・ スコミーゴ村 ・ 冬の夕暮れ

夕暮れ時、ふと気がつくと素晴らしい空の色になっていて、
大急ぎでカメラを持ち出す事が時々あります。

枚数が少ないのでついそのままになりがちですが、その内の何枚かをどうぞ!

こんな色が見れるのは大概冬の間で、雲があると、時に素晴らしいドラマにも。
写真は全て、隣のオリアーノ村の丘の稜線が舞台です。

1-001_GF.jpg

2-103_GF.jpg

3-002_GF.jpg

4-002_GF.jpg

5-007_GF.jpg

リンクさせて頂いてる「イタリア・とりわけヴェネツィア」のペーシェクルードさんが、
何年か前の夕陽特集の時に教えて下さったとても素敵な詩を、
次に再掲載させて頂きますね。

夕ぐれの時はよい時。
かぎりなくやさしいひと時。 

それは季節にかかはらぬ、
冬なれば暖炉のかたはら、
夏なれば大樹の木かげ、
それはいつも神秘に満ち、
それはいつも人の心を誘ふ、
それは人の心が、
ときに、しばしば、
静寂を愛することを、
知っているもののやうに、
小声にささやき、
小声にかたる……

夕ぐれの時はよい時。
かぎりなくやさしいひと時。 

若さににほう人々の為めには、
それは愛撫に満ちたひと時、
それはやさしさに溢れたひと時、
それは希望でいっぱいなひと時、
また青春の夢とほく
失ひはてた人々の為めには、
それはやさしい思ひ出のひと時、
それは過ぎ去った夢の酩酊、
それは今日の心には痛いけれど
しかも全く忘れかねた
その上(かみ)の日のなつかしい移り香。

夕ぐれの時はよい時。
かぎりなくやさしいひと時。
  
夕ぐれのこの憂鬱は何所から来るのだらうか?
だれもそれを知らぬ!
(おお! だれが何を知っているものか?)
それは夜とともに密度を増し、
人をより強き夢幻へみちびく……

夕ぐれの時はよい時。
かぎりなくやさしいひと時。 

夕くれ時、
自然は人に安息をすすめるやうだ。
風は落ち、
ものの響きは絶え、
人は花の呼吸をきき得るやうな気がする、
今まで風にゆられていた草の葉も
たちまち静まりかへり、
小鳥は翼の間に頭をうづめる……

夕ぐれの時はよい時。
かぎりなくやさしいひと時。
      ・・ 堀口大学

6-125_GF.jpg

7-070_GF.jpg

8-338_GF.jpg

9-196_GF.jpg

10-202_GF.jpg

11-006_GF.jpg

イタリアの夕陽 ・ あちこち
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463097646.html


◆*◆
ブログご訪問、有難うございます!
 
明日は朝8時過ぎの列車でヴェネツィアにグループで出かけ、
サンタ・マリーア・デル・オルト教会とカ・ドーロが見物予定ですが、
カ・ドーロは残念ながら写真禁止なのです。
でもせっかくなので、出来たら少し居残り、夕暮れのヴェネツィアを写したいと
思っていますが、さてお天気がどうなりますか・・。

所で先回最後に、誕生日なのでしっかり応援クリック願います、と
書きましたら、凄い! いつもの何倍も押して頂きました!
有難うございました!!
  
ですが、・・という事は、まだ余力があるという事かしらん?!
う~む、毎週誕生日があると良いのになぁ!  ははは。

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント