・ n.1 コルティナ・ダンペッツォの散歩をどうぞ!

先回見て頂いた「ドロミーティの旨いもの」編の写真整理に続き、
コルティーナ・ダンペッツォ・Cortina d'Ampezzoの町も何とか整理できたので、
見てやって下さい!

今回は小型観光バスに乗り、ぐるっと町を下った辺りからの絶景もたくさんあり、
それに雨上がりの大快晴の午前で、何度か見て頂いてるコルティーナですが、
余りダブる写真がないのにも気を強くし、ははは、せっかくのついでだからと
2回に分けてご覧頂く事にし、
夏の日も終わりに近い、高級避暑地の空気をどうぞ!!

最初の写真は、以前も同じだったのですが、でもコルティナに行く時には
いつもここのカーヴを曲がってきたパッと目に留まる、わぁ~お!という場所で、はは、
クリスさんに「サン・ヴィトー辺り」と教えて頂いた眺め。

1-635_GF.jpg



7時過ぎに家を出発しどんどん空が晴れだし、山の頂上が輝きだした所で、
右端近く、三角に茶色のとんがりが見えますね、

2-640_GF.jpg

なぜか、あそこだけ色が濃い茶色の三角で・・。



地図をどうぞ。 南に見えるコネリアーノ・Coneglianoが我が町で、
太い黄土色の高速はベッルーノ・Bellunoの先でお終い。

3-1-tina.JPG

一路北に向かい、カラルツォ・ディ・カドーレ・Calalzo di Cadoreの手前から
西に折れ、上の写真のサン・ヴィトー・San Vitoを通り、コルティナまで約86K.
ヴェネツィア辺りからだと電車でカラルツォまで行き、電車もここが最終駅で、
ここからバスになります。



上の写真の山麓にはこんな家並みがありますが、はい、この手前の家が
先回のトップの写真に見える家。

3-2-637_01_GF.jpg



すぐ近くにはこんな一風変わった家もあったのですが、とてもよく似た家が
上の写真の家の近くにもあり、案外建売タイプなのかも、と思ったり・・。

4-649_01_GF.jpg



谷の向こうには、雲の隙間からこんな風に岩肌が覗き、

5-647_GF.jpg



どんどんと雲がひき青空が覗き始め、陽が山に当り始め、いぇ~い!!

6-658_GF.jpg

7-659_GF.jpg



という事で、コルティナに到着!

8-661_01_GF.jpg



町の中心よりも上にある駐車場に入れ、まずはドゥオーモのある中心広場に。
ちょっとレトロで嬉しげなカフェの看板も健在。

9-677_01_GF.jpg



ドゥオーモの後陣側にある広場には、こんなラッパの見える小屋、
確かインフォメーションだったと。
  
10-673_01_GF.jpg 



その隣には舞台ラ・コゴイア ・La Cogoia (Conchiglia)・カタツムリと
呼ばれる木製の四半円球の屋根を持つ舞台があり、
8月31日日曜日のブラバンのお祭りのプログラム。

11-672_GF.jpg

フェスタ・デ・ラ・バンダの綴りもイタリア語とちょっと違い、
長いオーストリア治世下にあった事を偲ばせ、勿論衣類もティロル風。
この舞台は多分取り外し式なのでしょう、今回初めて見た様な。



青空に白く輝く、ドゥオーモの鐘楼。

12-671_01_GF.jpg

ドロミーティは世界遺産指定ですが、その中心に君臨するコルティーナの
シンボルに相応しい美しさ!



広場にはこんなのも! 今は柵があるので、多分競技会があったのかも。

13-675_01_GF.jpg



8月の末、既に風も涼しいほどですが陽射しは強く、花壇の花も、ホテルの窓の
鉢植えもまだまだ咲き誇り。

14-676_GF.jpg

15-668_GF.jpg



お店のショウ・ウインドウを覗いていると、

16-662_GF.jpg



ひぇ~!というようなお値段の品、素敵な色合いのセーターで、襟に毛皮が
ついているのですが、半額になって1200エウロ!!

17-669_GF.jpg

で、その右にも値札が見えるでしょう? そのお値段は半額で280エウロで、
それでも高い!と思うのですが、さてどちらが、このセーターの値段と思し召す?!



同じ店だったと思うのですが、こちら毛糸編みの裏打ちと襟と袖口の付いた、
狐ちゃん(と思うのですが、はは)の半コート。

18-670_GF.jpg

オリジナルの写真で拡大し、値段を確かめて参りましたぁ。
半額で2920エウロでござった!
       


陽射しが眩しい道を少し下ります。 あ、ロープウェイの線が見える!

19-681_GF.jpg



中年女性の貫禄ある美しさ!! あのスカーフ、素敵だなぁ!

20-685_GF.jpg



こういう柄のセーターとコージュロイの半パン男性も、コルティナならでは。

21-678_GF.jpg



チビ君も、カフェの椅子の下で日向ぼっこ。

22-680_GF.jpg



この子は、耳も尻尾もお腹の皮もプルプル振りながら、ホッホッホッと付いて行き、

23-682_GF.jpg



おお、やっと横顔が撮れた!

24-684_GF.jpg



この家族は、女の子が一番かっこよく歩いているね、はは。

25-686_GF.jpg



カフェのテラス席で憩う人々。 ピンクの女の子が可愛い子犬を抱いていて。

26-688_01_GF.jpg



トゥレニーノ・Treninoと呼ぶ市内観光バスがいるのを見つけ、
そう、なぜかこういう観光バスは汽車・トゥレーノの形を模しているのですよね、
で、7月19日から8月31日までの夏限定。

27-024_GF.jpg



パンフレットを見ると2コースあり、我らはちょうど時間の合った赤い方、
町の下の方に行くのに乗ることに。

28-025_GF.jpg

この地図では横に町が延びていますが、本当は南北縦長に町が広がります。
       


という事で、最後尾に乗りこみ、いざ出発!

29-689_GF.jpg



こちらは同じ車両に乗り合わせたご夫婦。

30-734_GF.jpg



町を出外れると即、こんな雄大な山々が見渡せる様になり、

31-691_GF.jpg



平地に下り小さな集落の横を通り、コースの一番奥にあるキャンピング・カーの
キャンプ場まで行きますが、この平地の奥に散らばる車が見えますか?

32-711_GF.jpg



平野の向こうに、突然に立ち聳える岩山!
この威圧感にいつも驚かされるドロミーティの景観です。

33-713_01_GF.jpg

右手奥に白く見えるドゥオーモの鐘楼。



なだらかな道を散歩する姿、一人で、カップルで。

34-714_GF.jpg

35-721_01_GF.jpg

ええ、山登りは到底ダメ!ですが、こういう道なら仲間と歩いても楽しいよね。

という事で、次回に続きま~す。 お楽しみにぃ、よろしくぅ!!



◆ 個展のお知らせ ◆

我が絵の師 二木(ふたつぎ)一郎さんが、10月15日から21日まで、
松本市の井上百貨店ギャラリーにて、個展を開催されます。

36-14_inoue_dm.jpg

37-14_inoue_dm.jpg

ご案内にもありますように、この画廊での個展もちょうど10回目との事。

一筋にご自分の絵に取り組んでおられるのも、日頃からいつも拝見納得ですが、
今回出展の素晴らしい新作については、ご自身のブログのこちらに。
http://blog.goo.ne.jp/futa2560/e/4ba00a95773a1bae0536f305e50dcd07

麗らかな秋の日、どうぞお出かけご高覧下さいます様
私からもご案内申し上げます!

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント