・ トゥレヴィーゾ ・ 新緑の候、運河沿い

2週間近く前、友人達と一緒にトゥレヴィーゾに出かけました。
仲間の一人にトゥレヴィーゾ・Treviso生まれがいて、ちょっと珍しい場所に
案内出来るよ、という計画にのり、都合8人で出かけたのでした。

で予約なしでは見れない銀行の、素晴らしい革装飾の室とか、
まだ入った事の無い教会も3つ、見ることが出来ました。

街中を何本も流れる運河の流れが目にとても心地よいトゥレヴィーゾなので、
まず今日のご案内は、爽やかな運河沿いの風景を!

これは我が町コネリアーノから出発前、駅ホームから見る町並みと山の上の
お城の塔。 たまたま金曜日で、手前には市の店開きの様子が見えます。

1-603_GF.jpg

ただ今回の写真はです、・・最初にお断り言い訳で、大幅に修正したのですが、
イマイチなので~す!!

と言うのも、暫く前にちょっと書きましたが、最近、今更にカメラの使用説明書を
開いたりしているのですがぁ、で、ISO設定をカメラが自動で、という機能を知り、
このトゥレヴィーゾ行きの日に試したのですね。
       
この最初のコネリアーノの一枚は何とか良いですよね?
なのでそのままずっとISO自動設定で撮り、途中教会の中で、ふむ、余り良く
機能しないな、とは思いつつ、まぁ、横着shinkai、一日をそのままの設定で。
それに、あの日は皆の歩くペースが素晴らしく速く、撮ってはいつも追いかける、
という感じで、見直す余裕も無く・・!

ところが戻って見直して、がっかり!! いつもはお天気加減、影、室内、
教会内などと大雑把なりに自分で設定しているのですが、
このISO自動設定という機能だと、設定できる最大限、
私のカメラだと3200ですが、殆どをこれでやっつけているのですぅ。

とどうなるか、ご想像ください! シャッター・スピードが速くなり、ブレは無いものの、
キメが大変粗くなり、おまけに露出不足加減、発色悪し・・!!
ああ~~ん!

てな事で、盛大に明るくし、ピンも絞り、色も付け、と頑張りましたが、
切れも色もイマイチの写真となりました。
・・ああ、あんなに良いお天気だったのにねぇ! 勿体無い!
       
そういう事で、トゥレヴィーゾには敵討ちにまた行きますが、ははは、
今回ともう1回分は、どうぞ、お優しいお気持ちで見てやっておくんなまし!

街の以前のご案内はこちらに、1と2を。 説明などもダブらないようにしますね。
n.1 トゥレヴィーゾ ・ Treviso
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462521537.html

n.2 トゥレヴィーゾ ・ Treviso
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462522259.html



コネリアーノ・トゥレヴィーゾ間は約30分で到着、駅前から中央に向かい、
シーレ川・Sileを渡る橋。

2-614_GF.jpg



街の地図をどうぞ。
今回は運河の風景に絞りますので、川の流れの良く分かるのを。
街の中心部は現在ぐるっと国道に囲まれていますが、この内側に濠があり、
その内に城壁があるとお考え下さいね。

3-nale_GF.jpg

シーレ川が街の南を西から東に横切り、北の中程から流れ込むのがボッテニーガ川・
Bottenigaで、四角く囲った位置に水量調節の堰があり、
ここから3本に分かれた運河が街の中心を抜け、城壁脇の濠を通り、
南のシーレ川に注ぐ、という様子です。

南に駅があり、赤い四角のしるしを付けた所が上の写真で、
真ん中のパラッツォ・デイ・トゥレチェント・Palazzo dei Trecento周辺が
一番の街の中心。
今回の一番の目玉は、このパラッツォの北裏にあるかっての公営質店
モンテ・ディ・ピエタ、現在は銀行ウニクレディトの上階でしたが、次回ご案内を。

・・次に見れるチャンスがそう簡単に、とは思えませんので、
これは少々写真が悪くともと、はは、ご容赦を先に願っておきますです。
       


さて駅近くのシーレ川に戻りまして、
ここの眺めは本当に、いつも心が晴れるような素晴らしさで、

4-616_GF.jpg



カモ達が、だいぶ大きくなった子供たちも一緒に泳ぎまわり、

5-617_GF.jpg

6-625_GF.jpg



流れに沿い少し進むと、街中とは思えないこんな深い木立もあり。

7-628_GF.jpg



サン・ニコロ教会に寄りましたが、管理人が出て来て話し始め、
時間がないというのに、内陣の中にまで入らせてくれ・・!

駆け足で約束の銀行に行くのに、ドゥオーモの横を通り、始めてみた道のモザイク!!
道の真ん中を丸く大きく掘り、周囲から覗く感じで見れ、やっと脇から3枚だけ。

8-716_GF.jpg

アクイレイアのドゥオーモのに良く似ていますが、・・やはり再訪問しないと!!

アクイレイア・Aquileia と グラード・Grado
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463998126.html

アクイレイア ・ ローマについで栄え、そして衰退の町
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462970421.html 
     
n.2 アクイレイア と、 アルティーノ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462970554.html



銀行の部屋を見学後、北西方面に小路を辿りますが、お昼前とてあっちもこっちも
レストラン、トラットリーアが準備中で・・、お腹がへったぁ~と喚くshinkai!

9-840_GF.jpg

10-841_GF.jpg



トゥレヴィーゾという街の名を直訳すると、3つの顔となりますが、市役所の近くの
小路にあるこの像、トゥレヴィージ・Trevisiと、文法的に正しい名前!

11-842_GF.jpg

12-843_GF.jpg

幸せ、驚き、悲しみと3つの顔という、何か良く分からないまま一応、街のシンボルと。



何度かご覧頂いてますが、ここはやはり美しく、ブラネッリ運河・Branelliを。

13-008_GF.jpg

14-855_GF.jpg

15-861_GF.jpg

16-860_GF.jpg

街の地図でみて頂いた3本の街中を通る運河の、真ん中がこのブラネッリ運河で、
東側がカニャン・グランド・Cagnan Grando、西側がロッジャ・Roggiaと呼ばれます。

トゥレヴィーゾの街の中心は、住民の許可車以外は通行中止区で、街のど真ん中と
なるこの一帯も殆ど車が通りません。 まぁ、道も狭いので妥当な措置とは思いますが、

歩行者がのんびりと、お年寄りがゆっくりと買い物袋を提げて歩く姿も多く見られ、
道脇の運河には水鳥たちが餌を漁るという、人口8万を越す街としては、素晴らしい姿。



少し北に行った所のフランチェスコ橋の脇、カニャン・グランド運河が通りますが、
通路に沿って、トラットリアーアのテーブルが並び、

17-880_GF.jpg

18-879_GF.jpg



お昼のメニュー、プリモ(パスタ類)と、野菜のビュッフェ・スタイル、
お水とカフェで12エウロ!
       
19-883_GF.jpg

ここ良いじゃなぁないの!と食いしん坊が騒ぎますが、その内に食べれるからね、と
敢え無く返り討ちに・・。



橋の上から東側を。 正面の建物の下を、運河が潜って流れて行きます。

20-889_GF.jpg

この反対側には、大きな水音を立て水車が回っていて、



ぐるっと北方面を回ってこの広場に。 毎日ここで開かれる野菜果物の屋台と、  
反対側にはチーズ・ハムの屋台車。

21-935_GF.jpg



桃、スモモ、イチゴ、後ろには野菜類。 大きくぷっくり熟れたサクランボを買い、

22-932_GF.jpg

23-931_GF.jpg



広場の端の水道で洗い、皆で平らげます。
こんな花鉢で埋まったバルコニーを見上げながら・・。

24-934_GF.jpg



先ほどのカニャン・グランド運河が広場の南を流れ、脇にあるフレスコ画のある建物。 

25-937_GF.jpg

この右側が中ノ島となっていて毎日魚市場が開かれますが、この一帯は野菜の屋台も
店も多く、市民の中央市ですね。



さて、漸くにお昼にありつきます! それが以前通っていた画材店の隣で、始めて入り、
中年のご主人が、適当で良いか、と人数分を見繕い、

26-941_GF.jpg



出てきたのが、ははは、これ!!
直径50cmはあろうかという大きな丸い俎板の上に、

27-944_GF.jpg

カナッペ式にアスパラガス、茸、ハム類、チーズ、海老にアンチョヴィー、タラ、
卵焼き、丸いのは肉団子と、てんこ盛りに出てきまして、ははは、皆大満腹!
shinkaiはビールもね、勿論! 8人分を7人で割り、一人13エウロのお昼でしたぁ。



お腹が落ち着き、店もちょっと覗き、今時はまるでお洒落心が無くなりましたが、
それでもね、

28-957_GF.jpg

こんなざっくりの涼しげなジャケットを見ると、おお、良いじゃなぁないの、と、はい。



こんなのも、色が賑やかで、眺めるのには良いですねぇ!

29-958_GF.jpg



ブラネッリ運河の横を再度通りますが、夏休みが始まったばかりの若者達が集まり、
       
30-011_GF.jpg

・・でもね、皆携帯で、一人で遊んでいる!



もう一本の運河ロッジャの横を通りますが、すぐ近くなのに、ここには来た事が無く!
それになんと、この家並みはまるでヴェネツィア!!

31-995_GF.jpg



そしてすぐ脇の路地を入ると、そこもまた中世のまま!

32-004_GF.jpg

トゥレヴィーゾの街中、あちこちに残る多くの古い建物類。 戦時中の爆撃も免れ
生き残ったものは、現在は中を改装しつつ保存の方向の様子で、
訪れる者にとっては、ほっとする一時を味わえます。



そろそろティーリ(オ)・シナの花も最後で、香りが強くあたり一面に漂います。

33-016_GF.jpg



さてここがボッテニーガ川が街に流れ込む場所、7つの半円の堰が設けられた
プーリア橋・Ponte di Pria.

34-012_GF.jpg



この辺りの風景、建物は古い絵画にも描かれているのですが、
       
35-018_GF.jpg



この堰の出来たのは1521年で、堰の中にはシャッターがあり、水流調節が
出来るようになっていると。 そして鉄製の格子があり、これを閉めると
街中には水が流れず、この堰の外側を流れる濠にのみ水が行く仕掛け。

36-025_GF.jpg

つまり敵に攻撃された時にこの格子を閉めると、濠から溢れ出る水で街の周囲は
氾濫状態となり、敵を近づけさせないという防御にも使える仕組みだそう。

堰があるとか、街中の運河とか部分は知っていましたが、はぁ、今回のように
系統だっては初めて知ったので、付け刃の知識を皆さんにもね、ははは。

そしてこの水量豊かなボッテニーガ川、なんとトゥレヴィーゾの北何キロかに
水源がある、つまり湧き水の川なのも知りました!
こんな湧き水がヴェネト・フリウリ地方にはいくつもあるそう。
              
2年程前に写真仲間と行った湧き水の一つ、フォンターネ・ビアンケを思い出し。
イタリアの秋、 ヴェネト晩秋の朝の色
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465415745.html



すぐ近くにあった、この橋の脇でお洗濯をするかっての女性達の姿。
上にもう1枚ありましたが、ブラネッリ運河脇でも見ましたっけ。

37-029_GF.jpg



街中の細い運河の横の小路、大きな白い車の上に猫ちゃん。
それがほら、ウインドウとボンネットの隙間にしっかり頭を突っ込んでいて、
まぁさか、死んでいるんじゃなかろうねと騒いでいると、
うるさいわねぇ!と頭をもたげ、

38-032_GF.jpg



わっ、良かった! ・・生きてるのは分ったけど、・・でも、どこに目があるん?!

39-034_GF.jpg

もう、まったく煩いんだからぁ・・、ほら、目をあけたげたからね、早く行って!



ぐるっと体の向きを変え、目を尖らせる猫ちゃん。

40-035_GF.jpg

ははは、ジュリアーナと大笑いしましたが、近くの女性も笑っていましたっけ。
こんなお高そうな猫ちゃん、道の脇で一人で寝ていて、大丈夫なんかなぁ・・?!



最後は、カニャン・グランド運河脇のお家。
古い建物のあちこちを残し修復していて、素敵でしょう?!

41-049_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント