彩り、ブラーノ島によく似て、町には、ヴェネツィア共和国の影響が濃く残ります。
が、大変興味深い事にこの地では独特の土地言葉が使われている様子。
      
マラーノ・ラグナーレの町のサイトをどうぞ。 イタリア語・英語版の国旗があり、
真ん中にサン・マルコのライオン君がいて、ここをクリックすると、マラネーゼ語・
Maranese、つまり、この土地の言葉に変わります!
ヴェネト訛りの様でもあり、フリウリ言葉とのミックスなのでしょう。

追記: 残念! リンク先を確かめましたら、サイト内容が変わっていて、
    マラネーゼ語翻訳は無くなっていました。 が、写真を見れますのでどうぞ。
http://www.comune.maranolagunare.ud.it/
 


この家なんぞ、まるでブラーノ島ですが、戸口の上のあの装飾碑!  むむ!

34._GF.jpg



こちらは漁港の小路のイメージ。 落差が興味深い!

35._GF.jpg



中心広場から続く中央通りにはかなり重厚な建物が並び、修復済み。

36._GF.jpg


  
中央の通りから中心広場への眺め。 右手に、何とも凄いピンク!

37_GF.jpg



短い時間なので、中央通りの往復のみ。
横道に入り込むと色々面白そうですが、またのチャンスに。



再び木の橋を渡り、家路に。

38._GF.jpg

一日しっかり船で遊び、食べ、バス往復のハイキング参加が、50エウロ。
お安いでしょう?!
一人で好きに動く自由さは無い代わりに、かなりしっかりと説明が聞け、
バスに座っていれば連れて行ってくれる、気楽な良さもあります。
で、次回のチャンスにも勿論ね!

はぁ~い、お疲れ様でしたぁ!
  

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。      


この記事へのコメント