・ ヴィチェンツァの街 と ラ・ロトンダ 訪問予告編 

この水曜にグループで、ヴィチェンツァに出かけて来ました。
ヴィチェンツァで開催中の展覧会と、街の南にあるA・パッラーディオ建設の
ラ・ロトンダ見学です。

展覧会のみと思い申し込んでいなかったのが、まだ見ずのラ・ロトンダも見学する、
バスの席がまだあるというので、2日前に急遽決めて出かけたという訳でした。

気乗りせずに出かけた展覧会ですが、失礼、ははは、
作品の幅が広く、思いがけない作家の作品もあったりで面白く、
誠に失礼をば・・、 ラ・ロトンダも十分に楽しめましたのでまた改めてご案内を、
という事で、今日はヴィチェンツァの街中の、のんびり散歩をお楽しみ下さい。

写真はバスがヴィチェンツァの街に南から近づき、モンテ・ベーリコ・
Monte Bericoの聖堂が見えてきた所。

1-926_GF.jpg



ラ・ロトンダのある丘のすぐ近くを県道が通っていて、バスの窓から見えた所。

2-927_GF.jpg



入り口の柵の隙間から。

3-937_GF.jpg



まさに春の素晴らしい一日だったのですが、花も咲き始めており、

4-938_GF.jpg

5-983_GF.jpg



スケッチをしたり、 イギリスからのグループみたいで、

6-981_GF.jpg



お花を摘んでネックレスを作ったり、 やはりイギリスからの様、

7-963_GF.jpg



こんな緑の髪の、デンマークからの高校生がいたりで、

8-995_GF.jpg

ちゃんとアップで撮らせて貰いましたので、ははは、
また次回のご案内をお楽しみに!  と、客引きshinkai。



さて、ヴィチェンツァの街に移動し、修復が終わってすっきりの、
パッラーディオのバジリカがあるシニョーリ広場まえに。

9-003_GF.jpg



バジリカの左下のアーチに見える幕が、

今回見に来た展覧会で、タイトルが
「ツタンカーメン・カラヴァッジョ、ヴァン・ゴッホ・エジプトから20世紀までの夜の風景」

10-012_GF.jpg

いかが、このタイトルでは惹かれないのがお分かりでしょう?!
まして好き嫌いが激しいshinkaiは、名の並ぶ2人の作品が好みでなく、
へへ、お好きな方ごめんなさい! 最初の申し込みはしなかったのでした。

が上に書いたように、好きな作家の作品が何枚もあり、      
つまり「夜」のテーマに沿っての作品を広く浅くの展示でしたので、逆に楽しめた、
という訳で、という事でこちらもお楽しみに、と再度客引きを、ははは。



バジリカの横、12世紀建設のトッレ・ビッザーラの広場に向いた面の聖母像。

11-005_GF.jpg

街で一番高い塔との事ですが、今回始めて西に傾いているのに気がつきました。
それもかなりの傾きで、この写真でもほんのちょっぴり修正済み。



向かい合っての、真ん中にサン・ヴィンチェンツォ教会を挟み、
両横に広がる元公営質店モンテ・ディ・ピエタと、

12-008_GF.jpg



細長い広場の西端にあるのがパラッツォ・デル・カピターノ。

13-009_GF.jpg

この辺り既に一度ご案内しておりますので、こちらで詳細を。
A.パッラーディオの街  ヴィチェンツァの中心をちょっぴり       



広場には車が入って来ずで、皆のんびりと日向ぼっこ、

14-020_GF.jpg



ワンちゃん達の出会いもあり、はは、即、キス・シーンだもんなぁ・・!

15-013_GF.jpg

16-015_GF.jpg


グループでのお出かけは、いつもは割と時間の余裕が無いのですが、
今回はたっぷりお昼の放し飼いがあり、ははは、我ら4人は広場のカフェ席で、
陽射しを浴びながら茸のパスティッチョとビールを。
茸とホワイトソースのラザーニャと言うと分りやすいかな?
たっぷりパルミッジャーノがかかっていて美味しかったのですが、
写真をすっかり忘れ・・!

食後は出会った他の仲間とも一緒にバジリカの周囲を歩き、

17-022_GF.jpg



軒下の柄、

18-044_GF.jpg



西側の狭い一廓にあったパッラーディオの像。

19-023_GF.jpg



バジリカの南側、

20-024_GF.jpg



北側のよりも狭いエルベ広場があり、そこからのバジリカの眺め。
       
21-028_GF.jpg

22-029_GF.jpg

北側よりも土地が低いのか、南側はこんな風にかさ上げを。



通りを西に向った位置より。
青銅の屋根の下の大理石の柄、模様はちょっと違いますが、
ヴェネツィアのパラッツォ・ドゥカーレに良く似ています。

23-031_GF.jpg



暫く行くと、ドゥオーモの横に。 ここは煉瓦の赤壁と、やはり青銅の丸屋根で、

24-032_GF.jpg

25-043_GF.jpg



正面のみ大理石ですが、シンプルで柄がとても優雅。

26-034_GF.jpg

27-036_GF.jpg

28-039_GF.jpg

ここもお昼休みで閉まっていて、何度目かの訪問ですが、いまだ中に入った事なし。



斜め横のディオチェザーノ博物館、現在開催中の垂れ幕
「オウム柄の司教様の祭礼用マント・玉座から祭壇」
祭礼用の優雅で豪奢な金銀織りが、さぞやたくさんの事でしょう。

29-033_GF.jpg



ドゥオーモ前から西に続く道を辿ると街の西の門で、パッラーディオの建物のある公園、
そして駅前の広大な緑の広場にでます。

30-042_GF.jpg



バジリカの1階にある宝石博物館も見て、はぁ、余りに凄いと、見ても感動がなく、
はは、貧乏人でして、

漸くに上階で開催中の目的の展覧会も見て、下に下りて来ると既に6時半近く、
薄闇が始まっておりました。

31-059_GF.jpg

3年前まだ修復が済んでいなかったこのバジリカの真ん中は、店も殆ど閉じていて
寂れたようなイメージでしたが、今はこうしてバールも開き、



広場を囲む店々にも灯がともり、

32-060_GF.jpg



バジリカにも明かりが。

33-062_GF.jpg

そうそう、この上のテラスにカフェがオープンしているそう。 今の展覧会期だけか、
よく分りませんが、上からの眺めも素晴らしいことでしょう!



ヴィチェンツァは金細工のアクセサリー、金の博覧会でも有名な街で、
これはバジリカのすぐ前にあった店。

34-064_GF.jpg



バスとの集合場所、街の東に向かいますが、
       
春色のスニーカーの並ぶ店、子供用が本当に可愛らしい!

35-066_GF.jpg



テアトロ・オリンピコの前に出て、夕暮れ近い様子を。

36-069_GF.jpg

37-070_GF.jpg
    
上の写真の鉄門の真ん中下に、白黒の塊が見えるでしょう?
牧羊犬種のワンちゃんでしたが、観光客に慣れていると見え、柵の間から
カメラを突き出しても尻尾ふりふりで、吠えませんでしたよ。

テアトロ・オリンピコ ・ ヴィチェンツァ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/467565180.html



テアトロ前の市の美術館、パラッツォ・キエリカーティにも灯がともり、

38-071_GF.jpg

さて我らは帰路に。



◆ 個展のお知らせ ◆

我が絵の師 二木一郎さんが、諏訪市のギャラリー橋田さんで
3月30日から4月12日まで、個展を開催されます。

39-dm1.jpg

40-dm2.jpg

今回がなんと30回目の個展になられるそうで! なんとも大変なご精進です。

新作についてはこちらでご覧になれますが、

新しい試みの新作をも含め、力のこもった展覧会になる事と存じます。
どうぞお出かけ、ご高覧下さいますよう、私からもご案内申し上げます。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント