・ n.1 カステルッチョ、 そして、大平原のお花畑 

今日のご案内はウンブリアの奥、マルケ州に程近いカステルッチョ・Castelluccioと、
その足元に広がる大平原、ピアーノ・グランデのお花畑です。

行ったのはこの7月上旬。 昨春まだ山に雪が残る平原を見、
花が咲き乱れるという初夏に訪れるのを楽しみにしていたのです。

まずは、昨年の早春のカステルッチョもご覧下さい。
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/464307296.html     

昨年の春にはアッシジからの日帰りで、ノルチャから標高1500mの峠を越え、
いわば大平原の南口から訪れましたが、今回は、ヴァルネリーナの道をマルケ州に
入った所のヴィッソ・Vissoまで行き、そこから南に向かいました。
  
この村はカステル・サンタンジェロ・Castelsantangelo、ヴィッソ・カステルッチョの
行程、36キロのほぼ中程に位置する標高780mの村で、絵に描いた様な城壁でしょ!

1-197_GF_1.jpg



ノルチャから入る道も標高1520mの峠越えですが、ヴィッソからも行程は短いものの、
カステル・サンタンジェロを過ぎると、九十九折の上り坂が続きます!

道幅が広いので幾分気分は楽ですが、それでも、この辺りまで上り
景色が開けた時はヤレヤレ。 この谷底を抜ける道を辿って来たのです。

2-201_GF_1.jpg



遂に、峠の頂上に! グアルド峠、標高1496m。
水飲み場が設えてあり、後にレンティッキ・レンズ豆の黄色い花。

3-209_GF.jpg



グアルド峠・Passo di Gualdo. 水飲み場に並びこんな小さな祈祷所が。
奥に続く道は山奥の小さな村に。
翌日途中まで辿ってみましたが、道路工事中で引き返し。

4-210_GF.jpg



祈祷所の前を何メートルか歩くと、この景色が広がりました!
あの奥の、小高い山の上の村、あれがカステルッチョです。

5-004_GF.jpg

なんとなく、は~~るばる来たぜ、カステルッチョ~~ォ、と、歌いたくなり・・!!
日頃、モーツァルトだ、ヴィヴァルディだ、と文句を垂れていても、ああ、やはり日本人!

右側にジグザグと続く道をまず下り、そして上って、カステルッチョに行きます。



カステルッチョのレンティッキ・レンズ豆は、小粒で美味しい事で大変有名ですが、
この黄色い花がレンズ豆の花なのですね。
そして、この大平原がこのレンズ豆の花の色で埋まるのが、6月中頃との事で、
その時期に花祭りが開かれます。

6-005_GF.jpg

満開の花に埋もれた大平原を見たいと思い、最初はシエナの前にここに来る心算が
逆の行程となり、宿の予約をした6月の中頃に尋ねると、今咲き始めた所、と。
春が遅かったので大丈夫かと楽観していましたら、6月末から俄然暑くなり・・!

で、ヴィッソの書店の女性(兼カメラマン)に山越えの前に尋ねましたら、
レンズ豆は終わりかけているが、他の花が咲き出している、との情報でした。
それが、この北側の部分ではまだ見れたので、本当に嬉しかったのです。



峠からの道を下りきった低い位置から。 風が大変強く、雲の動きが激しく、
雲の影がどんどん移動して行きます。

7-012_GF.jpg



ピアーノ・グランデ・Piano grande・大平原、の名に恥じないこの広さ。
この広さから受ける感覚、上手くお伝えできるでしょうか?

8-019_GF.jpg



カステルッチョにはお昼過ぎに着き、一旦宿に荷を置いてすぐ出かけました。

北の小さめの平原に比べ南側はより広く、暖かさが違うのか、ポピーの花の咲き始め。

9-022_GF.jpg



ピアーノ・グランデは周囲を山に囲まれていますが、中でも東を占めるヴェットーレ・
Vettoreの山が一際高く、標高2476m、美しく、山襞の美しさに、昨春魅せられ。
今こうして見る初夏の姿も、穏やかながらの威容で素晴らしい!

10-024_GF_1.jpg



いました、いました、羊の群れ。 お尻ばかりで失礼をば!

11-036_GF_1.jpg



ならば、頭の方へ移動して、と。
それにしても、ずっと下を向いたままで食べ続けているのですよ。

12-048_GF_1.jpg



大平原の中を一本道がグーンと突き抜けて通っているので、ちょっと走っては脇に寄せて。

牛たちもいます。 彼らの中にも大変好奇心に富んだshinkaiみたいなのがいて、
ははは、逆に、じっとこちらを見つめます。

13-058_GF_1.jpg



お乳を飲んでいる子がいて、こうして撮ったのですが・・、
お母さんにも角があるのは、知らなんだ! それにしても綺麗なお尻だなぁ!!

14-063_GF_1.jpg



この白黒の大きな艶々の方が頭領で、ホラね、首に鈴をつけているでしょう?
この鈴は、仲間内のただ一頭がつけているのです。

15-066_GF_1.jpg



「イタリア」も、健在でした。

16-059_GF_1.jpg

前に見える小さい車が私めのでして、その心算は無く止めたのでしたが、
記念撮影というか、証拠写真というか・・、ははは。



平原の中程に乗馬用の馬がいて、今、女の子が一人、乗せて貰ってゆっくりと。

17-090_GF_1.jpg



馬の囲いの中。 あのチビちゃんは死んでいるのではありません!
普通、お馬は立ったまま眠ると聞きますが、まだまだ無防備で。
もう一頭のチビ君も、こんな風に横になり眠っていましたっけ。
うん、お馬のお尻は綺麗ですねぇ!

18-092_GF_1.jpg



大平原の南の端、昨年春にやって来た、ノルチャに続く峠道に上ってみました。

19-100_GF_1.jpg

中央奥に見えるカステルッチョの村が分りますか?

雲が影を落とし、動いて行きます。 この広さ、お分かりでしょうか?
アッシジのサン・フランチェスコを描いた映画、ゼッフィレッリの映画も、
ミッキー・ローク主演のも、いずれもこの平原を映画の中で使っています。 
フランチェスコが再建する、サン・ダミアーノ教会のある場所として。

そう、この大平原の中では、如何にも人間の存在が小さいですね。



平原に降りる道を下りながら、道端に一人男性が居るのを見かけました。
そのまま坂道を下り車を止めたところで、

後ろの山の上からカラカラと鈴の音が聞こえ、ああ、羊飼いだったんだ、
羊の群れが居たのか、と気が付きました。

20-114_GF_1.jpg

ずっとこうして山から山に移動を続け、冬になるとアドリア海のほうに行くのだそう。
羊の数を聞くと、500頭。
       


写真を撮っても良いかと聞くと、愛犬と並んでくれ、2人でカメラを見ているのもありますが、
この、見詰め合うのが良いでしょう?

21-118_GF_1.jpg

彼のズボンには、自分で縫ったのでしょう、ギュッと絞ったように、穴を塞いだあとが。



平原の中程からカステルッチョの村を。
本当に広いのです! 羊の群れが幾つも、あっちにも、こっちにも。

22-124_GF_1.jpg



トスカーナの平原でも、こんな形に麦藁を巻いたのをたくさん見ましたが、
これはまだ若い草を巻いてすぐのようで、丸い形が薄いグリーンを帯びています。
奥に見えるベットーレ山の山影が、長くなり始めました。
         
23-142_GF_1.jpg



これは宿の窓からの眺め。 素晴らしい眺めでしょう?!

24-153_GF.jpg

宿、といっても実はホテルではなく、部屋を貸している家なのですね。
予約を入れていた宿に行って見ましたら、部屋の小さいのはともかく、
窓が高~い位置に、小さいのが1つだけ。

幾らなんでも、監獄に寝る気は無いなぁと、予約が取れなかったレストラン兼の宿
に行き、ダメもとで尋ねましたら、電話をかけてくれて、部屋を借りてくれたのです。

というわけで、この眺めの素晴らしい部屋で、朝夕の景色を愛でながら、
2泊したという次第。



大平原の細長く作られた畑の感じが、お分かりでしょうか。

25-155_GF.jpg

上に直線で見えるのが、大平原の中をグーンと通る一本道。
畑の色が、太陽光線により、隣の畑との色の関係により、
なかなか上手く出ないのですが、これは納得できる色の一枚。



朝食夕食は、宿の仲介をしてくれたレストラン兼宿屋に。
レストランは北向きの位置にあり、大平原のくびれに当る山の部分、その影の変化、
色の変化を、晩御飯を食べながら大いに楽しめました。

26-165_GF.jpg

レストランの中の席にはドイツ人の夫婦グループが陣取り、気勢を上げ大変に賑やか。

色々食べたのですが、ポレンタ(トウモロコシの粉の練ったもの)に野草を入れ、
アンチョビソースをかけたものとか、この山奥で食べた鱒のグリルが、美味しかったぁ!
なにせトスカーナでは、一度も魚を食べれませんでしたから!
       

周囲を山に囲まれているので、日没が大変に早く、その後もまだまだ空が明るく、
ホンの少しのピンクが、山の色に加わるだけ。

27-421_GF.jpg

それにしても、こうして見るベットーレ山の山襞の異様な迫力。



大平原がすっかり影に落ち込み、トスカーナで見た時よりは少し太った三日月が。

28-180_GF.jpg



翌朝。 大平原の南の奥の山に朝日が射して。

29-182_GF.jpg



ぐんぐんと朝日が上り、夜の名残の影が後退して行きます。

30-184_GF.jpg



ふと気がつくと、既にもう、カメラを据えて狙いをつける2人! ご苦労様で~す。
でも、何を狙っているのだろう? 気になるやん。

31-195_GF.jpg



2日目は、カステルッチョの村から、西に続く山道、大平原を取り囲む西側の山の道を
歩いて辿ってみました。
地道の結構な勾配を、じりじりと暑くなり始める朝、ゆるゆると辿ります。

いろいろな四角に区切られた畑、少しずつ緑の色が違い、芥子の赤い花が咲き始め。

32-196_GF.jpg



ベットーレ山の山襞。 大平原からの立ち上がり部分で、
畑とせめぎあっているのが、面白い眺め。

33-199_GF.jpg



こちらがそのアップ。 なだらかに広がる傾斜部分です。
道が通っているのが見えますが、この後、あの道も辿ってみました。

34-200_GF.jpg



登り道脇の小さな花。

35-209_GF.jpg
       


カステルッチョの村自体が標高1452mですから、お花は高原植物の類でしょうね。

36-229_GF.jpg



この花も確か高原植物だったと。

37-210_GF.jpg
       
      
という所で、 引き続き、n.2 をご覧下さい、ませませ。

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント