・ ヴォルテッラの中心ちょっぴり と プリオーリ宮 

さて漸くに写真の整理を済ませまして、へへ、2年越し、
今日のご案内はヴォルテッラの町の中心のプリオーリ広場・Piazza dei Prioriの
様子と、広場に面して立つ13世紀のプリオーリ宮・Palazzo dei Priori、
現市役所の内部見物を。

写真はプリオーリ広場の東側と南側。東の建物に見える塔の名はちょっと面白く後程。

1-7516_GF.jpg

こうして眺めると表面は古い建物の面影を残しているのですが、外側にはたくさん
雑草も生えていて、ははは、内部は近代になって住居に改装されたり、
たくさんの事務所が入ったりしている様子で、ちょっと調べても建物の名前も出ません!

プリオーリ広場一帯の詳しいサイトを見つけましたが、建物の歴史と名前と共に、
町の歴史に関わる一族、人物の名がずらずらで、手に負えませんのでパスです!



東側の大きな建物と、その装飾。 内部はあれこれ公共の事務所に使われた事も
あるそうですが、こういう外はそのまま、というのも古い建物保存には素敵ですよね?!

2-7518_GF.jpg

3-7520_GF.jpg



こちらは広場の西を占めるプリオーリ宮、現市役所。 1208年に建設が始まり、
13世紀中頃に完成したもので、リッカルド・ダ・コモ・Riccardo da Comoの作と。

4-7521_GF.jpg

こうして見ると、フィレンツェのヴェッキオ宮に似ていると思われません?
が逆にヴェッキオ宮がこれをモデルにしたと言われ、確かにヴェッキオ宮が建設に
かかったのは1299年、完成は1314年とヴォルテッラのよりも遅く、
トスカーナ全体で、政庁としての建設物ではこれが一番古いのだそう。
       
13世紀にはこのプリオーリ宮のみならず、町にたくさんの家々、塔を持つ家や貴族の
要塞風の住まいも作られた様子で、町の経済の発展もあったのと同時に、
13~14世紀にかけてはこの町も他と同様、皇帝派(ギベッリーニ)と
教皇派(グエルフィ)との抗争も激しかったと。
     
そして1472年ヴォルテッラが自由都市からフィレンツェに下り、このプリオーリ宮も
大きな改修がされたそうで、どうやら手前にロッジャ、集会所があったのも打ち壊され、
右側にあった2つの入口も潰されたそう。

上に見える塔は最初は木製だったそうですが、15世紀に今の形に、
そして建物上階のレース飾りも同時に。

右に切れてチラッと見える白黒の縞模様は、この背後にある聖堂への入り口がここに。



正面の壁にたくさん架かる碑、紋章は、この町の行政長官の物。

5-7524_GF.jpg

6-7523_GF.jpg

プリオーリ宮と呼んでいますが、プリオーリとは行政長官たちの事で、建物のまたの名は
カピターノ・デル・ポーポロ宮・Capitano del Popolo・民衆の長官といい、
やはりフィレンツェから派遣された行政長官を指します。



建物の左右に位置するライオン像、右側は古く、左は新しいですね。

7-7530_GF.jpg

8-7532_GF.jpg

が、いずれもライオンはフィレンツェ領有のシンボル。
      


広場の北側はこの建物ですが、現在はヴォルテッラの銀行の建物に。

9-7528_GF.jpg



プリオーリ宮の前で演奏していたカップル。 お2人ともカッコ良いでしょう?! 
でもね、演奏は下手だったんすよ。
       
10-7531_01_GF.jpg



広場の南にある建物には、この町特産のアラバスター・雪花石膏の展示会場があり、
その看板がかかります。

11-7525_GF.jpg

12-7527_GF.jpg

アラバスターは大理石に透明度を加えた、という感じの石で、白さが輝く大変美しい物。
町の小路を歩いていてふっと見ると、窓の中に小さな工房があり、作品作りをしている
職人さんも見かけましたっけ。



さて、ではプリオーリ宮の見学にどうぞ!

13-7534_GF.jpg



入り口を入ると交差ヴォルト・穹窿の天井にフレスコ画装飾で、
周囲の壁には所狭しとかっての行政長官たちの紋、碑が。

14-7533_GF.jpg



奥の隅には井戸も見えます。

15-7536_GF.jpg



この天井装飾の柄はshinkaiが大好きな物で、他の建物でも何ヶ所か見た記憶が
ありますから、案外当時のお決まりの文様だったのかも。

16-7535_GF.jpg

17-7537_GF.jpg



上階への階段を辿ります。

18-7538_GF.jpg



壁にある聖母像。

19-7539_GF.jpg



ここが大会議室・Sala dei Maggior Consiglio.
大変美しい装飾ですが、19世紀に改修されたものの様子。
       
20-7540_GF.jpg

21-7541_GF.jpg

これは部屋の後ろ側半分で、実は写真禁止と出ていたような気がしますが、
部屋の入り口にいた切符売り場の男性が、私の前にいたカップルとなんだかんだと
話しているのを良い事に、ははは、パシャパシャとやった次第。



こちらが前半分で、きっと現在も何かの会議には使用されるのでしょう。

22-7542_GF.jpg

正面の「受胎告知」は14世紀のイヤーコポ・ディ・チョーネ・オルカーニャ・
Iacopo di Cione Orcagnaの作と言いますが、
積年の変遷で傷みが激しく、これは剥がされてキャンバスに移された物だそう。

右に見えるのは「カナの結婚」16~17世紀の僧侶・画家ドナート・マスカーニ・
Donato Mascagniの油彩と。



部屋から見下ろす広場の様子、東南の隅。

23-7543_GF.jpg

確か隣の部屋も見れた気がしますが、記憶に残る物は無く、上の塔に上りに行きます。
が、階段の手前に赤いロープ、通行禁止のロープが張ってあり、どう行くのかと
切符売り場の男性に聞きに行くと、まださっきのカップルと喋っていてね、まったくぅ!
紐を外して通ってくれ、って!

そうそう、それで思い出しましたが、さっきのカップルは、確か入場料をまけろ!
というのがお喋りの発端だったと、ははは。
あの会議室は下から上ってきて覗いてみるのは無料で、入って見て上の塔に上がるのは
5エウロなんですね。 それで階段の手前に、そのまま無料で上がらぬ様にと
赤いロープがね!



上に上がると広い部屋で、見張りの若い男性が一人いて、
塔の上は狭いのでと、先の見物人が降りるのを待って、どうぞと。

さて塔の上から、先ほどの広場の東南角の建物と、塔。
屋根が見えると、建物の厚みも分かりイメージが違いますね。

24-7553_GF.jpg

ほら、塔の上部に何か見えるでしょう?



何だろ?!と撮ったのがこれ! 子豚ちゃん!

25-7569_GF.jpg

もっとも「子豚」と分かったのは下の部屋の男性に訊ねてで、なぜ子豚が
ここにいるのかは、未だに疑問です。

今回これを書くのに、覚えていたのが確かなのか探し回りました!
上記した様に物凄く詳細なサイトが見つかり、確かにこの塔は男性が言った通り
「子豚の塔・Torre del Porcellino」と呼ばれているのも間違いなく、

しかも持ち主だった一族の名はトーピ・Topi・ネズミ(複)と判明!!
ですが1224年9月14日に、コムーネ(市)に売っている事も分かり、
売主はジュゼッペ・ディ・エンリーコの妻ゲラルデスカ・Gherardescaで、
続きのあれこれは省略し、トーピ・ネズミたち、という姓はエンリーコの妻の姓で、
この塔の家はきっと結婚の持参金だったのだろうと推察。

ネズミの家に子豚?! 豚はネズミを食べちゃうから?!
歴史の片隅を突き、今回出てきましたのは、ネズミと子豚ちゃん!
ははは、中世は何が出てくるのか分からずで楽しいのですね。

mitsuさんからコメントを頂き、改めて「豚」に付いて調べましたら、捨てる所が無い、
と言われるほど有用な豚は、多産、肥沃、豊かさのシンボルである事が分かり、
なので、ネズミ家としても、一族子孫繁栄を願って子豚ちゃんの像を塔になのかも。



広場南の建物の角とその奥の古い家並み。

26-7568_GF.jpg



南側。

27-7549_GF.jpg

奥の林の向こうに見える丸い塔は、



これ、メディチ家の要塞。

28-7565_01_GF.jpg

プリオーリ宮が改装されたのは、ヴォルテッラがフィレンツェに下った1472年と
書きましたが、それまでもヴォルテッラの町はフィレンツェに付くか、それとも
シエナやルッカと連携するかと、様々に揺れていた様子で、

それに最終的な断を下したのは、ロレンツォ・イル・マニーフィコ、
偉大なロレンツォ・デ・メディチ・Lorenzo de' Medici,
彼は当時まだ23歳のフィレンツェのシニョーレ・領主。

その2年前にヴォルテッラ近郊で明礬鉱が発見されましたが、当時のフィレンツェで
盛んだった高級羊毛染色の色止めに必要な明礬は、国外からの高価な輸入品のみ
だったのが、近郊で採掘できるとなるとほって置く筈がなく、
当初ヴォルテッラ貴族間で争いの種となったのに、ロレンツォは一貴族インギラーミ・
Inghiramiの肩を持つ風を装い、割り込みます。
       
その命を持ち町にやって来たのが、フェデリコ・ダ・モンテフェルトゥロ・
Federico da Montefeltro、そう、ウルビーノにルネッサンス風宮廷を作り、
文化保護の代名詞みたいに伝えられるお方ですが、ははは、

報酬次第でどこででも働く傭兵隊長である彼は7000の兵を率いており、
町を鉄と火で破壊、残酷きわまる略奪をし、殆どの塔の家(貴族、金持ちの家)を
打ち壊し、町を完全に統御する為に、メディチ家は大きな要塞を造ったという訳。

この後ヴォルテッラの町はフィレンツェの元に下り、フランス軍の下に入ったり、
またフィレンツェ大公国の元に。16~17世紀にかけ経済の落ち込みやペ
ストの2度の襲来、旱魃と続き、人口がぐんと落ち込みますが、

19世紀になって岩塩の工業化、そしてアラバスターの仕事と漸くに繁栄を見て
19世紀半ばには、人口が1万1千人に。
現在も1万人ちょっとの人口の様ですから、あまりね・・!
       
塩田・サリーネ という名の町 ・ ヴォルテッラ近郊
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465893835.html


再度塔の上からの眺めに戻り、 北から北西への眺め。

29-7560_GF.jpg

30-7556_GF.jpg



先日見て頂いたサン・ジミニャーノからの行程は、この眺めになるわけですね。

31-7561_GF.jpg

32-7562_GF.jpg

33-7563_01_GF.jpg



西に。 すぐ背後の聖堂と鐘楼、洗礼堂、そして西の眺め。

34-7570_GF.jpg

35-7571_GF.jpg

下の写真の中ほどに見える小さな町が、塩田・サリーネの町。



塔の天井には鐘が下がっていまして、

36-7551_GF.jpg



一人が通れるほどの狭い階段の上り口の周囲も、ご覧のように狭く、

37-7559_GF.jpg

それでも高上がり大好き人間は、上ってしまったらこっちの物よ!とばかりに、ははは、
あっちにこっちに喜んで撮っていましたら、

下から「プリーズ! プリーズ!」と声がするのです。 でもまさか英語で呼ばれるのが
自分とは思わず、ははは、 暫くしてハッと時計を見て12時なのに気がつき、
そうか!!と階段を下りようとした途端、頭のすぐ上で「ガーン! ガーン!」と鐘の音!
正午の鐘が鳴るのを知らせてくれていたのでしたぁ。 ははは。



さてプリオーリ宮を出て、広場の東南角からの通り、プリジョーニ通り・
Via delle Prigioniを少し辿ります。

38-7727_GF.jpg

プリジョーニというのは監獄の意ですから、何かあるかと探しましたが、見つからず、
でもどこかこの通りに監獄があったはずですね。
       


通りの名に相応しくない、はは、優雅で可憐な街灯と、

39-7728_GF.jpg



お高そうなワンちゃんの写真で、今回はお終いです。

40-7732_GF.jpg

ヴォルテッラの町は、鉄器時代には既に移殖が始まったといわれ、優に3千年を超す
歴史を持つ町で、取り分け名高いのはエトルスク文化の宝庫の町として。

ここのエトルスクの博物館は今回も訪問しましたが、収容品の素晴らしさもあり、
撮り過ぎ、いまだ写真整理が・・。

ご説明できるほどエトルリア文明に詳しくありませんが、
折角ですので何とか頑張って、ご案内したいと思っています。
次々回くらいにはなんとか・・、お時間を下さいませませ。

       
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント