・ A.カノーヴァ塑像博物館 ・ ポッサーニョの夕暮れ 

今日は1週間前に訪問したアントーニオ・カノーヴァ塑像博物館の様子と、
彼の墓所テンピオ・Tempioのご案内ですが、
この日は本当に美しい夕暮れの日でしたので、それも一緒にご覧下さい。

ヴェネト平野の北西に位置するアーゾロ・Asoloにほど近いポッサーニョ・
Possagnoという小さな町、
ここに18~19世紀にかけてのイタリアの偉大な古典派彫刻家である
アントーニオ・カノーヴァ・Antonio Canovaが生まれましたが、
彼の生家博物館に併設して、塑像博物館・ジプソテーカ・Gipsotecaと
丘の上にテンピオがあります。
 
大理石彫刻を実際に彫るには、デッサンから始まり、小さなテラコッタの像、石膏像
という各段階がある訳ですが、最終的に実物大の石膏像が作られ、
彫る為の基準とする小さな釘が打たれますが、これが塑像と呼ばれる物で、
 
世界各地に散らばった、カノーヴァの有名作品の石膏原形が このジプソテーカに。
       
1-980_GF.jpg

塑像博物館、生家については既にご案内しておりますので、詳細、地図はこちらを。
アントニオ・カノーヴァ ・ 塑像博物館、テンピオ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463694164.html



この日は午前中に近くの町の活字印刷博物館を訪問、ここが大変興味深く、
整理が出来ましたらご案内を。
で、お昼を食べた後ポッサーニョの町に向かい、

2-963_GF.jpg

3-962_GF.jpg

お天気の悪い日が続く中、この日は嘘の様な快晴となり、穏やかな美しいヴェネト平野を
満腹満足の一団が行きます。

はは、本当に安い、美味しい、量たっぷりのお昼で、写真は次のチャンスに是非!



ほどなく見える、丘の上のテンピオ。
前回行った時はアーゾロからの山越えで、これが見れませんでした。
まさに舞台装置満点!

4-967_GF.jpg



生家博物館、そしてジプソテーカ正面。
写真がなるべく前回と重ならぬよう、ご覧頂きますね。

5-971_GF.jpg



本当は、生家も博物館も写真禁止の札がしっかり出ており、
監視カメラも備わっているのですが・・、

今回は数枚なら良いだろうとガイドが言ってるとの言葉にすがり、はかない抵抗を試み! 
皆と一緒で怖くない、というやつです、ははは。

この2枚は、内部の奥側。

6-972_GF.jpg

7-973_GF.jpg

この内部空間が大変な緊張感と、素晴らしい迫力に満ちたもので、
先回の1枚の絵葉書では不足不満足で、撮らずにおれないという・・。
       
上の写真の、一番奥の像の大きさをと、手前の人物と比較してご想像下さいね。
それぞれの像がとにかく大きく、それにも圧倒されます。



こちらは入り口側。
右端に見える少年と老人の像、イカロスとXX像(カタログ見つからず・・)
という名が付いているのですが、

8-974_GF.jpg

カノーヴァは生後幼くして父を亡くし、母親は再婚し、彼は石工の父方の祖父に
育てられ成長したのですが、その2人を現した姿であろう、との事。

骨折した腕に添木をつけた少年と、いたわる老人、
確かに老人の足もとには、槌が置かれ職業を現わしていて、
少年時代の想い出に繋がる情景なのでしょう。



悔悛のマグダレーナ。

9-975_GF.jpg

塑像はほぼ大理石像と同じ形ですが、細部が違っているのも多く、
例えばこの像も、大理石像に見られる足元の頭蓋骨がなく。

塑像に打たれた小さな釘を基準に、かなりの所までは12人いたといわれる助手が彫り、
最終的な仕上げは部屋に運び込み彼自身がしたそうで、その時に違いが生まれていると。



三美神像。 こちらは隣接した、カルロ・スカルパ設計の建物内。

10-978_GF.jpg

おおっぴらには写せず、真ん中の顔が見えないのは乞うご容赦。
こちらの館には、ローマ兵士の装束でのジョージ・ワシントンの石膏像があり、
こういう意匠でと依頼があるからなのか、と以前にも疑問に思っていた事を訊ねると、
全てカノーヴァが決めた事だそう。

実際、本館には裸体のナポレオン像もあるのですが、大理石像が届いた時、
裸体である事がナポレオンには気にいらず、布をかけてしまわれていたとか。



生家博物館の2階の窓より。
夕暮れ近い光が斜めに差し込み、大変に美しい光景で。 2本の松はローマから
運ばせたそうで、実際北イタリアではこの種の松は余り見かけません。

11-982_GF.jpg



見上げる犬。

12-983_GF.jpg

本館横の小さな庭に、かっての納屋かと思われる建物があり、覗いて見ると、
黒く塗られた馬の像と、見上げる犬の像。

建物内が狭く、薄暗くなる時間で馬は撮りませんでしたが、この犬がなんとも愛らしく。
先回ご紹介でも、まどろむ主人をじっと見守る、ひたむきな目の犬の像がありましたが、
カノーヴァは犬が好きだったのかもですね。



テンピオの眺め。

13-987_GF.jpg

一段低い位置の生家博物館から前を通る道に上がると、真正面の丘の上に
この様にテンピオが望め、
一斉に皆が声を上げた、冬の夕暮れの素晴らしい眺め!



緩やかな、そしてかなりの坂道を上ると、こんな開けた場所に出てテンピオが。

14-990_GF.jpg



坂道を歩くうちに大きな赤い夕日が沈み、尾を引く三筋の飛行機雲。

15-992_GF.jpg



東の高い山の尾根を最後に染め上げ、

16-993_GF.jpg



麓の村々は、すでに夕暮れの靄に沈み、

17-000_GF.jpg



小さく月も。

18-010_GF.jpg



テンピオの内部。

19-011_GF.jpg

20-012_GF.jpg

ローマに工房を構えていたカノーヴァですが、自分の墓所にパンテオンのスタイルを
与えたのですね。 多分、最初はこの天井も開いたままだったのでしょう。

母親が再婚しての異父弟は司教となり、彼が死して後も工事を引き継ぎ、
このパンテオンとジプソーテカも完成させたのでした。



アントーニオ・カノーヴァの棺。

21-013_GF.jpg


       
天井が開いていた際の、降り込む雨水の処理用と思われる、
ちょうど真下に開く排水用の穴。

22-014_GF.jpg

カノーヴァが亡くなったのは65歳、今回生家のアトリエ内でデスマスクを見ました。

ガイドの説明によると、死因に繋がったと思われるのは、仕事に欠かせないドリルだそう。
というのも当然電気ドリルなど無い時代で、ノミに木製の筒をつけ、それに紐を巻き付け、
両方から交互に助手が引いてノミを回す仕掛けの物で、説明分かります?

左の腰の辺りに当てて使っていたのが、余りにも体に食い込み、肋骨の間に入り込み、
それが内臓にも悪影響を及ぼし、食事が取れない、スープ類の様なものだけ、となり、
結局それが死亡原因にも繋がるほどとなったのだとか。

一時婚約した事もあったそうですが、結局結婚せず、仕事のみに捧げた彼の一生で。



暗いテンピオの内部から出て来ましたら、外はうっすらの夕暮れとなっていて、

23-019_GF.jpg



坂の下の真正面が、テンピオと向き合う生家。

24-017_GF.jpg



余りにも夕暮れが美しく皆が陶然となり、寒さも忘れ、立ち去りがたい想い。

25-018_GF.jpg

この後、坂下のカフェで皆思い思いに温かい飲み物を取り、
朝同様に霧が深くなった道を、家路についたのでした。

◆*◆

これを書いている土曜は大変良いお天気で、村の奥に野生のクリスマス・ローズの
開花状況を見に行きたくなるのを我慢、明日回しにして・・。

所で今仲間内で好評なのが、新しく発売され始めた英会話シリーズ。
ラ・レプッブリカの新聞についていて、イギリス人教師がイタリア人向けに作ったメソド、
が売り物の、SPEAK NOW! と言います。はは。

薄い教則本とDVDで、中の寸劇が笑えます。
いわく、 夜一人暮らしの老婦人にかかる電話。
 「キル・ユー!」
  「ちょっと待って、キル・ユーは現在形だから、アィム・ゴーイング・トゥー・
  キル・ユー、と言わなければ!  オー、ノー! なぜ?」
 「OK! アィム・ゴーイング・トゥー・キル・ユー、ディス・ナイト」
 「ウェン?とは聞いていません、ホワイ?と聞いたのよ。
  それからディス・ナイトとは言わずに、トゥナイトというの」
  とか、レストランで注文する発音をウェイターが正したり!・・てな調子。

ええ、まぁ、この程度で即喋れるようになるとは思いませんが、
とっつきやすい事は確かで、こちらの外人向けのイタリア語教則本にしろ、
とにかく面白く読ませ興味を持たせる、がかなり徹底していて、
その辺りが真面目一方の日本の本とは違うなぁ、という感触。

SPEAK NOW! となりますかどうか、取って置いて貰えるよう注文を!
3ヶ月後が勝負です、ははは。

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント