・ 美しき塔の町 サン・ジミニャーノ ・ 塔の上から、そして

世界遺産指定、中世の塔が残っているサン・ジミニャーノ・San Gimignano.
先回は雲海の朝焼けを見て頂いたので、今日は塔の上からの眺めを。

例により塔の名を確かめつつ、あれこれ興味深い事も知りましたので、
そんなもろもろも。 ごゆっくりどうぞ!

写真は町の外からの景観、4ヶ所程の遠方から見れたのですが、
これはコッレ・ヴァル・デルザ行き方面からのもの。

1-634.jpg



上に上がれる塔は、ドゥオーモ横にある現市役所のパラッツォ・デル・ポーポロ・
Palazzo del Popoloの右にあるトッレ・グロッサ・Torre Grossaですが、
ここでは上が切れて・・!

2-309_GF.jpg

塔に上がるには、写真中央に開いて見える入り口から、



中庭に入り、

3-140_GF.jpg



正面の上り階段を行きますが、

4-145_GF.jpg



階段からは、トッレ・グロッサがこんな風に!
高さ54m、現在町で一番高い塔で1300~1311年に建設。

5-360_GF.jpg

塔の下の入り口を入ったところに切符売り場があり、大変親切な係りが笑顔で、
各国語で対応。塔だけで良いからまけろ!なんぞというお客にも丁寧に、ははは。
いやぁ、一体にこの町の人は観光客に親切でしたねぇ!



塔内の階段。 段数は書いてあるのが見つからず、
ええ、まぁ、大丈夫、心配なく上がれますです、はは。

6-318_GF.jpg



途中の窓から見える、ドゥオーモとその東の広場、
そして双子の塔と呼ばれるサルヴッチ・Salvucciの塔。

7-315_GF.jpg



塔の最上階を北にある要塞から眺めると、こんな風に登っている人が見えますが、

8-304_GF.jpg



こんな感じ、かなり広いでしょう? 真ん中に大きな鐘が二つ下がり、
その下を通り抜けたり、あちこちから展望が楽しめます。

9-345_01_GF.jpg

が、壁の高さが私の胸の位置で、かなり幅も広いので一生懸命に爪先立って
下を覗くのですが、背の高い男性の方が、こういう場合は有利ですねぇ!



さて、町の南側。 
左に切れて見える塔はクニャネージの塔・Cugnanesiで、
見える通りはサン・ジョヴァンニ・Via San GIovanni、
突き当たりに町のサン・ジョヴァンニ門・Porta San Giovanni.

10-334_GF.jpg



ついでに右のベリニャーノ通り・Via Berignanoの、古い家並みの感じを。

11-339_GF.jpg

真ん中辺り、右に突き出す丸い形は、町の城壁にいくつかある見張りの塔。



左に戻り、右の塔が上の写真で切れて見えたクニャネージの塔で、13世紀建設、
足元に大きなクニャネージ邸がありますが、後ほど。

12-341_GF.jpg

左が、先回の朝の写真でベッチのアルコの横に見えていたベッチの塔・Becci.
塔の名前、また町のどの位置にあるかなどは、改めて後程地図でご説明しますが、
今は塔の上からの眺めをお楽しみくださいね!



ドゥオーモ広場のドゥオーモの向かい、パラッツォ・(ベッキオ)・デル・ポデスタ・
Palazzo Vecchio del Podestàの、つまり古い政庁の塔で、
町で一番古い1200年に建設のロニョーザの塔・Rognosaと、
左に切れて低いのはキージの塔・Chigi.

13-344_GF.jpg

高さは約52mあり、トッレ・グロッサに継ぐ高さで、名前のロニョーザはローニェ・
Rogneに由来し、なんと疥癬病の事!

というのも、この古い政庁から新しい建物の現在の市役所に移った後、
この古い建物が監獄として使われ、その収監者に疥癬病者がいたのですと!
ははは、これは伝染病だそうですから、いっぱいうつったんだろうねぇ!!
頃は14世紀、中世ですものねぇ、ははは、読んだだけで痒くなりそう!
       
所で当時の高さ52m、町で一番高い塔だった、というのをご記憶に。



ロニョーザの塔はドゥオーモ広場にあるのですが、その足元、少し南側は
チステルナ広場・Piazza della Cisternaで、
見える塔はディアーボロ・Diavolo・悪魔の塔。

14-330_GF.jpg

いやなに、名の由来は、上階にある建て増しが素晴らしく大きいでしょう?
それも持ち主が旅行中に出来ていた!という伝説的な由来なのだそう。
     
  

チステルナ広場の様子をどうぞ。
手前真ん中に見える塔が、2本あるうちの1本のアルディンゲッリの塔・
Ardinghelliで、もう1本は見え難いので、後ほど広場側から。

15-349_GF.jpg



朝の雨が嘘みたいな午後の暑い日で、ワンちゃんものびてますねぇ!

16-346_GF.jpg



遠くに望む平野の眺め。
オリーヴ畑、葡萄畑、雲が動いて行きます・・。

17-331_GF.jpg

18-332_GF.jpg

19-333_GF.jpg



ドゥオーモ広場から繋がるドゥオーモの東側の広場、エルベ広場・
Piazza delle Erbeに面する塔2本、双子の塔・Torri Gemelleとも
建設者の名でサルヴッチの塔とも。

20-324_GF.jpg

サン・ジミニャーノに到着の最初の午後、雨上がりの広場に出かけて即
目の前に立ち塞がったこの2本の塔。
素晴らしい白グレーの石の迫力で、威圧感を受けた印象が鮮明です。

その左斜め上に見える低めですが太い塔は、ノーミ・ペショリーニ・
Palazzo Nomi Pescioliniと言い、その手前に見える低い赤い屋根部分も含まれ、
そこが現在アパート式の宿になっていて4泊しましたので、またご案内致しますね。



ノーミ・ぺショリーニ邸の正面で、ここは確か大きなレストランだったと。

21-228_GF.jpg

真ん中の壁に石碑が見えますが、



こんな様子で、ラテン語は読めないものの、はは、RONGOBARDO REX なんぞと
彫られたのを見て調べましたら、13世紀の物で、
当時ロンゴバルドの王デジデーリオの宮殿だったとか、フェデリーコ・バルバロッサも
滞在した事があるとか!

22-230_GF.jpg

・・当時の事情に無知なshinkai、読んだままに記し、どなたかのご説明を
当てにしてお待ちしておりま~す!

追記: クリスさんがコメントを下さり、やはり13世紀ロンゴバルド王の宮殿、
    というのはおかしいとの事。
    で、続くコメント欄の方は無くなってしまい・・、残念。
      


さて、復讐の、いや、復習のお時間で~す! ははは。
町の中心部にある塔の位置と名前ですが、主なものを。

1. ノーミ・ぺショリーニ、塔の家
8.9. 双子の塔、またはサルヴッチの塔
12. キージの塔・Chigi 
14. ドゥオーモの鐘楼
16. トッレ・グロッサ

23-M01.jpg

17. ロニョーザの塔
18.19. アルディンゲッリの塔
23. ディアーヴォロの塔
24. ベッチの塔
36. クニャネージの塔
       


コムーネのサイトから拝借の写真に、しつこく、ははは、上と同じ番号を
入れてみました。 これで位置関係がお分かりでしょうかぁ?

24-ano.jpg



で、しつこく、今度は下からの眺めでどうぞ! ははは。
ドゥオーモ前から、向かい正面の古い政庁の17.ロニョーザの塔、殆ど切れてますが、
も一つ左に切れているのが、キージの塔。

26-295_GF.jpg

このロニョーザの塔が1200年建設の、町で一番古く当時一番高い塔の約52m
だったと書きましたが、1255年この塔より高い塔を造るべからずという御触れが。

所で町の歴史を簡単にご説明しますと、中世の塔がたくさん見事に残る町として
世界遺産にも指定されているこの町ですが、
イギリス・フランスからローマへの巡礼通商道路であるヴィア・フランチージェナ・
Via Francesinaが南北を、とシエナからピサの東西を結ぶ道が交差するこの町。

エトルスクの時代からの住民移植がありローマ期と徐々に栄え、1199年に
自由都市を宣言、公平である目的から、執政官を「外国人・この町以外の人間」
から、半年毎に選ぶと言う方法で、

法王支持派のグエルフィ・guelfiと、皇帝支持派のギベッリーニ・ghibellini
の町内抗争が熾烈な時期も乗り越え、農業、とりわけサフランの栽培・染料、
薬用、料理にも使われる高価なもの、そしてワイン用葡萄、羊毛の取引、
金融・高利業で栄え、1300年代前半には13000人の人口に。

こうして町が一番の繁栄を迎えたのが14世紀だったのですが、1348年のペストで
町の人口の3分の2を失い、これ以降フィレンツェの元に下り、遂に衰亡のまま、
再繁栄することは無かったと言います。
       
17世紀のペストの後は人口が3000人と言う、トスカーナ大公国内で
一番貧しい町だったそうで、

そのお陰と言うとおかしいのですが、町に新しい建築モードが押し寄せることなく、   
中世のまま殆ど無傷で、この町が今に残っている訳ですね。



これはドゥオーモ東側のエルベ広場からの眺めで、一番右にロニョーザの塔、
次いでキージの塔、そして手前2本が双子のサルヴッチの塔。

27-298_GF.jpg

塔の形は大体四角形、ご覧の様に余り窓や開口部がないのが古い塔の
特徴で、時に見える横一列の小さな穴は、外部にテラス、通路を造る為の
支えの持ち出し材用なのですね。

このサルヴッチ家は町のギベリン派一番の大物で、商売は高利貸し業だったそう、
その優勢を見せ付ける為、1255年公布の52mのロニョーザの塔を
越える事なかれを無視し、もっと高い塔を建てたのを、後に切り取られたのだと!



チステルナ広場に出てきた所。
  
28-361_GF.jpg



広場の北側にあるのがディアーヴォロの塔。 最上階の建て増し部分が
はっきり見えますが、ここが所有者が旅行から戻ってきたら出来ていた!
というのが、このディアーボロ・悪魔の名の付いた所以と。 ホンマかいな。

29-363_GF.jpg

元の塔の上部に張り出しの腕木が明らかに見えますが、
これを利用して屋上バルコニーとか、ちょっとした部屋を造ったとか。

ちょっと見え難いですが、この塔の下は通路になっていて、その名も「金の小路
・vicolo dell'Oro」と言い、金箔師達が店を持っていたと。
彼らはフローリン金貨を叩き薄く薄く延ばし、その板金は黄金背景の絵を
描くのに使われたのだそう・・! なんと、金貨を叩き伸ばして使っていたのかぁ!



こちらはチステルナ広場の西側、中央の建物の隙間にドゥオーモ広場とを
繋ぐ道が通りますが、
左奥にトッレ・グロッサ、そして右にロニョーザの塔が見え、
手前2つの塔が、アルディンゲッリ・Torri degli Ardinghelli.

30-364_GF.jpg

右の塔はまさにドゥオーモ広場との境にありますが、このアルディンゲッリ家は
町の有力なギベリン党派で、ドゥオーモ広場に双子の塔を造ったサルヴッチ家に
対抗して、この2つの塔を造ったと言われます。

勿論13世紀に造られた塔で、お触れに従わず、ぐんと高い塔を建てたものの、
その後に当初の半分程にも削られたと!
最初の塔が右で、2番目が左、左右かなり形が違いますね。
       

こうした力の優勢を見せびらかす為の塔は、当時一体幾本あったか?!
334mの海抜の丘の上の塔の町の姿は最初にご覧頂きましたが、
現在残るのは16本!で、最盛期には多分72本あったろうと!
町の裕福な家柄は、それを誇る為に殆どが塔の家だったと!!

では塔の内部の生活はどうだったか?
普通の塔の場合、内部はとても狭く大体が1X2m、ただし壁の厚さは約2mあり、
夏は涼しく冬は暖かく・・。

1階部分は店、2階に住居、寝室、台所は一番上の階にというのも、
これは火を使う事からの用心ですね。
階段に使う梯子は、上に上がった後引き上げ、とりわけギベリン対
グエルフィ抗争時には襲撃対策で。
       
と言うような塔の建設も12世紀後半から13世紀を境に、その後は造られなくなり、
というのも上記した様に町の経済状態が衰退に向ったからですが、
こうした古い状態の塔が今も残る要因とも。

n.1 ルネッサンスの都に、中世を探して
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463022763.html

n.2 ルネッサンスの都に、中世を探して
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463022941.html



チステルナ広場からサン・ジョヴァンニ通りに出て振り返るべッチの門と、
ベッチの塔。 この塔は13世紀の物で、ベッチ家は商人ながら町の有力者で、
重要な政治的位置を占めていたそう。

31-239_GF.jpg   
       


この門前の左手にあるのがクニャネージの塔と、左手に邸宅。

32-274_GF.jpg

ベッチの塔、そしてこのクニャネージの塔の位置は、町の最初の城壁を双方から
固める位置にあるのですね。 ベッチの塔と同じく13世紀のものと。



脇通りの奥にトッレ・グロッサが見えますが、その手前に見える蔦の絡んだ建物、

33-273_GF.jpg



ここに小さな博物館があり、その名も「サン・ジミニャーノ1300年」と言い、

34-290_GF.jpg



一番栄えた黄金時代のこの町の様子を再現し、往時を偲ばせて見せます。

35-277_GF.jpg

36-278_GF.jpg

博物館のサイトは   http://www.sangimignano1300.com



この部分は、ベッチのアルコ・門が真ん中下に見える町の中心部の様子で、
塔の林立もよく想像でき、当時の資料を集め、忠実に再現したという事からも、
張り出しの腕木に乗っかるテラスや通路も良く分かりますね。

37-284_GF.jpg



こんな塔の内部の様子もありましたが、狭く、プライバシーなんぞはまるで・・、
でしたでしょうねぇ・・!

38-285_GF.jpg

という塔の町のもろもろでしたが、お楽しみ頂けました様に!



最後は、夜の空に浮かぶロニョーザの塔を。
       
39-939.jpg

       
お付き合い、有難うございました!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント