・ n.2 メルの、 リンゴ祭り と 手仕事展

昨日に引き続き、ヴェネト平野の北の端、ドロミーティーの麓に繋がる
小さな町メル・Melの10月恒例のお祭り、
リンゴ祭りと昔ながらの手仕事展の様子を続けてどうぞ!

昨日最後に見て頂いた、老夫婦の中睦まじい素朴な人形の横の石段を
下ると緑の中庭が広がり、ここに様々な手作業が繰り広げられていました。

31-360_GF.jpg



くぐって来た建物の下の通路の壁には、かって使われていたらしい
照明器具の片割れ?や、何かの鎖が下がっていたのですが、
壁のごつい素材感と相まって素敵なオブジェ風に。

32-328_GF.jpg



中庭の展示は、まずリンゴを使った各種おやつ。 焼きリンゴにチョコレートや 
蜂蜜をかけたもの、そして各種リンゴのトルタ類、一皿1,5エウロ。

33-323_GF.jpg



このパン、本当に美味しそうでしょう?! いい色艶に焼きあがっています。

34-329_GF.jpg
       


そしてこの暖かそうな室内履き!

35-330_GF.jpg

36-331_GF.jpg

色も可愛いのですが、柄の入り方がとても良いでしょう? この種の室内履きは
以前も他の手仕事展で見た事がありますが、こういう柄の入り方は初めて。

ここでのお値段は見ませんでしたが、以前見たのは室内履きが70エウロ程で、
・・う~ん、ちょっと手が出ませんでした。



中庭の真ん中に屋根付きの立派な井戸があり、そう、この辺りの積雪は
かなりでしょうからね、その前には毛糸鉤針編のお元気なシニョーラ達。

37-333_GF.jpg

38-336_GF.jpg

この町には、様々な手仕事のグループがある様子で、参加呼びかけの
ポスターもありましたから、冬にはきっと、皆が暖かい部屋でお喋りしながら
手を動かすのでしょうね。



こちらのシニョーレは椅子の座作りで、

39-344_GF.jpg



こんな風に交互に細縄をかけ交差させ編んで行きますが、この手の椅子は
こちらでは良く見かけるタイプで、

40-345_GF.jpg

どこから来た?という例の質問の後名刺をくれましたが、このシニョーレは
この仕事のプロでした。



納屋の奥では、シニョーラ達が仕事の手順を見せていて、
右のシニョーラは羊毛から糸を紡いでいますが、

41-347_GF.jpg



こちらが縮絨と言うのか、フェルト作りの様子を。

42-348_GF.jpg

羊の毛を刈って梳いたのを、だったと思いますが、薄く延ばし縦横に交互に重ね、
石鹸を溶かしたお湯をかけてフェルトにするのだそう。



こういった室内履きのフェルトの厚みは1cm程もあり、帽子にするには
もっと薄いものですね。

43-352_GF.jpg

色柄はどうするのかと訊ねましたら、途中で乗せるとの事でしたが、
型はどうするのでしょうね、何かに被せて形を作るのでしょうね。

日本のサイトで手作りフェルトを検索しましたら、石鹸とお湯で作るフェルトでなく、
それ用の特殊な針をチクチク刺して作るタイプで、可愛い小物類や作り方の
説明もたくさんあり、日本には何でもあるなぁ!と改めて感心した次第。

上の2人のシニョーラの写真の背後にキルトが写っていますが、
これも実演を見せており、布を張る古い立ち枠でキルティングをしてましたが、
糸は2本取りで、間には、このフェルト同様に羊毛を挟んでおり、
これなら北国の冬も暖かい事だろうと思った事でした。
       
表布には花柄の布を使っていたせいか、キルティングのラインそのものは素朴で、
如何にも実用向け、という感じでした。

チゾン村、夏のサーグラ ・ 手作り職人市
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463847355.html



チーズ製品も勿論かなり店が出ておりましたが、賑やかな店を撮り損ない、
ここは少し品数の少ない屋台ですが、山小屋での自家製のチーズかもですね。

44-365_GF.jpg



こちらの右に見える茶色い小さな塊のチーズ、これはリコッタ・チーズの燻製で、
元のままのリコッタはお豆腐みたいなサッパリ味なのが、燻製にするとコクが出て、
パスタにかけても美味しいです。

45-364_GF.jpg



中心広場の脇からの道を入り込むとこの中庭で、脇の建物も正面も何やら
曰くありそうですが、グーグルで検索しても分からず、カメラも入り込めず・・、

きっとここも普段は閉められているのでしょうが、屋台店が立ち並び、
野菜果物、土地の品の販売で大賑わい!

46-372_GF.jpg



これは店の横にあったポスターを写したのですが、
蜜蜂がこんなにアップになっているのは初めて見たので・・! 毛むくじゃら!!

47-378_GF.jpg



先日のルイーザの巴里写真にあった、野生の蜂用のチャーム・ホテルには
やや劣りますが・・、はは、

48-379_GF.jpg


ルイーザの巴里だより
      


せっせとお仕事中で、

49-381_GF.jpg



素晴らしいお仕事の成果も、ここに! 実際に見たのは、これも初めてでした。

50-382_GF.jpg



ここにもリンゴ満載の荷車があり、

51-393_GF.jpg



粉の各種。

52-384_GF.jpg

ルイーザはポレンタの粉をあれこれ買い込みましたが、トウモロコシ(ポレンタ用)
は勿論、栗の粉などもあります。

ポレンタの作りたては本当に美味しいのですが、ただお水を入れて火にかけ、
かき混ぜるだけとはいうものの、時間と腕力勝負の、かなりきつい仕事と。
shinkai、ポレンタは好き? と聞いてくれたので、しっかり、シー!と
答えておきましたが、 ・・食べるのには呼んでくれるだろうか?!



この細長い小さめのジャガイモ、コルネッタ・小さい角という種類も初めて。

53-388_GF.jpg



内庭の片側にレナートがバルケッサ・Barchessaと呼んだ棟があり、
こんな風にリンゴをはじめとする果物や野菜、豆類、蜂蜜、粉類、
とにかく農作物に関連するもの各種販売中。

54-395_GF.jpg

バルケッサというのは、もともとヴェネツィア貴族が船遊びの船・バルコを収納した
呼び名に由来するそうですが、
主人たちの居住区から延びる翼の部分、または南側に建てられた
農機具の格納とか農産物の収納、はたまた厩舎等に使用された棟の事だそう。

ヴェネツィア貴族の別荘に見える、列柱半円アーチのロッジャの部分ですね。
きっとこのお屋敷も名のある由緒深いものなのでしょう。

ヴィッラ・バールバロ・ディ・マゼール
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463456543.html



こちらは栗ですが、フェルトゥレの栗と書いてあります。
そう言えば、あの辺りの栗は粒が大きかったと。

55-398_GF.jpg

栗祭りの村 ・ コンバイ ・ 山村の秋
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461745104.html



次の約束のあるズメッレのお城に行く時間が迫り、急いで道を戻りますが、
あ、生ビールだ! と横目でにらみつつ・・。

56-403_GF.jpg
       
お昼にはまだ少し早い時間でしたが、手ぐすね引いてお客を待ちかまえ、
という印象ですねぇ、ははは。

VINO CALDO・熱いワインというのも見えますね。
香料を入れた熱い冬用の赤ワインも、もうすぐ出番。

ひとり、心にしみる夜は ・ 熱いワインと、DVD!
       


坂道を下って来ると、この辺りは見晴らしが良く太陽がさんさん。
この道脇では、ワイン瓶を中に、既に始まっておりました。

57-407_GF.jpg



向かいの谷の斜面を見るのに、まぶしい程の太陽で。

58-404_GF.jpg



山の上の電波塔は、我が家の方からはちょうどあの山の向こう、反対側からの
眺めになる位置なのですね。

59-406_GF.jpg

で、この山がちょうど屏風代わりで、冬の降雪も温度低下も防いでくれている様子。

スコミーゴ村周辺 ・ 冬だより 第1弾
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465337804.html



最後はこの眺めを。 メルの町の防衛の要でもあったズメッレの城からの眺めで、
町よりかなり高く、少し離れているのですが、この一帯に連なる北の山々の眺め。

60-454_GF.jpg

2回に渡ってのリンゴ祭りと手仕事展の様子、そして秋の煌めく陽射し、
お楽しみ頂けましたように! お疲れ様でしたぁ。

    
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント