・ カステル・ヌオーヴォ ・ ナポリ

ブログの更新内容について考える時は、あれとこれを一緒にして、とか、
今回もお城とガッレリーアと広場とを一緒にして、最後はヴェスーヴィオ山の
夕陽に染まった姿で〆る、なんぞと軽く考えるのですが・・、

イザ拾いだすと、お城の写真だけで20枚ほどにも!
〆る、どころか溢れるばかりで・・。

すみません、こんな有様で今回はお城だけです。 ごゆっくり眺めて下さいませぇ!

1-1-138.jpg



お城周辺の地図をどうぞ。
街はここから右上(北東部)にかけ、ナポリ湾に沿って中心街が広がりますが、
       
1-2-226.jpg

サン・カルロ劇場・Teatro S.Carlo、王宮・Palazzo Reale、
ナポリ一番の広場プレビシート・Piazza Plebiscito、
そしてウンベルト1世のガッレリーア・Galleria Umberto I、が
この周辺に集まり、つまりかってのナポリの街の統治者の居住地、
行政の中心地だった訳ですね。

フェリー乗り場は、ここからカプリ行きの水中翼船が。



これはお城の手前側に3つ並ぶ右端の塔の脚元部分。
深い濠が廻っていて、美しい石組です。

2-189.jpg

草が生えているのや、濠内のゴミを除ければ素晴らしいでしょうに、
この街はそこまで手が回らない様で残念。



入り口の2つの塔に挟まれた凱旋門。

3-141.jpg

4-190.jpg

城自体は1279年から、フランスのアンジュー家のカルロ1世が建設をという事で、
カステル・ヌオーヴォ・新城、という名以外に、
アンジュー家の要塞・Maschio Angioinoとも呼ばれます。

アンジュー家の後、スペインのアラゴン家がナポリを統治しますが、
この凱旋門は、城の大改築を行ったアルフォンソ1世・Alfonso Iが
付け加えたものだそう。



では、凱旋門入り口より中に。

5-142.jpg



たまたま通りかかった母子3人、一番左の少女は背中に羽をつけ、頭に
触覚のフリフリを。 というのも、この日がカーニヴァルの最終日だったのですね。

6-187.jpg



凱旋門はこの様に2重になっていますが、内側が素晴らしいでしょう?!
凱旋門・Il Magnaninoは、1443年にアルフォンソ1世が、ナポリに
勝利の統治者としてやって来た記念だそう。

7-191.jpg



最初の入り口の浮彫部分をどうぞ。

8-209.jpg

9-208.jpg



凱旋門を通り抜けると広い中庭になっていますが、部分のみ撮っているので、
分かり易い様に、パンフレットにあった上空からの写真をどうぞ。
街側の正面に塔が3本あり、中庭の奥が広がり、周囲を建物が取り囲みます。

10-225.jpg



中庭の正面部分をどうぞ。 多分あのバラ窓の位置がパラティーナ礼拝堂・
Cappella Palatinaと思いますが、
あの部分のみに、最初のアンジュー家の建設部が残っていると。

11-193.jpg

12-194.jpg

13-195.jpg



中庭左手に大きな階段がありますが、

14-198.jpg



階段脇に2つ並ぶ窓に見える茶色がちらっと眼を引き、アップして見ると、はは、
やはり大きな猫ちゃんでした。

15-198.jpg

大変風の強い寒い日で、見える女性も日向ぼっこですが、猫ちゃんも同様にね。

積み重なった石の球、何かお分かりですよね、
はい、戦の時、バネの反動を利用して飛ばした石の弾です。

現在お城は市の博物館となっていて、毎日朝の9時から19時迄開館、
日曜休日で大人5エウロ。
上記の礼拝堂や武器庫の見学、絵画などの展示があるそうです。



凱旋門の内側にあったフレスコ画ですが、どこの広場でしょうか、

16-199.jpg



なんと、スペイン王家らしく闘牛の図でしたが、

17-204.jpg



こんな場面も。

18-205.jpg



これは中庭側にあった浮彫のある素晴らしい金属の扉ですが、
ほら、割れ目が見えますね?

19-207.jpg



反対側のには大きな穴が開き、切れ目が飛び出しているのです。
2cm近い厚さの金属板ですから、友人と驚いて触っていると、

20-192.jpg

通りがかりの若い女性が「ボンバ」と言うので、本当?と聞くと、
振り返って、シー!シー! とにっこり。
どうやら小型大砲の弾を受けたようですね。 と言うと、いつの時代かな?



門から仰ぎ見る山上、サン・マルティーノの修道院と博物館・
Certosa e Museo di San Martino.

21-206.jpg

以前のナポリのご案内で、この博物館内にある素晴らしいというか凄いというか、
ナポリ名物のプレゼーピオをご案内しています。
ナポリの歳末風景 ・ プレゼーピオ、そして下町
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462598189.html



こちらは、海岸通りから見上げるお城の後ろ姿。 すぐ下を通るので到底一枚に
収まらない大きさで、この左側に少し離れて塔があり、大変な威容!

22-360.jpg



お城の横が、真っ赤な周遊観光バスの発着場で、後ろから見たら、
まだクリスマス映画の宣伝が、ははは。

23-220.jpg      


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント