・ ドロミーティの景観 ・ 山小屋サン・マルコ

写真仲間のジョヴァンニ・Giovanniの提供でご覧頂いているドロミーティの大景観、
今日ご覧頂くのはドロミーティの山々の中でも2番目に高いアンテラーオ山・Antelao、
標高3264mを望む山小屋サン・マルコ・Rif.San Marcoへの道。

1-Rosa selvatica_GF.jpg

ご覧の様に今回は色とりどりのお花と、アンテラーオ山の夕暮れ色の、素晴らしい写真を
送ってくれましたので、皆さんもご一緒に高山の爽やかな散歩をお楽しみくださいね。
上の可愛いピンクは、野生の薔薇。


       
ジョヴァンニの送ってくれた地図ですが、なんとまぁ、見ただけで目眩がしそうな、と
思われません?! 

2-1-Antelao_GF.jpg

彼と友人が行ったのは、上に囲った山小屋サン・マルコ、標高1823m。
アンテラーオは右下に見え、位置をとちゃんと囲ったのですが、ははは、
その上からサイト名を入れたドジshinkai!・・まぁ、位置はお分かりですね?!



で、どの辺りかはこちらの地図を。 コルティーナ・ダンペッツォの南東に位置する
サン・ヴィトー・ディ・カドーレ・San Vito di Cadoreから北東に約2時間程の距離、
赤点をつけた辺りでしょうか。

2-2-s.vito _GF.jpg 
      
サン・ヴィトーの下に追加したセルデス・Serdesは、山小屋から下り、
夕暮れのアンテラーオ山を撮った場所なのだそう。
左のモンテ・ペルモ・Monte Pelmoは、彼の次の写真の中に。

ヴェネツィアから我が町コネリアーノ、そしてべッルーノを通る国鉄線は、
地図に見えるカラルツォ・ディ・カドーレ・Calalzo di Cadoreが終点で、
ここでバスに乗り換えコルティーナに向かいますが、

国道との合流点ピエーヴェ・ディ・カドーレ・Pieve di Cadoreには、
かのティツィアーノ・Tizianoの生家があります。

ティツィアーノの生家博物館 ・ ピエーヴェ・ディ・カードーレ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/467641435.html

ティツィアーノの生まれた町 ・ ピエーヴェ・ディ・カドーレ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461664802.html



リフージョ・サン・マルコに向かう山道から、出発したサン・ヴィトーの町と、
奥にモンテ・ペルモ3168mの姿。

2-3-Monte Pelmo e San Vito di Cadore dal sentiero per il rifugio_GF.jpg



花の咲き乱れる草原。

3-Prato_GF.jpg

4-2-Prato_GF.jpg

4-Prato di montagna_GF.jpg



日本名が分からず、パラディージア・Paradisiaと。 大変清楚な白百合。

5-Paradisia_GF.jpg



オダマキ・Aquilegia・アクイレージア。

6-Aquilegia_GF.jpg

さすがジョヴァンニ! 良く花の名を知っています。
イタリア人は、女性でもなかなか花の名を知らないのですよ。



鹿の子百合・Gilio martagone・ジ―リオ・マルタゴーネ。

7-Giglio martagone_GF.jpg



草原に咲くオレンジの百合、
この百合はサン・ジョヴァンニの百合・Gilio di San Giovanni.

9-San Giovanni_GF.jpg

10-Giglio_GF.jpg



小撫子・Garofano minore・ガローファノ・ミノーレ。

11-Garofano minore_GF.jpg



野生の(森の)ゼラニウム・Geranio silvano・ジェラーニオ・シルヴァーノ

12-DSCN3907_GF.jpg

13-Geranio silvano_GF.jpg



日本名はなんと?  ボットン・ドーロ・Botton d'oro.

14-Botton d'oro_GF.jpg



木の祠のマリア様と幼子。 素朴な信仰が伝わって来ますね。

15-Devozione_GF.jpg



アネモネ。

16-Anemone_GF.jpg



さて、険しい断崖絶壁の山道の写真が始まり、稲妻みたいに続く道!

17-Sentiero_GF.jpg

18-DSCN3771_GF.jpg

この稲妻みたいなジグザグの山道は行程図にも見え、ジョヴァンニの説明によると
行程は2時間ほどと時間的には短いものの、
常に前面にアンテラーオ山を見ながらの、信じられない程の大景観なのだと。
       


お天気も、どんどん雲が流れる様子が見えますね。
       
19-Monte Antelao dal Rifugio_GF.jpg



これがアンテラーオ山。 ドロミーティ山塊中で2番目に高い3264m

20-Rifugio San Marco_GF.jpg

こちらが目指して登って来たリフージョ・サン・マルコ1823m。



ゆっくり下り始め、道脇の十字架像。

21-Ritorno a San Vito_GF.jpg



サン・ヴィトーのすぐ近くの村セルデスに移動し、山の夕暮れを見守ります。
ソラピス山・Monte Sorapis.

22-Tramonto_GF.jpg

23-DSCN3816_GF.jpg



空に晴れ間が見えるアンテラーオ山の夕暮れ。

24-Tramonto_GF.jpg

25-Tramonto_GF.jpg

26-DSCN3807_GF.jpg

27-DSCN3821_GF.jpg



夜の色が少ししのび込む空。

28-Quasi sera sull'Antelao_GF.jpg

美しいですねぇ! 雲が動き、色がどんどん変わっていく様子を、
さぞかし夢中になって追いかけた事でしょう。
Grazie Giovanni!!



このアンテラーオ山がドロミーティ山塊の内で2番目に高い山とのジョヴァンニの説明で、
では一番高いのはなんという?

はい、この山マルモラーダ・Marmolada. サン・ヴィトーからほぼ西、地図上の
直線距離にして約30kの位置に。

s-Marmolada.jpg

写真はウィキから拝借で、右に見える峰がマルモラーダの主峰プンタ・ぺニア、3343m
奥がプンタ・ロッカ、3309m、という事で、
アンテラーオ山3264mは、厳密に言うと3番目の高さ、という事になりますが、
一般にはマルモラーダと一つに数えますので、2番目と。
       
「マルモラーダ」という名だけは知っておりましたが、漸くにその位置と姿に
お目にかかりました、なるほどぉ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント