・ ナポリ、 夕暮れが迫る頃 

ああ漸くに、ナポリ中心部をちょっぴりご案内も、今回でお終いです!
持続力が弱く、変化とスピードを好む射手座生まれ故に、
今回のナポリの連続のご案内というのは私にとって異例でしたが、
とにかく一応きちんと終わらせたい一心で頑張りました。 見てやって下さいませ。

写真はガッレリーア・ウンベルト1世・Garellia Umbelto Iですが、
最初の2枚は北側からの物で、

1-214_GF.jpg

2-215_GF.jpg


こちらは南側、サン・カルロ劇場側から。

3-363_GF.jpg

4-364_GF.jpg

折しも射し込む夕暮れに、中央部の美しい飾りがくっきりと。
天使たちが楽器を奏し、恋人たちは草原で東屋で憩う、なんとも優美な図柄。



ガッレリーアを南側に出て来た天井部。
曲線を描く形の柱廊部で、ここの飾りも素晴らしいもの。

5-367_GF.jpg



ガッレリーア南側の出口の前には、
サン・カルロ王室劇場・Real Teatro di S.Carlo.

6-368_GF.jpg



下部が暗く、上部の彫像の色が飛びましたので、こちらに。

7-366_GF.jpg

1737年にブルボン家のカルロ3世により建設された、世界でも一番古い歌劇劇場
の一つと言われ、ロッシーニやドニゼッティの名が、監督官の内に連なります。



ナポリ名物の一つ、と言って良いと思いますが、美味しそうなお菓子のショウウインドウが
あちらにもこちらにも。
下の段の左が、私の好きなババ・Babàですが、発音の最後を延ばさぬように!

8-369_GF.jpg

ガッレリーアの南側出口付近にインフォメーションを見つけ、パンフレットを貰おうと
入りましたら、元気溌剌のお姉ちゃまが、

ようこそナポリへ! 今日は女性の日ですから、サーヴィスでこれを差し上げます、
こちらもどうぞ、ヴェスーヴィオ山に上るにはこう行きます、スフォリアテッレ
(ナポリのお菓子)を食べるにはここの店で、と、聞きもしない案内までしてくれ、
どさっとパンフレットを持たせてくれましたが、

そう、ガッレリーア内にも美味しそうなお菓子の店が何軒も。
立ち止まり、おお!とお菓子を眺めていると、ショウウインドウの後ろのお兄ちゃんが、
魅惑の笑みを浮かべて、誘うのでありました。



ナポリでの各種イヴェント会場となるプレビシート広場・Plebiscito、大変広い、
車進入禁止の広場。 中央に見えるのが、ローマのパンテオンを模したかのような
サン・フランチェスコ・ディ・パオラ教会・S.Drancesco di Paola.

9-371_GF.jpg



中央の採光用の穴の覆いに今、夕陽が射しこみ・・。

10-374_GF.jpg



教会前に2つ並ぶ騎馬像は、ブルボン家の初代カルロ3世と、2代目の
フェルディナンドと言うのですが、この右側はどなたか、名前を写しておらず。

11-375_GF.jpg



広場の教会向かい側にある大きな建物が、王宮・Palazzo Realeで、

12-393_GF.jpg



長く続く壁にはこの様に壁龕が穿たれ、巨大な彫像が8体並びますが、
これは確か一番左側で、カステル・ヌオーヴォを建設した、
フランスはアンジュー家のカルロ1世の様。

13-373_GF.jpg

像の大きさを、手前でボール蹴りして遊ぶ子供たちの姿からご想像下さいね。


       
これは入り口で、脇にあるかっての警護兵士の詰め所をどうぞ。

14-388_GF.jpg

両脇にあるのですが、どこかユーモラスと言うか・・。

門の中の方にカップルが見えますが、抱擁しているのではなく、彼女が彼に
襟巻を巻いてあげている所なのですよ。 自分で巻かんかい!

   

中庭の奥に像が見えたので、どんなのかと。 余りの風の冷たさと、迫る夕暮れに
少し心が急いて、中まで入らぬ横着さ。

15-391_GF.jpg



広場の教会にも、灯りがともり始め、

16-386_GF.jpg      

      

ガッレリーア脇を通る目抜き通りにも、夕暮れが迫り、

17-387_GF.jpg



ガッレリーア・ウンベルト1世の天辺にも、最後の夕陽が当たります。

18-370_GF.jpg



広場から見る、王宮の端の隙間からも、ナポリ湾の夕陽に染まる色が見え、

19-377_GF.jpg



色に釣られて海辺の道に。

20-383_GF.jpg



道をかなり南に辿った場所にあった像。 海に向かい、手を指しのべるローマの男。
       
21-384_GF.jpg

ほんのリとピンクに染まる空の色に満足、タクシーでホテルに戻ったのでした。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント