・ ムッジャ ・ Muggia ・ トリエステ湾の、小さな港町

冬の霧の風景を少し忘れるべく、今日は夏の陽射し輝く小さな港町のご紹介を。

トリエステからバスで約小1時間ぐるっと湾を回り込み、海を挟んで南側の
ちょうど正面辺りに、このムッジャがあります。

バス駅は町のはずれにあり、古い町の中心にはこの門をくぐっていきますが、
この上は家のテラス風になっていて、実際は写真のイメージとすこし違い。
 
1-12609_t_t_t_GF.jpg

イタ猫集まれ ・ ヴェネツィア、ムッジャ、グラード
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460919824.html

イタ猫 ・ ヴェネツィアの猫 ・ ムッジャの猫
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460918530.html



中心広場 ・ ピアッツァ・マルコーニ  絵葉書で
広場の東側を、13世紀建設、ヴェネツィア・ゴシック様式のドゥオモが占め、
北側に市役所の建物があるのをまずご覧頂き、

2-03321_t_t.jpg



ムッジャはイストリア半島の付け根に位置し、10世紀にはアクイレイアの司教領
となり、その後15世紀に、ヴェネツィア共和国の元に入りました。

こちらは現市役所で、町にはまさに、鄙びたヴェネツィアの面影が。

3-12936_t_t_t_GF.jpg



ヴェネツィア共和国領となると、欠かせないのが彼、聖マルコのシンボルである
翼を持つライオン君が壁に。 今もこうして、精一杯怖い顔をして見せて。

4-13023_t_t_t_GF.jpg



広場の東にある13世紀のドゥオモ。 少し特異な形をし、素晴らしい薔薇窓が。  
太目の、尖った鐘楼は15世紀の物。

5-13111_t_t_t_GF.jpg

このマルコーニ広場を中心に町の様々な催しが行われ、ムッジャのカーニヴァルも有名。



港風景  絵葉書で
マルコーニ広場の北にある、小さい内に入り込んだ港で、小型の漁船が舫っていて、
絵葉書の右上に見えるのがお城。

6-03413_t_t.jpg

イーストリアとの国境にある守備目的のお城で、14世紀にはトリエステ陣に
破壊された歴史もあるとの事。



市役所の横を抜ける小路を港の側から。 右の建物が現市役所で、
古い小さな漁港の周囲は建物に取り囲まれ、いかにも長閑な雰囲気が漂います。

7-214233_t_t_t_GF.jpg



上の写真を撮った位置からの、小さな港を挟んでの向かい側の建物。  
イメージもいささかレトロで、とても懐かしい感じ。

8-214322_t_t_t_GF.jpg



上の右側の建物の窓。 ペンキの剥げ落ちた窓の鎧戸と、ささやかに窓辺を飾る、
小さな花の鉢。 ヴェネツィアの赤、と呼ばれる壁の色、そして、街灯。

9-215549_t_t_t_GF.jpg

このイメージが、とても好きです。



内側の港の横を辿ると、外の開けた港に。 ここにはこんな小型の洒落たヨット、
そして少し大きな漁船、等など。

11-13512_t_t_t_GF.jpg



海を挟み、北にはトリエステの街が広がります。
一番西の端から、パノラマ風に連続写真を撮ってみると5枚におさまる長さで、
これはその3枚目。  ちょうどトリエステの中心部でしょうか。

12-13906_t_t_t_GF.jpg



ムッジャの町はすぐ背後に丘が迫り、町の小路は狭く、急な坂が続きます。
お城への道を辿り、あちこち曲がるうちに出合った小さな、素朴な教会。

13-214954_t_t_t_GF.jpg



教会入口部分。 扉上の半円形に置かれた聖母子像と、上の素朴な薔薇窓が
大変素敵でした。 残念ながら、扉は閉じられていて。

14-215045_t_t_t_GF.jpg

追記:この教会は、サン・フランチェスコ教会と言い、ロマネスクの古教会と
   いうのが分かりました。



町を見下ろす丘の上に古いお城があり、かっては町を市壁で囲んでいた、との事。
この物々しい城壁を見ると、国境の城の守備の意識が垣間見えるよう。

15-214725_t_t_t_GF.jpg



現在このお城は個人の所有だそうで、どなたかが住んでいる様子が窺えました。

16-14542_t_t_t_GF.jpg



お城のある高みから港が一望です。 この港は外側の広い方で、
奥に見える大きな船のドックはムッジャの町の外に。

17-214453_t_t_t_GF.jpg

その奥の山腹に広がる所が、トリエステの街の東側部分。



こうして一日遊び、帰路の汽車の窓から眺める夕陽。
トリエステを出ると電車は高台を走り、何もない広い海が見渡せます。ブレご容赦。

18-20006_t_t_t_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント