・ n.1 ドゥイーノのお城 ・ トリエステの海に臨み

今日はイタリアの最北東、国境の街トリエステ・Triesteから西に約15kの
ドゥイーノ・DuinoーAurisinaにある古城・Castello di Duinoにご案内を。
行ったは5月末の快晴の日で、海に臨むお城からの眺めが素晴らしかった!

この写真は何年も前に行った時のもので、当時はまだお城が公開されておらず、

1-227_GF.jpg

お城のすぐ横から東のシスティーナ・Sistinaに向かい海沿いの崖の上を辿る、
全長約2kのリルケの小道・sentiero RILKEと呼ばれる散歩道からのもの。

詩人リルケ・Rainer Maria Rilkeがかってこの城に滞在し、散策しつつ
インスピレーションを受け書いたといわれるドゥイーノの悲歌・
Elegie duinesiで有名な、眺望の素晴らしい小道から。

リルケの小道 ・ ドゥイーノ ・ Duino
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460993159.html



ドゥイーノはどこにあるか、地図をどうぞ。 グレイの線がスロヴェニアとの国境で、
地図に赤いAの付いている場所は町の方で、
今日ご案内のドゥイーノのお城は海沿いの赤い四角の位置に。

2-ino_GF.jpg

トリエステ・Triesteから約15kと書きましたが、もっと近くにはミラマーレの城・
Castello di Miramareもあり、こちらはオーストリアはハプスブルグ家最後の皇帝
フランツ・ヨハネの弟の悲劇のメキシコ皇帝マキシミリアンが建てた19世紀のお城があり、
 
トリエステ ・ ミラマーレ Miramare
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460993347.html

そこから北東、山の中にあるルピングランデ・Rupingrandeの山の上の教会から
見下ろす向こうは、スロヴェニアの国。
石造りの重厚な要塞兼の教会を良く覚えておりますが、様子をまたご紹介します、
と書いたきりの宿題無提出に気が付きました、ははは。

それでもまぁ、イタリア北東部国境の村々の様子はこちらに。
イタリア東北部 国境の町 ・ さまざま
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462967545.html

地図の左上に見えるモンファルコーネ・Monfalconeは、
ヴェネツィア・メストレと共に、大型クルーズの造船で有名な町。


さて、ここがお城への入り口。

3-102_GF.jpg

現在(2019.8月)の公開日と料金は
公開 3月15日~3月31日 9時半-16時半
    4月~9月 9時半-17時半
    10月1日~14日  9時半-17時
    10月15日~11月3日 9時半-16時
    11月~3月半ば 週末のみ 9時半~16時
    要入場料、8エウロ  割引 6エウロ
      
 

入り口から見える奥の城館。

4-104_GF.jpg



ちょっと珍しい彫りを施した井戸もあり、

5-233_GF.jpg



奥の城館に続く、中の門。
  
6-232_GF.jpg



この右手前に見える低い石塀の右側には、低い位置に庭園が広がり、
向こうに海が見える素晴らしい眺め。

その噴水池に、ほら、カモメが飛んで来たのが、見えますか?

7-108_GF.jpg



あ、カモメだよ、と言っているうちにチャポッと浸かり・・、水を飲みに来るのかも。

8-113_GF.jpg

いつも通っている市のプールですが、仲間の言うには、屋外プールには冬の間、
近くの川から鴨達がやって来て泳いでいるそうで・・! ははは。



入り口から城館へは少し緩やかな坂のカーヴした道で、とにかく素晴らしい眺め!
海沿い左から右への眺め。

9-128_GF.jpg



岩の上に、古いお城の遺跡がみえますね。 ローマ期の廃墟を利用して作った
10世紀のお城跡だそうで、ここには悲しい王妃・ダーマ・ビアンカの逸話、
残酷な夫に耐えかね海に身投げしたという、が伝わります。

10-122_GF.jpg

ここも要予約で見物出来る様子。

お城のサイトは https://castellodiduino.it/
住所  Duino 32  34011 Duino-Aurisina - TS
Tel. +39 040 208120
見学の問い合わせ visite@castellodiduino.it
他の問い合わせ info@castellodiduino.it



で、この岩の下にこんなボートが見え、

11-127_GF.jpg

ルイーザの夫レナートが、
シンカイ、あんたのカメラならドルチェ・エ・ガッバーナが撮れるだろ?!

ドルチェ・エ・ガッバーナ云々は、こちらのCMをね。 この夏、また新版が時々ね。
       

ついでにカプリ島一周、青い海も! n.1 カプリ島 一周にご招待!
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465140971.html

n.2 カプリ島 一周にご招待!
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465141146.html

レナートの写真で   サン・ボルド峠 ・ 難所の峠越えは
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/467388089.html 



と、そそのかされ、精いっぱいの望遠で!

12-129_GF.jpg

  あのね、お腹の出っ張ったシニョーレでね、で、3人いるよ。
  出っ腹か、がはは!
・・我らは覗き仲間かや?!  



カーヴの道の向こうに、綺麗に修復された城館が見え、

13-120_GF.jpg


     
館の下になる入り口を潜り、 写真は中庭からで、右から入って来て、

14-226_GF.jpg



中庭の、向こう正面の建物。

15-142_GF.jpg
     
入り口脇に礼拝堂と書いてありますが、こちらの棟に、現在も城主一家がお住まいと。



中庭の左手に聳える塔、途中まで上れるそう。

16-134_GF.jpg



中庭の右手奥の棟と右手前の棟、この海を見はらす棟が公開され、見物出来ます。

17-140_GF.jpg



入り口脇の部屋から、

18-144_GF.jpg

19-145_GF.jpg

なんとも素晴らしい眺めでしょう?!! 



下の部屋の展示物。 たくさんありすぎ、しかも有象無象な物までもで、・・ひがみ、
ですがこれらは、値打と見ます。

20-153_GF.jpg

21-155_GF.jpg



下の部屋の廊下から、中庭を望み、

22-158_GF.jpg



廊下奥にある階段から上の階に行きますが、これが素晴らしいらせん階段で!

23-169_GF.jpg
 

     
まず床の大理石の柄、

24-164_GF.jpg



3階まで部屋の公開があったと思いますが、上から眺めおろすとこんな様子。
優雅でしょう?!

25-219_GF.jpg

ドゥイーノのお城は、古い10世紀からの城、古い遺跡が岩山の上に見えた、
の代わりに、元からあった16世紀の塔に増築されたものだそう。

城の現在の持ち主は、なにせ14世紀以来の歴史を誇る城と貴族でして、
その変遷を語るのはお許しを願い・・、
現在はデッラ・トッレ・エ・タッソ公爵・della Torre e Tasso、
元はベルガモ出身のドイツの著名な貴族の流れをひき、
       
Thurn und Taxis家と言うと、1400年代からヨーロッパの郵便事業を始めた
草分けで、350年以上にもわたり事業を続け、
その家名が郵便システムに結び付いた家系なのだそう。

詩人のリルケが滞在し、彼の大パトロンでもあったのは良く知られているそうですが、
それ以前にダンテが滞在したとも、と昔読みました。
が、こうして改めて城の歴史を見ると、ダンテの時代には現在の城はまだなく、
まぁ、城館持ち主のご先祖様はお出でで、そのお館に、という事でしょうか


                   
展示の中にはこんな古い写真もあり、如何にもの貴族的風貌が窺われますが、

26-165_GF.jpg



この麗しい婦人の肖像を、今日の最後に。

27-157_GF.jpg


次回は上階の部屋や、テラスからの素晴らしい眺めをご覧頂く事にしますね。
お楽しみに!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント