・ n.1 ナポリ街歩き、そして周遊バスの上から 

先回ナポリ空港に到着して後、国鉄駅まで行った様子をご覧頂きましたので、
今回はその続きを。

ホテルは空港からのバスが停まる国鉄駅前ガリバルディ広場・
Piazza Garibaldiの一角にありましたので、荷物を置き、
すぐに街の半日観光に繰り出しました。
       
わずか半日ですから、市内周遊観光バスに乗ろうと友人と決め、ホテルから
一番近いバス停がある筈のカプアーナ門・Porta Capuanaに向かいました。

こちらがカプアーナ門とその広場。

1-080_GF.jpg

2-081_GF.jpg



市内周遊観光バス・CitySightseeing Napoliというのは、真っ赤な車体の2階建バス、
フィレンツェやローマでも走っているあのバスですね。
       
地図をどうぞ。 右端真ん中あたりに見えるのが国鉄駅とガリバルディ広場。

3-bu_GF.jpg

つまりカプアーナ門10から乗り、1の始発終着駅のあるカステル・ヌウーヴォの
広場まで行き、お城を見て、出来たら赤い線の、街中とカポディモンテの
山の上を回るバスに乗りたかったのですね。

所がやっと見つけたバス停には、時刻表が無い!
そう、ここはフィレンツェではなくナポリなのだと改めて気が付き、次にいつ来るのか、
回って来るまでは待てませんし、

あちこち見上げ見つめ見とれながら、写真を撮りつつ、赤い線と水色の線が
重なっている道コルソ・ウンベルト・プリーモ・Corso Unberto Iに出て
お城に向かって歩きました。

真っ赤なバスがいつ来るかと振り返ったりしながら歩き、でも、途中であっさりと
追い抜かれましたけど、はは、これが楽しい街歩きになりました。

ナポリの街は大きく、繁栄の歴史を持つ街に相応しく重厚で、
見るべきものが街の通りにもたくさん!


遂にお城の広場に到着してバスを見つけ訊ねましたら、既に3時前頃で、
今からだと水色のコース、ドゥオーモや考古学博物館の前を通る、と
戻って来て後にブルーのコース、ずっと海沿いを行くコース、
実際のこのコースは地図で見える倍の長さがあります、の2つに乗れる、
という事で了解、切符22エウロを求め、喜んで2階建のバスの上に座りました。

イタリア各地の周遊バスのサイトはこちらに。
https://www.city-sightseeing.it/it/


順序が逆になりますが、まずは歩いて見て撮った写真をどうぞ。
地図の10の停留所のすぐ下に、ずっと西に一直線に抜ける道がありますね、
その道です。

4-083_GF.jpg

5-084_GF.jpg

緩い坂道がずっと続いているのが見え、多分スパッカ・ナポリ・Spacca Napoli
と呼ばれる古い下町辺りにも続く道でしょうが、
東洋女2人の観光客は、凄いねぇ!と覗くだけ。

2007年12月に一度ナポリを訪問しましたが、その時に下町を、
ガイドに連れられて歩いたのをこちらに。
ナポリの歳末風景 ・ プレゼーピオ、そして下町
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462598189.html



こんな石段が続き、中途を横切る道には必ず駐車。
とにかく車が溢れ、人もあふれ・・。

6-089_GF.jpg



大通りのコルソ・ウンベルト1世に出てくると、一層賑やか。
車が道脇に隙間なく駐車し、その向こうを車とバイクが走りまわり、

道端にはあれこれ物売りが。イヤリングは如何?

7-093_GF.jpg



ニコラ・アモーレ・Nicola Amore広場。
ぐるっとロータリーを囲む周囲の建物は、すべてこの巨人達が、
入り口脇に見張り番代わりに。

8-097_GF.jpg



このスフィンクス像のあった建物はなんでしたっけ、
覚えていませんが、素晴らしいでしょ?

9-111_GF.jpg

10-113_GF.jpg



垣間見える教会の丸屋根。
ナポリで見かけ始め、アマルフィ沿岸沿いの町でたくさん見た、タイル使いの
アラビアのイメージもある丸屋根です。

11-120_GF.jpg



船の形が半分突き出し、多分由緒があるのでしょう。 古い文字はローマ銀行
とありましたが、現在はどうやら商工会議所の建物の様子。

12-122_GF.jpg

13-123_GF.jpg



こんな素晴らしい軒下飾りの建物も。

14-129_GF.jpg



ウインドウに見つけた、迷信深いナポリ人用万年カレンダー。
魔よけの赤い角や、幸運を呼ぶ蹄鉄等など。
でも何と書いてあるのか、ナポリ訛りはさっぱり・・。

15-132_GF.jpg



素晴らしい飾りの建物ですが、良く見るとベランダのあちこちに
剥げ落ちた跡が見え、・・怖いなぁ、下を歩くのが。

16-134_GF.jpg



漸くにたどり着いたカステル・ヌオーヴォ広場。

17-138_GF.jpg 
      
紀元前5世紀にギリシャ人がナポリの町を作ったと言われますが、
その後は、ローマ、ロンゴバルド、ノルマン、フェデリコ2世と続き、
13世紀半ばにフランスのアンジュー家がこの街に。

そしてこの城を建設、アンジュー家の要塞・Maschio Angioinoとも
呼ばれますが、街は15世紀にスペインのアラゴン家の元に入り、
この城も全面的に改装されたのだそう。
       
こうして2世紀に渡るスペイン統治の後、フランスのブルボン家に渡り、
1860年のイタリア統一まで続いたという街の歴史。

イタリアであってイタリアでないというか、まぁ、イタリアという概念自体が無かった
と言いますが、次々と諸外国の下にあった街ナポリ。
つまり美味しい街でもあった訳で、諸外国の文化が混じった混沌とした味わいが
ナポリの魅力なのでしょう。

という事で、
周遊バスの切符売り場は手前右下に見える屋根下で、その前の広場に
バスの発着場があります。



城の正面入り口の美しい彫刻の施された凱旋門。
城の中は見物しなかったのですが、入り口部分だけでもなかなか興味深かく、
また改めて、お城だけでもご覧頂きますね。

18-140_GF.jpg



これはお城前で見つけて嬉しくなった物。 お天気が良く現代抽象みたいな
重複画になりましたが、
盗難防止のハンドルカバー、見えますか?

19-211_GF.jpg



てな事で前置きが長くなりましたが、
それではバスの2階席から見下ろして街を行きますが、まず先ほど歩いて来た
コルソ・ウンベルト1世を戻り・・、

20-149_GF.jpg

バスに座り運転手任せで、何も考えませんでしたが、こうして写真を見ると
怖い走り方、というか道ですねぇ!
全体で6車線位ある一番端が駐車の列で、左2車線を逆行きの車が走り、
我らはそのすぐ横を逆方向に!



ここはちょっとした隙間に車が突っ込んで駐車していて、バスはここをすり抜け、
直進する訳ですがぁ・・、

21-153_GF.jpg

ほんのちょっぴり、ちょっぴりずつ進んで、通り抜けましたよ! 素晴らしい!!

右のシニョーレが、私が笑いながら写しているのを見て、
彼も笑いながら車を指さし、次に、アホやで、と頭を指し、あはは。



3月8日女性の日でしたので、ミモザの花を現わすつもりか
店の前にたくさんの黄色い風船が付けられたピッツア屋さん。
はぁい、お持ち帰りも見えますねぇ。

22-154_GF.jpg



ナポリのドゥオーモ・Duomo、水色コース3の停留所。
以前に訪問した時には、素晴らしい内部も拝見。

23-156_GF.jpg

24-158_GF.jpg

年に2度、この街の守護聖人ジェンナーロ・Gennaroの血液が液体化する
奇跡でも良く知られたドゥオーモです。
       


この方はバスのガイドさん。2階席に上がって来て写真を写しているのを横から。
モデルになってる事が分かると、この笑顔。

25-146_GF.jpg

良いお天気ではあったのですが大変に寒い日で、おまけに風が強く、
2階席はかなりの揺れもあったのですが、でも頑張ったのでした、
はい、アホのなんとかで、はは。
       
彼女のこの笑顔を最後に、次回に致します、お楽しみに!


◆*◆

ブログご訪問、有難うございます!
昨夜息子夫婦が山の家の点検からの戻りに我が家により、TVニュースで見た
日本の地震や津波の話題になりました。

彼らにとっての大きな感心事は、日本人の礼儀と忍耐と、でした。
あの辛い大変な時でも、放射線検査にも皆がじっと騒ぎもせず、礼儀正しく
列を作って並んでいる事など、自分の国と人々との大きな差を感じた様子。

一番大変な時に、一番の本心、肝心な事が現れるのですよね。
それが彼らにも分かった、というのが私にもとても嬉しかったです。

まだまだ大変な困難の中にお出でなのでしょうが、
どうぞ、心を強く頑張って下さい!! と願います。

日本のニュースを見つつ、自分のブログをどうするか、いささか躊躇する部分も
ありましたが、 今迄通り続けさせて頂こう、と決めました。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


この記事へのコメント